スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もろびとこぞりて 恵利原歌乃ルート 感想

もろびとこぞりての恵利原歌乃ルートと
全ルート攻略した感想をまとめてな感じで

既出の内容以外には基本的には触れませんが
微妙に触れてしまっている可能性は否定できないので注意



個人的にはこの歌乃ルートが一番好みでしたね
ストーリー自体の内容なんかが


越えなけらばならない壁というのは
高ければ高いほどストーリーには
やはり厚みは増してくるわけで

そういう意味では他のルートに比べ
盛り上がったルートという印象です

冷静に考えれば
読めた展開・・・だったのかもしれませんが
個人的には少々斜め上のところから出てきた感じだったので
意表を突かれたという意味でも
中々に楽しめたかなぁ と


最終ヒロインでありながら
主人公と音楽のチームを組んでいないということもあり
他ルートではかなり登場回数の少ない存在となっていましたが
流石に個別ルートとなってくると
それはもう他ルートからは見えなかった裏の展開が沢山

逆に歌乃自体チームを組んでいないことから
そのチームとの関わり合い というのは
希薄になっていたかなぁ という感じです

特にチームからもずれた存在である
四季に関しては登場した記憶が無い・・・ ほどですw
いや 歌乃ルートはプレイに結構時間をかけたので
記憶がどこかいっているからかもしれませんがw


ヒロインの可愛さなんかは
個人的にはやっぱり歌乃が一番ですねw
エロシーンのCGなんかも一番エロい
可愛いw

ただまぁ・・・
一部性格に関して
個人的にはあまり好みでは無いところが出ていた気はしますw


ルート全体の満足度としては
他ルートより少し満足度が高い と言ったくらいでしょうか

やはり個人的には主人公とそのルートのヒロインだけでなく
その周囲の仲間たちを巻き込んでのストーリー というものが好きなので
そういうのが無かったのが
ちょっと残念かなぁ



↓以下もろびとこぞりて全体としての感想


どのルートの感想でも書きましたが
とにかく主人公と攻略ヒロインの2人だけで
ストーリーが進んでいく展開が多め

越えるべき壁が現れても
基本的には自分で解決 というパターンが多く
仲間の力を借りて頑張ろう!! 的な展開はなし

周囲の大人がカッコいい人ばかりなので
いい言葉を言ってくれたりして
主人公をサポートはしてくれているのですが
共に問題を解決したか? と言われると
結局主人公と攻略ヒロインが1人或いは2人で解決する感じ


音楽面の主人公のスランプに関しても
なんだかんだストーリーが進んでいくうちに
復調していってしまう
そしてどのルートでも同じような復調の展開

そういったことから
そこまでストーリーが盛り上がることはなかった気がします


女の子に関してはどの女の子も可愛くて
エロシーンも3回ずつと充実
ただ個別CGが少なめなのが残念なところ
もう1枚ずつくらい欲しかったかなぁ


学園物と音楽物が合わさった結果
どっちつかずの中途半端な感じになってしまった感じはあります

学園物・・・としては
学園の行事なんかも主人公の見せ場になっているわけではないですし
音楽物のイベントに関しては
音楽という文字では表現できない関係上
ちょっと物足りなさが

どこかのルートでも書きましたが
題材としているのがロックではなくクラシックなので
そういったことからも盛り上がるような曲では無いですからね

逆に言うとロックな部分に関しては
かなりこのゲームにおいても盛り上がっていた気がします


全体的な個人的な評価としては
10点満点で普通を5とすると
6くらいでしょうか

つまらないわけじゃないんだけれども
ものすごく面白いというわけでもない
もっと面白く出来た気はしなくもないかな? という感じです


それぞれのキャラクターの掛け合いなどは
とても楽しめましたし
そしてどの人もとても魅力的(ヒロインに限らず)

その魅力を引き出し切れてはいなかった気はしますが
なかなかよかったのではないかなぁ と思います
スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

