スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ましろ色シンフォニー 第12話(最終回)感想

アニメ「ましろ色シンフォニー」第12話最終回の感想を
ネタバレ注意



今期面白いアニメが非常に多いと個人的には思うのですが(まぁ毎期言ってますけどもw)
自分個人の感想としては
最も感動出来たアニメは
この「ましろ色シンフォニー」だと思う

ただまぁかなり自分で補正をかけている部分もあるので
かなり贔屓気味に見ている ということは
ご容赦願いたい


最終回では
原作の愛理ルートにおける学園統合署名や
桜乃ルートにおける桜乃の結女制服
そして自分はプレイしたこと無いですが
コンシューマ版におけるヒロインの結月の登場と
盛り沢山の内容でしたね

とはいえこの追加要素は
あくまで追加であり
あまり触れられてはいなかったのですがw

やはりメインとなったのは
ぱんにゃを自然に帰すこと
ですよね


ぶっちゃけて言おうw
自分は原作のこのルートを10回以上プレイしたw
他のルートは桜乃は2回プレイしたのを除くと
1回しかプレイしていないにもかかわらず だ
それほどまでに大好きなルートなわけですw

そしてその最大の感動は
やっぱりぱんにゃを自然へ帰すところと
そしてその後にあるわけで

まぁそうですね・・・
個人的には原作の方が
やっぱりアニメと違って尺の制限が無いこともあり
エンディングとしてはお気に入りですかね・・・

ただアニメ版もかなり良いエンディングで
ぱんにゃを帰すことになるみう先輩の心情や
そして帰される側のぱんにゃの心情も
とてもよく表現されていたと思う

ぱんにゃに関しては
表情のあるアニメになると
特にわかりやすいですし
いい表情してましたよね・・・


原作では
ぱんにゃ視点でのエンディングがあるわけですが
それが無かったのが少し残念・・・かな?

とはいえ最後にぱんにゃと再会したであろうことを彷彿されるシーンがありましたし
そこは脳内補完・・・
その後のぱんにゃとみう先輩のことを考えると・・・
くっ・・・
目からハイドロポンプが・・・;;


先の展開がわかった状態でのアニメ視聴だったこともあり
12話は割と冒頭の方から涙腺崩壊状態でしたね・・・
ホントこのルートをアニメにして大正解だよ・・・


そんな感じで
大満足の最終回となったのでしたw


全体の感想としては
これもやっぱり大満足ではあるのですが
ギャルゲー原作の作品の大半の問題として
攻略ヒロイン以外との関係が希薄になる というのが大きくて
みう先輩ルートに関しては
みう先輩と紗凪以外のヒロインとの関係が
あまり表現されていなかったのがちょっと残念ですね

でもうん
本当によかったです


エンドカードは原作の和泉つばすさんによる
みう先輩とぱんにゃ・・・

締めくくりとしてはもう最高でした!!!!
スポンサーサイト

テーマ : ましろ色シンフォニー
ジャンル : アニメ・コミック

ましろ色シンフォニー 第7話感想

ましろ色シンフォニー第7話の感想を

原作を知った上でアニメを見て
その上で今後の展開の予想をしたりして
割と確信に近い部分をついているので
その辺りのことについて特に注意



第7話とそして次回予告の出た第8話
この二つを見る限り
ルートは確定した と思っていいと思います

当初自分が「このルートが一番アニメ向きだろうなぁ~」と言ったルート
みう先輩ルート
このルートでもうほぼ間違いないと思います

勿論紗凪ルートをプレイしたことが無いことと
そしてアニメに置いて今まで沢山の人達のフラグを踏んできたことを考慮すると
絶対とは言えませんが・・・


ただ割と根拠はありましてw

アンジェはもう無いと思う
紗凪と新吾が付き合っているという噂を流した張本人ですし
それを応援すると言った
教えてくれなかったなんて水臭いとまで言った

つまりアンジェに準ずる形ではありましたが桜乃も同様に無いと思う

紗凪に関しては
これはもう紗凪ルートを攻略していないので
何とも言えませんが
それでも次回予告が猫のストーリーであるならば
もう無いと思う
そして今回ブランコが出てきた ということからも

最終ヒロインの愛理は
今まであまりフラグを立てていませんし
これから愛理の為のエピソードが起こる可能性も否定できませんが
自分がゲームをプレイした上で
そしてここまでのアニメで感じ取った愛理の性格からすると
愛理ルートが一番あり得ないと思う

