スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hyper→Highspeed→Genius 明智光理(メフィスト)ルート 感想

HHGの葉月学園編の感想と
HHG自体をプレイした感想を

一応前半部分はネタバレ無しの方向で
後半の追記部分では
ネタバレを存分に
このゲームの感想を



とりあえず
わかりやすい形で
このゲームの感想を

非常に面白かった

正直言って
本当に面白い
最近やったサイトウワールドのゲームでは
「もろびとこぞりて」があるけども
まぁ比較する形にはなってしまうけれども
あちらでは表現しきれていなかった
まさにこれこそ!! っていう
自分の大好きな世界があった感じです

これこれ!!
これを楽しみにしてたのよ!!


光理ルートの感想も書きたいけども
こっちはネタバレ無しでは本当に厳しいので
いや 前までのヒロインも
ネタバレしないで頑張ったら
本当に何の内容もなくなったどうでもいい文章だったので
いや 内容があってもどうでもいいのだけども
そもそも内容なんて無いけども
とりあえずネタバレする方向で感想を書きたいので追記の方で


サイトウワールドの主人公らしい
本当にまっすぐで
そして進む中でどんどん成長していく主人公
久司朗という存在が
理想の主人公・・・というか
まさになれたらカッコいいだろうなぁ という
自分の理想に
また加わりました

理想の主人公ばかり増えて
自分はその主人公みたいになろうと努力はしないし
なれるとも思っていないので
本当にただの理想でしかないのですが
こうなれたらカッコいいなぁ っていう
エセイケメンと言えないほどのイケメンですw


ヒロインもとても魅力的で
主人公だけでなく
ヒロイン達も共に成長していくんですよね

久司朗のおかげで彼女たちは変わり
そして彼女たちのおかげで久司朗も変わる

理想 ともいえる
お互い必要とされ
そしてどちらかが欠けても成り立たないような
そういう関係

お互いがお互いを盛りたてて
そして成長していけるって
カッコいいじゃないですかw


理想の世界だと思うんですよ
正直言って現実の世界ではどうなのよ? っていう世界です
多分久司朗と同じかそれ以上に
さまざまなことで
我々は世界に絶望していると思う

そういう意味では
我々日本人という人種においては
縁が遠いし
本当にみみっちいことに絶望している とは思うけども
まぁ本当に世界を諦めていると思う

そして諦めた世界で
諦めて生きている

だからこそ
そんな絶望した世界の中で
光を見つけて
そして立ち向かっていく
諦めない主人公の久司朗は
本当にカッコよくて
憧れで

いやー
もうホントこういう風になりたいと思いますよね
無理だなぁww


個人的に
そういう意味のカッコいい主人公として
特に良く描かれているルートということで
姫乃ルートはオススメですね

目からハイドロポンプしたのは光理ルートでしたが
久司朗の成長 とか
ヒロインの成長 という意味で
成長が目にわかるように描かれ
そして本人たちにもわかりやすい成長なので
おぉ・・・
報われるものなんだな! って感じで
姫乃ルートは好きですね

まぁ泣きゲー好きの自分としては
やはり光理ルートが最高 というのは
ありますけどもw



というわけで
続きを追記の方で書くか

ここからはネタバレなんで注意
特に記事URLに飛んでる人は
「追記」と表示されずに
そのまま文章が表示されてるので
注意してくださいね


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

Hyper→Highspeed→Genius パトリシア・ランカスタールート(水無月) 感想

前の記事からちょっと時間が空きましたが
パティルートの感想を
ネタバレはしないので
内容は皆無w



なぜだかはわからないが
パティルートだけ最後まで行かなかったんだよなぁ・・・

いや バッドエンドとかではないんだけど
何故か途中でタイトルに戻ってしまったというかw

どこかで選択肢押し間違えたのか
いや まぁそんなことはないと思うのだが・・・
いや でも間違えたのかな?

それか途中でアップデートをしたので
その影響なの・・・かな?