もろびとこぞりて 鵜瀬麻由子ルート 感想

もろびとこぞりて鵜瀬麻由子ルート感想を
一応ネタバレ注意



流石幼馴染系ヒロインということで
紫と四季のルートではほとんどかかわってこなかった歌乃が
ストーリーにかなり関わってきましたね

と言っても
あまり内容の深い部分までには関わってこない感じでしょうか
ちょっと残念・・・


ストーリーの感想をざっくり言うと
中々良いルートだったんじゃないかなぁ と思います

紫、四季と比べると
内容の充実度や内容そのものに関しても
いい感じになっていたんじゃないかなぁ と


幼馴染や姉、妹のヒロインというのは
主人公との積み重ねてきた過去があることもあって
やはり話の展開も盛り上がりますよね

今、未来の話だけでなく
二人の過去も関わってきますから

あとやはり今までずっと近い場所で過ごしてきたという状況
それがプラスでもありマイナスでもある
幼馴染だからと言ってすべてがプラスであるわけではないんですよね

中々盛り上がりはあったかなぁ と思うルートでした


先にやった二人のルートに比べ
僅かではありますが
音楽が関わってくるゲームっぽいかな? という印象のある場面もあったり

といってもその音楽という一面に限れば
やはり物足りない感はあるのですが


このルートをやって思ったのは
やっぱり男は女の子には勝てない ってことですね

どのエロゲをプレイしてても
大体一人はこう感じさせられるヒロインがいるわけですが
このゲームにおいては麻由子がそれですね

女の子って本当に強いですよね
強がってるだけかもしれませんが
強がれる事がすでに強い

弱さだって持っていても
それを強さにして必死になって頑張る

まぁ?
俺は?
男ですし?
そもそも?
モテませんけど?w
なかなか男は男らしくなるっていうのは
難しいことだなぁ と思うのでした

むしろ女の子の方が男っぽいと思うんですよね
精神的な意味で
決断力があって揺るがないというかw


あとはそうですね・・・
鈴田美夜子さん演じるヒロインって
ヤンデレの素養がある娘が多いですよね?w
という印象w

個人的にソフトヤンデレと呼んでいますが
ヤンデレとまでは行かなくとも
なんというか先が見えなくなりやすいような
そんな感じでしょうかね
そういう印象ですw


いよいよ次は最終ヒロインの歌乃ルート
楽しみですw

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

もろびとこぞりて 滝沢四季ルート 感想

もろびとこぞりて滝沢四季ルートの感想を
一応ネタバレ注意ということで



個人的にエンディングとしては
紫ルートよりもこっちの方が好きめな感じではあるでしょうか

内容としては
紫ルートと同等くらいの満足度 と言ったところ


四季は黒髪ロングではありますが
あまりにおっとりとしたその性格上
ちょっと自分の好みからは外れているんですよね

天然キャラの中でも活発なタイプとそうでないタイプがいますが
四季という女の子は後者

ただ天然なタイプと言っても
知らず知らずのうちに他人を不幸に巻き込んでいくようなタイプではなく
基本的に自爆
或いは近しい人の中での笑い話程度の物なので
悪い印象は皆無な感じですね


感想というと・・・
やはり「無難に」面白い
という感想に落ち着いてしまう感じでしょうか

紫ルート同様に
盛り上がりにちょっと欠けるんですよね

響也にしろ四季にしろ越えるべき壁があり
それを乗り越えていくストーリー
それは精神的なものであり
ストーリーの中に生きる主人公とヒロインにとっては
とても大変な問題であり
その壁が高いこともわかるのですが
外からストーリーを眺める傍観者の立場としては
やはり盛り上がりには欠けるかなぁ と

音楽物と学園物のエロゲの中間を
いいとこどりしたわけでもなく
悪いとこどりしたわけでもなく
微妙な位置でさまよっている感じ
そんな印象があります


あと紫ルートもそうでしたが
最終ヒロインの歌乃があまり関わってこないのも
ちょっとさびしいですね

あくまで最終ヒロインという位置づけは
公式サイトの一番上か
或いは一番左に名前が出ているヒロインか というだけなのではありますが
大抵その最終ヒロインはどのルートにおいてもストーリーに大いにかかわってきて
主人公に多大な影響を与えていくわけで
そういったものがないのがちょっとさびしいかなぁ と

ある意味このストーリーにおける物足りなさというのは
そういったライバル、或いは悪友的な立場のヒロインがいない
ということなのかもしれない

勿論紫が響也のライバルであり
ストーリーにも沢山出てきますし
色々と勝負なんかも吹っ掛けてくるのですが
なんというかそういったものよりも
本当にピンチになった時に助けてくれるとても頼りになる存在・・・
そういったものが欲しいかなぁ とか

