スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これはゾンビですか? 第11話、第12話(最終回)感想

震災の影響もあり
MXでは11話と12話が27時から1時間連続で放送という

寝られない夜となりましたねw

というわけで感想を
ネタバレ注意



11話は遂に夜の王との決戦
これゾンは一応そのストーリーの大まかな流れ的には
戦闘系のアニメですが
物理的な戦闘よりも
精神的な成長だったり葛藤だったり
そういう心の部分での戦いというのが
非常に大きい気がします

その中でも特に言葉に関しては
ユーがその事情から話せないこともあり
非常に重みがあるような

これは勿論アニメだけでなく
原作にも同じことが言えますけどねw


最終的に夜の王はユーを歩に託して
死ぬことになるわけですが
結局夜の王も本当にその底から悪では無かったというか

歩がユーを救えなかったことを悔い
目覚めることを拒否したときには
そばにハルナやセラがいた
だからこそ歩は目覚めて
そしてまっすぐに進んで行けたわけで

同じゾンビという存在でありながら
結果としてかなり対極に位置することになってしまった歩と夜の王ですが
まぁなんかありきたりではありますけども
仲間の存在があったかなかったか
そしてそれを信じることが出来たか出来ないかの差でしかないのかなぁ と

そしてその仲間の存在があり
これからの未来歩は決して曲がることがないと信じたからこそ
夜の王はユーを歩に託して消えることが出来たわけで

あぁ もうなんかよくわからないですが
ホント紙一重だなぁ と思ったのでした


あとはやはりアニメ独自のシチュエーション
セラ様のヴァイオリン演奏のところなんかもよかったですよね

吸血忍者を裏切りはしたものの
最終的にセラにしか出来ないからと
サラスがそれを任せることが出来たのは
やっぱりそれは信頼からくるものだろうし

セラが裏切ったからと言って
その裏側にあるセラの感情というものを読み違えることなく
共に戦うことが出来るサラスも本当にカッコよかった

勿論セラ様も最高でしたけどねb



12話は水着回
どうしてこうなった\(^o^)/

ストーリー的には完全に11話で完結しており
完全にギャグ展開w

野水さんは大変だなぁ・・・
ニンフといいハルナといい
音痴なキャラばかりなんだから・・・www

セラ様のサービスシーンも盛りだくさんで
非常にぺろぺろしたくなる回でした


最後にスタッフのおふざけ回で終了するのが
なんともこれゾンらしいですが
そんなおふざけの中にも
きちんとメッセージの込められたシーンなんかが盛り込まれていて

ユーは一人じゃなくハルナや歩、セラがいる
迷惑もかけてもいい
お互い手をとって歩んでいこう と

そんなシーンの背後にセラとサラスのおふざけを入れちゃうのも
またこれゾンのいいところだと思うんですけどねw



1話~12話を総括した感想としては
まぁやっぱりどのアニメにも言えることですが
1クール12話の構成では短い

詰め込める感情や
当然バトル物なら戦闘シーン
ギャグ物なら面白いシーン
エロに走るならサービスシーン

何を入れるにせよ時間が必要なわけで

単純にギャグだけのアニメならばまた違うのですが
それがストーリー上で大きな割合を占めつつも
その中にきちんとした一連の流れがあって
やるべきことがあり伝えたいことがある内容となってくると
どうしてもそれをすべて詰め込むことは出来ないと言うか