いや 多分選択肢がどこか間違っていたんだと思うw


まぁその何故かはじめは見られなかった
エピローグ的なシーンについて
サブヒロインのルートの中では
一番そこに辿り着いた過程が気になるルートだったかもしれない

勿論そうなるということは
わかるのだけれども
そこに至るまでに久司朗達がどのような策をめぐらせ
どう戦ったのかが
非常に気になる感じ

もしかしたらそこをテキスト化しなかったからこそ
いい感じに終われたのかもしれないけれども
気になることに変わりはなく・・・

想像で補完することは
いくらでもできるけれど
やっぱオリジナルではどうだったのか と
他ルートでは無いとてもいい感じの雰囲気だっただけに
そこは残念・・・というわけではないですが
気になる要素が残りましたねw


次はラストの光理(メフィスト)ルート
次は最後というのと
もう発売から随分経ちましたし
ネタバレ盛りだくさんでまとめも一緒にやってしまおうかと

どんな物語が待っているのやら

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

Hyper→Highspeed→Genius アイリス=ウィンザールート(聖ジュライ) 感想

一番サブヒロインっぽいルートだった気がしますね
まだパティは攻略していませんが・・・

他のサブヒロインのルートが
若干メインヒロインっぽくなっているのに対し
アイリスはサブであるというのがまさに って感じで
ルート的な盛り上がりはなかったですね

勿論 サブヒロインのルートがあるというだけでも僥倖ですし
物足りないと言えば足りないですが
サブヒロインとしてみればこれで十分だと思うのですが

あとはサクラルートにおけるアイリスが
あまりにもアイリスルートっていたので(笑)
それと比べると というのはあるかもしれないですねw


サイトウさんの描くシナリオに登場するヒロインの中には
大体毒舌系の娘がいますが
今回の場合まさにアイリスがそれですね

エセイケメンってなんだよw って感じではありますが
こういうタイプのキャラなしには
サイトウワールドは物足りなくてw

つまりこの作品は物足りるわけですがw


アイリスはツンデレの究極の形ですよね

ツンデレも一種のギャップ萌えなわけですが
基本的には7:3、6:4などのツンデレが
世間的には受けるわけです
勿論もっと上の方も沢山いるわけではありますが

まぁ9:1とまでは行かずとも
8:2くらいのツンデレですよね アイリスは
そういう意味では究極ではないのか・・・
いや でも9:1とか10:0って
もうギャップ感じる以前にデレがほぼ無いと思うのだがw
てか10:0ってなんだ

デレの落差や
その頻度の差が大きいほど
やはりツンデレというものはデレた時の威力が強力になるわけですが
アイリスは落差が大きいほうかもしれませんね

8:2という頻度は
なんかもうそれ以上のツンデレに比べると
申し訳ないくらいソフトツンデレですしw
それに落ちてからはもうあまあまですからねw
いや それでもツンデレなんですがw


ある意味姉のサクラよりも
微笑ましいというか
体が小さいということもあるかもしれませんが
デレた時のそれというのは
絶大なものがありますよね


ロリ貧乳属性も持ち合わせていますが
脱ぐと意外と大きいのは
まぁエロゲだからか

それでも控えめなのは確かですけどねw

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

Hyper→Highspeed→Genius 葉月翠名ルート(皐月) 感想

Hyper→Highspeed→Geniusの葉月翠名編の感想を
まぁネタバレしない程度に



光理という立ち位置的な例外を除いたメインヒロイン3人の内
やはり久司朗の嫁的な
いわば最終ヒロイン的なのはやはりこの少女であったような気がします

次いで姫乃
サクラはぽくはないかなぁ と言った感じ


公式のプロフィールにも書いてある通り
簡単にいえば未来が見えるという能力を持っていて
だからこそ久司朗の野望にも気付いている

翠名以外のヒロインも
喰えないような人ばかりなので
まぁこの設定が翠名だけのものか と訊かれると
疑問符は付いてしまいますが
未来がわかるということは間接的に
すべてのことがわかる ってことにもつながってるみたいですからね

そりゃ未来で何が起こるかが分かれば
その状況から守護者の能力とかもわかるだろうし

能力的には
他のヒロインと比べても
一人別格な気がします

サクラなんかも別格ではあるんでしょうが
まぁ完全にジャンルが違いますからねw


ルート内の盛り上がりは微妙かもしれない
というのも
翠名が当たり前の日常を望んでいるから

他の候補者とその補佐に比べて
争いを好まず(他候補も好んではいないかもしれないが)
そういうことに首を突っ込んだりしないので
バトル的な盛り上がりに欠けていたのが残念