まぁこれは自分が学園物に求めている
ただの押し付けではあるのかもしれませんがw


エピローグなんかはとても綺麗に終わっていて
個人的にはかなり好きなエンディングでしたね

あとやはり関わってくる大人が本当にカッコいい
このルートにおいては主に美鈴さんなわけですが
本当になんというか憧れるような大人ですよねw


そんな感じで次は麻由子
そしてその次は歌乃
と言った感じでやっていきたいと思います

このゲーム個別ルートに入る難易度が
何故か高くて
多分一つでも選択肢ミスると
一瞬にしてBAD ENDを迎えるようなので
注意して選択肢は選びたいと思いますw

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

もろびとこぞりて 渾神紫ルート 感想

特に深い内容について触れるつもりはありませんが
一応ネタバレ注意



とりあえずこの記事を書く上で一番思ったことは
「渾神紫」の「渾」という字・・・
変換で出てこない!!!!

これはかなりの悩みどころでしたね・・・:;


主人公の響也に突っかかってくる
そして響也が嫉妬するほどのヴァイオリンの才能を持った後輩
そういった位置付け

後輩キャラと言っても
貧乳なだけでロリ要員というわけでもない感じ

ツンデレかツンデレじゃないかで訊かれたら
ツンデレ

YES!! ツンデレ!!


ルート全体の感想としては
簡単にいえば
無難に面白い と言ったところ

特別ものすごく面白い というわけではない
かといってつまらない側にはないのだが


シナリオライターのサイトウさんが好きということもあり
このゲームを買ったわけですが
やはりシナリオの文章はかなりサイトウさんらしい展開になっていて
ノリのいい主人公とノリのいい親友、ノリのいいヒロイン

会うたびにストーリーに直接は関係のない話に脱線しながら
ある意味一般会話?的なものが非常に多いので
そういうのがめんどくさいと思う人だと
やはりつまらないと思うシナリオな気はする

自分はそういう小ネタが非常に好きなので
やはりサイトウさんのシナリオはあってるんだなぁ と思うわけですが


あとはサブキャラクターが非常にカッコいいんですよね
主人公周りのヒロイン、親友、或いはサポートキャラではなく
ちょっと離れた場所にいる大人たち
具体的にはこのゲームの学園長や大将ですね

サイトウさんのシナリオって
本当にこのサブキャラクターが言うセリフや
その想いがカッコいいことが多くて

男として憧れるような男
そんな感じの人なんですよね
とても魅力的な人たちです


紫ルートというシナリオの盛り上がりは
少し欠けていた気がします

山場がない
そういった印象

当然エロゲのヒロインですから
なんらかの事情があり
そしてそれを乗り越えて主人公と結ばれていく・・・
そういった展開はあるわけですが
紫のルートに関しては
その手の盛り上がりに関しては
少々欠けていたかなぁ と

響也の紫と向き合う上での葛藤と
そしてもう一つこのルートにおける山場がありますが
そこまで盛り上がるわけでもなかった気がします

そこは残念かなぁ・・・と


エロシーンは3回
こちらに関しては一般的と言えば一般的なエロシーンなので
特にコメントをすることはないですが
一つあるとすれば
エロシーンも含め個別のイベントCGが
もうちょっと欲しかったかなぁ という印象

他のルートはわかりませんが
全体的にイベントCGは少なめな印象です


それとここを突っ込んでいいのかどうか
ちょっとわからないですが
敢えて突っ込ませていただくと
やはり「音楽」をテーマにした題材である
というのがかなり重荷になっている気がしました