結果としてそれが物足りなさにつながってしまうわけで

内容としては素晴らしい
だけどもっと長く放送すればもっと良くなったんじゃないだろうか

そう感じるアニメが最近は多すぎる
そういった印象がありますね
勿論これゾンに関してもそうです

あとはそうですね・・・
京子は一体どこに行った!!!!
それが一番の心残りですねw


ただ面白かったのには変わりないのでw
全く違った性格の面々でも
なんだかんだ凄くかみ合った歩の仲間たち

ひとつ大きな壁を越えて
より信頼も深まったということですし
またこの仲間たちの戦いというのをアニメでみたいなぁ
と思うわけです

ラストにクリスが出てきたことを考えると
これはアニメ2期のフラグと取ってもよろしいのではないでしょうかw


アニメも原作も
これからずっと成長し続ける歩とその仲間たちが楽しみです
スポンサーサイト

テーマ : これはゾンビですか?
ジャンル : アニメ・コミック

これはゾンビですか? 第10話感想

地震の影響で間が空いたこともあり
2週間ぶりのこれゾン
相変わらずのセラ様ぺろぺろっぷりですが
これゾン第10話の感想を
ネタバレ注意



歩やハルナ、セラ、そしてトモノリとサラスが
遂に夜の王と対峙した回

サラスとトモノリはどの程度かはわかりませんが
少なくとも歩とセラ、そして戦力外のハルナの3人を相手にしても
余裕で立ちまわれるだけの強さを持っている
まさにラスボスに相応しい強さですねw

それもミサイルとか爆弾とかそういう爆発系じゃなく
黒い霧を使った静かな攻撃 というのと
CV遊佐さんのあの落ち着いた けど何かある(何かはわからんw)しゃべりが
一層その強大さを引き立たせてくれますねw

なんかすべてのキャラクターの中で
一番ハマっている気がしますw


その一方でセラ様の色々な意味での弱さと言うものが
際立った回ですね

裏切り者として攻撃され
自分で選んだと言いつつもさびしそうな顔をするセラ

夜の王にあっけなくやられ上官のサラスに助けられた挙句
顔も見たくないと刃を突きつけられるセラ

またしても夜の王にやられ
助けるはずのユーに助けてもらったセラ

勿論ストーリーの展開としては
ユーの心の動きと言うのが一番のテーマなのもありますが
この10話はユーの登場量が少ないということもあり
セラのそういった精神的や或いは肉体的な弱さと言うものが
とても目立った気がします

アニメになると目の光とかそれを含めた表情で
セラ様や他のキャラクター達の感情の動きが
とてもわかりやすくなる ってのがいいですよね

あぁ・・・
そして普段は歩をクソ虫(ありがとうございます!!)と罵りつつも
そういった弱さを持ち合わせている
このギャップが堪らんのですw


今話は
夜の王に強さを見せつけられ
そして目の前でユーに連れ去られると言う屈辱を味わったわけです
そしてさらにユーは歩に手を伸ばしてもらう(物理的にも心情的にも)機会があったにもかかわらず
それをしなかった

目の前でユーが遠ざかっていくのを見た歩が
ユーの心情をどうとらえるのか

当然なによりも重要なのはユーの心情
夜の王と居たいのか居たくないのか
そして歩達と居たいのか居たくないのか

アニメを見るだけの傍観者である自分たちには
ユーの心情が歩達に傾いているのは当然わかっていますが
アニメの中の世界に生きる歩達が
それをどうとらえてどう行動するのか

諦めるのか?
諦めないのか?
諦めないならどうやってユーを取り戻すのか
ユーの心情をどうやって確認するのか

ユーを取り戻すなら夜の王と戦わなければならない
しかしどうやったら勝てるのか?

歩だけでなくハルナやセラ
その他の登場人物たちの心の動き
物語もクライマックスと言うことで
表面だけでなく内面の動きも大きくなってくるはずなので
自分が同じ状況なら・・・とか考えつつ
次話も楽しみにしたいと思います


あとそうだ
歩△

テーマ : これはゾンビですか?
ジャンル : アニメ・コミック

これはゾンビですか? 第9話感想

これゾン第9話の感想を
ネタバレ注意



ラノベにしろマンガにしろなんにしろ原作があるものがアニメになる
キャラクターに声が付いて動きも付く
絵がもともとほとんどないラノベなら
アニメになった時の変化はマンガのそれに比べて遥かに大きい

そういう面白さがアニメにはある
だけどそれだけではない

原作と似たようで違う世界
パラレルワールドと言えるであろう世界
いくつもの選択肢がある中で
わずかに原作と違った選択肢を選んだ結果
そのストーリーは全く違ったものになる

それがいい方向か悪い方向かは
みてみなくてはわからないが


これゾンはどうなるんでしょうね?