勿論感じ取り方が間違っているという可能性もあるし
間違っていなかったとしても
似てるようで違う世界のアニメの話ですから
絶対とは言い切れませんが
個人的に愛理ルートにだけはなってほしくない

愛理は誰かが新吾に恋をしている(今回の場合は紗凪)可能性があるのを感じ取ったならば
絶対それを横取りするような娘じゃない

いや ちょっと違うか
横取り以前に
愛理はもう新吾に恋することはない
そう思う

新吾に恋愛感情を抱く前に
愛理は紗凪を応援する立場に回る
そしてありがちな「同じ人を好きになっちゃった えへ☆」的なことも
愛理に限っては絶対にあり得ない

というのが自分の考えです


みう先輩ルートとなるならば・・・
原作でも一番好きなルートですし
あの感動がぬるぬる動くアニメで味わえるのか・・・ と
今から期待で胸が高まります

でもその前に
紗凪との決着がありますよね
これもみう先輩ルートに置いては
特に重要で見逃せない場面ですし
楽しみ って言い方をすると
ましろ色シンフォニーの世界で生きる紗凪達に悪いけれども
でも楽しみにしていたいと思います

テーマ : ましろ色シンフォニー
ジャンル : アニメ・コミック

ましろ色シンフォニー 第3話感想

ましろ第3話の感想を
ネタバレ注意



ましろ色シンフォニーも
もう3話放送されましたね

放送内容はほぼ原作通りの感じ
勿論大幅なカットはありますし
或いは若干の相違点なんかもあったりはしますが
物語に影響のない部分での差
完全に同じ道を進んでいますね


今回の3話で
クメマート内でのフラグ立てイベントがありましたよね

桜乃、アンジェ、みう先輩の3人の
誰と一緒にスーパーの中を回るか・・・

原作であれば当然その中の誰かを選び
それがその後のヒロイン選択に大きな影響を与えるわけです

だからこそこのイベントが来た時
「お フラグを立てちゃうのか!!」と
ドキドキしたわけですが・・・

見事にしてやられちゃいましたねw
誰のフラグを立てたかは
アニメ内では放送されない・・・ とw

想像で補完・・・というよりも
今後の展開で判明しますよ! ってことなのか

或いは愛理、紗凪に関しては特殊なことを考えると
その二人である可能性も・・・

結局この3話では
誰ルートに進むのか
なにも判明しなかったわけですw


原作をプレイした一人の人間としての意見を言えば
かなり納得の出来ですよね このアニメは

やっぱりカットしてある部分も多いので
そういったところは物足りなさを感じてしまいますが
それでもキャラクターの顔、特に笑顔
その中でも特にぱんにゃがなぁ~w
たまらないですよねwwww

ぱんにゃの為にも
みう先輩ルート行ってもらいたいなぁ~ なんてw
さてどうなることやら・・・


しかし・・・
自然とイケメンな台詞を言うことが出来る新吾は
やっぱりイケメンだよなぁ~・・・
見た目だけでなく性格が

なんというか
損得とか考えることなく
本当に自然に口にできるところが凄い

テーマ : ましろ色シンフォニー
ジャンル : アニメ・コミック

ましろ色シンフォニー 第1話先行上映会感想

9月25日に秋葉原UDXで行われた
アニメ「ましろ色シンフォニー」の第1話先行上映会の感想を

アニメ版1話に関する感想は
PCゲーム版をやったことを踏まえたうえで
それと比べてどんな感じだったか?
といった感じに

トークショーやサイン会の感想についても

ゲーム版の話を出すと
アニメから見始める人にとってはネタバレになる可能性が非常に高いので
その辺は気をつけてくださいw



まずはアニメ第1話を見た感想を

率直に言って良作の予感がかなりします

イメージ的には最近のアニメで言えば
星空へ架かる橋に近い感じになるんじゃないかなぁ と
といってもあそこまでまったりした感じではなく
ただほんわか具合がとても似ている気がします

キャラ絵に関しては
つばす絵が好きすぎるので
それと比べると違和感を感じてはいましたが
アニメになるとやっぱり全然違いますね
表情はころころ変わるし
動きだってぬるぬるしてるし