少なくともこの紫ルートにおいては
「音楽」をテーマにしたことによる良さが
あまりなかったような気がする

他社ゲームと比べるのはちょっと申し訳ないですが
オバイブのゲームなんかクラシックとロックでジャンルは違えど
音楽という意味ではものすごく力を入れてますよね

それ用に沢山音を取って
そしてシナリオ全体が音楽を中心に作りだされる

もろびとこぞりては
音楽がテーマの作品というよりも
音楽の学校での出会いによる恋愛劇 と言った感じかな
という感じです

なので「音楽!!」というものではないですね

響也や紫がコンサートで演奏する描写がありますが
そこで流れるのはあくまで「BGM」というレベルの音楽でしかないので
物足りないかなぁ と思います


ちょっと悪いことばかりになってしまいました
中々良い面は気付きにくいというか
悪い面はどのゲームをやっても沢山言えるんですけどね・・・

いい面の説明って難しいんですが
少なくともプレイした後に「つまらなかった」という感想は
自分の中に持ち合わせていなかった ということから推察してもらいたいです

簡単にいえば「なかなか楽しかった」
「なかなか」という言葉があることからも推察していただけるとありがたい

あくまで最終ヒロインのルートでは無いので
最高の面白さ という意味ではここにそれはこないと思うので
今後やっていくヒロイン達のルートも含めて感想を書きつつ
最終的にどのような感想を持つのか
気にしていただけるとありがたいです

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

もろびとこぞりて 共通ルート

とりあえず共通ルートを通った感想
・・・的なものを

あとはプレイしてみて発見した問題とかを
ネタバレはそんなするつもりはないですが
話については触れるのでその点は注意



共通ルートに関しては
どこからが切れ目なのかはいまいちハッキリしませんが
選択肢をテキトーに選んでいると
体験版でプレイできる個所が終わったあたりで
問答無用でBAD END(と言ってもBADというほど内容も何もないが・・・)するので注意

まぁあれですな
美少女がこんなにも沢山いると
あっちこっちに目が行ってしまうわけですねw


話自体は
公式サイトや体験版からもわかるとおりの内容で
響也の心の中の問題を解決するための
そして個別ルートに進むための道しるべが示されている という感じ

音楽の中でもクラシックを題材としていることもあり
テンションの高い暴走的な展開はなし

比較的穏やかな感じで
そして響也を中心とした会話の中で
さまざまな小ネタを織り込みつつ進んでいく


文量としては
体験版で思っていたほどの量はないかなぁ と
共通ルートの半分以上が
恐らく体験版の範囲内に入っているので

体験版後は日付の移り変わりも結構速くなりますし
様々なエロゲでよくある
わかりやすい事件的なものも特にないので
盛り上がり という意味では少し欠けたような状態で
話は着実に進みつつ
そして個別ルートに入っていく感じになってます


現在紫ルートを攻略中
そこまでの時点でのバグに関しては

誤字が1か所
ストーリーの展開矛盾が1か所
歌乃が何故か画面上に二人出現するバグが一か所

それくらいのものを確認

歌乃が二人出てきたときには
流石にビックリしたんだぜ・・・:;

バグなんてどのゲームでもありますし
まぁある意味誤字とか画面上のバグは小さなものって言えば小さなものですが
ストーリー矛盾はちょっと頑張ってほしかったかなぁ・・・と

まぁ多分選んだ選択肢によっては
そのような矛盾は生じることはないんでしょうけども
そこは少し残念です


まだ「凄い楽しめている!」というほどの盛り上がりを見てはいないので
これから盛り上がるであろう紫ルート
及びその他のヒロインのルート
プレイしてよかったと思える素晴らしいエンディングを期待したいですね

まぁ・・・なんですかね・・・
言い方は悪いですけど・・・

ユースティアとか大帝国も買いたい中
お金の関係ですぐに買えるのは一本だけ!
さぁどうする!!
と言ったときに
世間の前評判なんかすべて無視してもろびとこぞりてを購入しましたからねw
期待は大きいわけですw


ゲームをプレイした後
いいゲームだったと言えるといいなぁ

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

孟起

Author:孟起
ポケモンとは初代からの付き合いです
Wiiを購入したので「@もうき」「@feng」でランダムバトル潜っています
Webラジオには「ぴろりん」で投稿しています
交流してくださる方がいましたらどうぞよろしくお願いします
何かわからないことがあればカテゴリの「はじめに・ブログの説明」をどうぞ

【Skype】
ID:moukisky

【ニコニコミュニティ】世界を護るために
co349825

【友達コード】
ポケモン バトレボ:3567-3422-5203
ポケモン ハートゴールド:3223-4836-9249
ポケモン プラチナ:5112-9054-1063

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
Twitter
カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。