そういう意味で
他ルートに比べて若干面白味にかけるかな?
とは思いました


ただ主人公に一番迫ったヒロインというか
まぁ姫乃とかサクラとは違った接触の仕方をしているので
もともと知り合いであるという設定というのもありますが
そういうところがかなりの見どころだと思います

体験版の範囲内のことなので言ってしまうと
他の2つの勢力と違い
もともと知り合いですから
選挙参謀になるために認めてもらう・・・みたいな
そういう状況は発生しないですからね

その分認めてもらうための久司朗の行動などの
見どころは削れてしまっていますが
また別の面での楽しみがあるのは良かったと思います


でもまぁ3人のヒロインの中では
一番オススメなのは姫乃かな?

彼女のルートが一番ストーリー的に盛り上がっていた気がしますし
姫乃の立ち位置なんかも好みというか
久司朗ともいい感じだったのでw

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

Hyper→Highspeed→Genius 刀条院京香ルート(水無月) 感想

やはりサイトウさんシナリオのゲームって
大人の特に男の人がカッコいいですよねw

サブキャラクター中のサブキャラクターで
モブキャラでないってだけであり
まぁそれに近い存在ではあるわけですが
誰もが憧れるカッコいい大人の見本というか

勿論ヒロイン達にも素晴らしい娘達はいるし
主人公の補佐的立ち位置にいたりする
同学年かそれに近いような男のサブキャラとかも
いいキャラしてたりはするんですが
やっぱりこのゲームに置いて誰が一番カッコイイか と訊かれたら
間違いなく西九条先生ですねw
いや 激渋ヴォイスというのもあるとは思うのだがw

現実世界にこんな先生がいたら
でも先生の考えてることが多分理解できずに
好きになれることなく終わっちゃいそうだなぁ とか思ったり

第三者的視点で見れば
またテキストによる解説とか
このゲームおいては久司朗の言葉によってとか
そういうのによって西九条先生という人はとてもカッコいい存在として
最早憧れにも等しいようなカッコよさを持っているわけですが
まぁ身近にいたとして
真面目な先生 ってだけで煙たく思ってしまい
その人の表からは見えづらい素晴らしさとか
見えていてもまぁそういうことに関しては
中々理解できないのだろうなぁ・・・ と


京香ルートの感想を書いているのに
なぜ先生の話をしているのかというと
まぁネタバレ無しにすると
書くことが無くなる というわけで

京香の設定に関しても
このゲームの概要がHPで発表されてから
誰かはこういう設定の人いるだろうなぁ~ と
予想はしていたものでした

勿論予想はしつつも
その設定があったとすればどのようにストーリーは展開するのだろうか? と
期待もしていたわけですがw


やっぱり残念なことをあげるとすれば
京香がサブヒロイン ってことですかね

京香に限らず
サブヒロインはサブヒロイン っていうのが
残念なところ

勿論メインヒロイン同様の文量を
サブヒロインに与えてしまったら
まぁそれはもう膨大な量になってしまうわけですが

これはあれだ
ただの我儘ですけどねw

設定とか内容とかが
しっかりしすぎているので
サブヒロインというよりもヒロイン的な存在となってきた
サブヒロインとしてのルートであれば
大満足なんですが
ヒロインとしてのルートとすれば
やっぱり物足りないんですよね

ヒロインと同じくらいの文量であれば
多分もっと盛り上げられる内容だったと思うし
あまり触れられていない設定とかもあったので
そういうの深く突っ込んでほしかったなぁ と

それが全サブヒロインに言えるんだから(まだ攻略していない娘もいますが)
たちが悪いですねw(いい意味で)

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

孟起

Author:孟起
ポケモンとは初代からの付き合いです
Wiiを購入したので「@もうき」「@feng」でランダムバトル潜っています
Webラジオには「ぴろりん」で投稿しています
交流してくださる方がいましたらどうぞよろしくお願いします
何かわからないことがあればカテゴリの「はじめに・ブログの説明」をどうぞ

【Skype】
ID:moukisky

【ニコニコミュニティ】世界を護るために
co349825

【友達コード】
ポケモン バトレボ:3567-3422-5203
ポケモン ハートゴールド:3223-4836-9249
ポケモン プラチナ:5112-9054-1063

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。