深夜アニメは大体1クール12話に収める関係上
パラレルワールドとしてストーリーが原作と違える理由は
どちらかというとマイナスの側面である気がする

最終的に同じクライマックスを迎えるとしても
その途中にある展開は尺の関係でカットせざるを得ない場合が多い

当然新しいストーリーを入れる余地はない
入れるとしてもそれはカットした代わりを補完する内容のものだ

しかしそれでもアニメスタッフは頑張ってよいものを作ろうと努力してくれている
カットされた部分が別のシーンによって補完され
それがたとえ原作と違える世界であったとしても
その出来がよくて素晴らしいと思えれば
それはとても素晴らしいことなのではないだろうか


これゾン9話は
夜の王とユーの接触
トモノリが最強の魔装兵器であったという事実
そしてそれを作ったのが大先生であったという事実
更には歩やユー、そしてハルナ、セラ、トモノリ仲間たちの想い
そういったものすべてを詰め込んだ回になった


正直30分という尺では物足りなかった
できれば1時間
45分でもいい
もう少し長く歩達のストーリーをみていたかった というのが本音

特に今回の三大イベントともいえる
①ユーへの暗殺命令が出たセラのユーに対する本音
②トモノリの暴走を歩が止めること
③ユーと歩達の別れ
この三つのシーンはもう少し長くとってほしかった・・・

出来は悪いと全く思わない
むしろよくまとめられていたし
非常に面白かった
だからこれは一視聴者としてただ無理難題を言っているにすぎない

ユーを殺したくないと想うセラの想い
歩に迫られ口にしてその意思は硬いものとなる
命令を無視してまで守りたいというセラの想い

理不尽な掟から歩の嫁になりつつも
歩やセラ達と触れ合うことが楽しくてしょうがなかったトモノリ
魔装兵器として暴走し自爆することを救った歩の言葉や想い
そしてトモノリの涙

自らの感情が揺らぐことにより
周りが不幸になっていく
もともと歩が死んだのも自分の所為
ずっと一緒に居たい人たちに迷惑をかけたくない
だから去るしかない
そんなユーの悲しい気持ち

キャラクターたちのマイナスよりのエピソードは
それ以外にどんなに重要な場面があったとしても
より視聴者の記憶に残る

どんなにしんみりとした悲しいシーンでも
例外(nice boat.みたいなのとか)はあるが
ちょっと変な話だけれども心がすごく明るくなる

出てくるキャラクター達は悲しい想いをしているのだけれど
それを見る我々は
そのキャラクター達のお互いに対する友情や愛情に対してとても感動し
そしてその想いの強さは心を明るくしてくれる

だからこそ
そういうことを感じる時間を
もっと取ってほしかった
もっと感動していたかった
これが本音でしょうか


原作に対しての改編がいいか悪いかは人によって意見が異なると思う
当然今回のが悪いと思う人も沢山いると思う
それはどんなアニメでもそうだと思うが

ただ今回自分は
そういう部分よりも
純粋に新しい形としてこれゾンを見るにあたって
もっとじっくりと味わいたいと思い
その時間をうまくとれなかったのが
今回ちょっと残念だなぁ
と思ったところだったのでした

テーマ : これはゾンビですか?
ジャンル : アニメ・コミック

これはゾンビですか? 第8話感想

いつも通りネタバレ注意でゲソ
トモノリのことイカちゃんって呼んでもいいでゲソか?