表情が変わる という面から
アニメにおいては特にアンジェ辺りは
向いてるんじゃないかなぁ とか
アンジェのテンションの高さは
まさにアニメ向きといった感じだと思いますw

実際アニメ1話を見てみた上で
アンジェと出会いアンジェがぬるぬる動くシーン
それと蘭華の呆れ顔(呆れ顔ってだけで原作プレイヤーならどのシーンを言っているかわかると思いますが)が
個人的には特にそういった表情面での見どころだった気がします

原作同様のスタートで
桜乃、愛理、アンジェ、美羽、そして紗凪の5人との出会い(桜乃は妹ですが)が
1話の大まかな内容ですね
あ あとぱんにゃとの出会いもかw
PC版、PSP版(恐らくですが)をプレイした人なら
想像通りの展開をすると思います

ただ勿論せっかくアニメになったということで
原作では無かったシーンが追加されムフフ的な状況が誕生していたり・・・
いや その分カットされた場面も多く
特に期待していた場面がなかったのは(今後登場する可能性もありますが)
ちょっと残念ではありましたが
それでも1話は特に桜乃好き(自分もですがw)の人には
中々いい回になってると思いますよw


OPとEDはぱんにゃ無双でしたね
楽曲はどちらもとてもいい曲でした
と言ってもなんだろう・・・
こういう曲をなんと表現するのかわからないので
上手く言えないのですが・・・

OPのちょうちょさんに関しては
1曲まるまる生で聴かせてもらえたわけですが
PC版OPのシンフォニック・ラブとはかなり違ったイメージですよね
神メモOPの「カワルミライ」と
かなり似たような雰囲気の楽曲だと思います


トークショーのほうは
なんといいますか・・・
はるるんさん美脚!!!!!!
なんというかあれはすりすりしたくなるというのもうなずけるというもの
いや ホント何考えてんだw

小野涼子さん、後藤麻衣さん、吉田真弓さん、櫻井浩美さんの4人だったわけですが
トークを見ていると
意外とはるるんはおとなしい方なのかな・・・? という印象が
勿論前3人はヒロインを演じているということもあり
ぱんにゃのはるるんはちょっと話に加わりづらいということも
あるのかもしれませんが
それでも特に前3人でトークを盛り上げて
そちらからはるるんに話を振る・・・みたいなパターンが多かった気がします

生ぱんにゃも聴けましたし
最高でしたねw

はるるん以外の3人がぱんにゃの物まねをしている時は
なんというか・・・カヲスでしたw


和泉つばすさんのサイン会では
クリアファイルにサインをしてもらいましたよ!

110925_1643~01

むっふっふーw
つばすさんってすごく可愛らしいお方ですね・・・
あの人が実は変態紳士なのか・・・
ふぅw

とりあえずこのクリアファイルは家宝にします
余裕で家宝にしますw
大好きな原画家の和泉つばす先生のサインとか
そりゃもうむふふw
嬉しいなぁ~wwww


整理番号は57番で
そこそこ前の方だったことと
真ん中とは言わずとも角度のある場所では無く
そして大画面でアニメを見られた ということで
すごくいい感じで見られたと思いますw

2話以降もこれはとても期待できる!
そういう出来でした

そしてやはり一番気になるのは誰ルートに入るのか・・・ということ
キャストのみなさんもまだそこまではアフレコしていないようで
誰のルートに行くのかまだ不明なようですねw

そんなことも楽しみにしながら
テレビでの1話の放送開始を
楽しみに待っていたいと思います

テーマ : ましろ色シンフォニー
ジャンル : アニメ・コミック

ましろ色シンフォニーをプレイしてみて

というわけでましフォニ関連最後の記事
追記でー

続きを読む

テーマ : ましろ色シンフォニー
ジャンル : ゲーム

プロフィール

孟起

Author:孟起
ポケモンとは初代からの付き合いです
Wiiを購入したので「@もうき」「@feng」でランダムバトル潜っています
Webラジオには「ぴろりん」で投稿しています
交流してくださる方がいましたらどうぞよろしくお願いします
何かわからないことがあればカテゴリの「はじめに・ブログの説明」をどうぞ

【Skype】
ID:moukisky

【ニコニコミュニティ】世界を護るために
co349825

【友達コード】
ポケモン バトレボ:3567-3422-5203
ポケモン ハートゴールド:3223-4836-9249
ポケモン プラチナ:5112-9054-1063

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
Twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。