今回はアニメのクライマックスへ向けての
前置きのような回でしたね

アニメ1期に置いて恐らく最後の敵となるであろう夜の王
CV遊佐さんということでブリーチの市丸ギンでおなじみの声の人ですねw

ユーと知り合いであるような描写を見せつつ
ユーと違って明らかに敵キャラっぽい雰囲気

原作を読んでいるので話の展開は知っていますが
まだまだ残り4話も残っているので
その100分間でどのようにストーリーをまとめてくるのか
非常に楽しみです


シリアス展開のシーン以外も見ごたえがあって癒されますよね

歩の嫁を名乗りだしたトモノリのめちゃめちゃな言動は勿論
それに嫉妬するハルナ
言葉に発しはしないものの歩を弄るユー
歩を毎回のように罵りつつ時には可愛いところも見せてくれるセラ

言うまでもなく自分の中ではセラ様が一番ですが
どの女の子も非常に女の子らしくて魅力的なので
毎回毎回にやにやが止まりませんねw

同時に自分が気持ち悪くて粗末なクソ虫であると
痛感させられるわけですが\(^o^)/
でもそれでいいと思ってしまうんだから素晴らしいですよね
むしろクソ虫でありたいとすら思わせてくれる


シリアスなシーンをストーリーに含みつつも
ギャグシーンを多めに詰め込む特性上
変に重くなく軽い気持ちで見てられる良いアニメな気がします

物語も後半ですし
このままいい感じで進んでくれたらいいなぁ と

テーマ : これはゾンビですか?
ジャンル : アニメ・コミック

これはゾンビですか? 第7話感想

「これはゾンビですか?」第7話の感想を

特に追記にしないことにしたので
ネタバレ注意



歩側のキャラクターが二人出てきましたね

今までモブで出つつもきちんと出てはこなかった吸血忍者のトモノリ
そして名乗ってはいないもののやはりこちらも吸血忍者のサラスバティ

サラスは個人的にセラの次に好きな娘ですね

理由は勿論好みのビジュアルと中身だから
サラスもセラと同じく黒髪ロングですからね!


今回の話の流れとしては
トモノリが本格的に登場した回であると同時に
一気に歩に近しい部分に入り込んできたという
非常にスピード感のある展開

吸血忍者はキスをした瞬間
その人との婚儀が完結してしまう

すなわち戦闘中の事故とはいえ
歩とキスをしたトモノリは
嫁となってしまったわけですwww


ですがぶっちゃけそんなことはどうでもいいんだ

問題は自分がどうやってセラ様とキスをするか・・・

セラ様は言った
結婚したら愛してくれると・・・

どんなに卑怯な!
どんなに狡い手を使ってでも!!
セラ様と結婚できるのなら
自分はいくらでも頑張りますぜ!!

キス防御のために殴られようと蹴られようと
ぶった切られようと・・・
むしろ万々歳!!!!!


今回はそういった回だったのでした
今日の妄想のテーマは
「どうやったらセラ様とキスできるか」
で決定ですねw



それにしてもトモノリのセリフの語尾が
どうしても「~イカ」や「~ゲソ」でないと違和感がある気がしたのは
自分だけではないはず

そしてそこからの・・・
祝!!「侵略!イカ娘」アニメ第二期放送決定!!!!
これゾンとは全く関係ないですが一応。。

テーマ : これはゾンビですか?
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

孟起

Author:孟起
ポケモンとは初代からの付き合いです
Wiiを購入したので「@もうき」「@feng」でランダムバトル潜っています
Webラジオには「ぴろりん」で投稿しています
交流してくださる方がいましたらどうぞよろしくお願いします
何かわからないことがあればカテゴリの「はじめに・ブログの説明」をどうぞ

【Skype】
ID:moukisky

【ニコニコミュニティ】世界を護るために
co349825

【友達コード】
ポケモン バトレボ:3567-3422-5203
ポケモン ハートゴールド:3223-4836-9249
ポケモン プラチナ:5112-9054-1063

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
Twitter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。