スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは 第18話感想

花いろ第18話の感想を
ネタバレ注意



人の成長って何なんでしょうかね
いやー でもなんというか
やっぱり陰でなにかしら努力していたり
それを意識してなかったりしても
そういうことをしている人は
きっと自分ではわからなくても
成長を続けてるんでしょうね

あぁ・・・
自分のことではないな・・・w


多分このアニメに出てくるヒロイン3人は
まだ全然成長しきれていないんだけど
でも努力は欠かさないし
着実に成長を続けている感じですよね

今回はなこち回だったわけですが
みんち回なんかもあるんでしょうかね?


今回は
努力をすれば
誰かはそれを見てる って感じでしょうか

勿論現実にはそううまくはいかないだろうし
それこそ努力したところで誰も見ていないこともあれば
努力したって上手くいかないことの方が多いかもしれない

でもまぁきっと損にはならない ってことですよね


えぇ・・・
わかってますとも
多分現実に生きる我々全員がわかりきっていること

でも・・・なぁ・・・
ふぅ・・・


どのアニメやらマンガやらラノベやらゲームの主人公でも
或いはその周りの人も
やっぱりそういう成長力って言うか
そういうのがすごいですよね

理想の形 というか

理想は理想でしかないのが難しいところですw
スポンサーサイト

テーマ : 花咲くいろは
ジャンル : アニメ・コミック

神様のメモ帳 第4話感想

神メモ第4話の感想を
ネタバレ注意



たまにはいいよね
こういうなんかほのぼのした回もw

と言っても
まだ4話目だし
今までストーリーの句切れを考えると
これが3つ目のストーリーなわけで
たまに というわけでもないのだがw

あとはそうね・・・
ほのぼの って言っても
下着ドロは犯罪ですw


まぁそうね・・・
ミンさん結構好みのタイプですけどね
ちょっと胸が主張しすぎかな? というかw
あぁ・・・
そんなことどうでもいいですかそうですか


死者の言葉も大事だけど
やっぱり生者の言葉も大事よね

死者は物言えぬわけで
言葉を口に出すことが出来ない
だからNEET探偵であるアリスが
それを見つけて口に出す

今回のミンさんの父親は
生者なので
物言えるわけですが
でもまぁなんというか
照れ隠しなのか
合わせる顔が無いのか
なんなのかわかりませんが
口には出せない っていうのがw

死者が口に出来ないのは当然ですが
生者も口にすることが出来ない っていうのが
なんかもう人間ってこういうもんだよなぁ~ とか
そんな感じでw

うーん 良い回だったw

テーマ : 神様のメモ帳
ジャンル : アニメ・コミック

Steins;Gate 第17話感想

シュタゲ第17話の感想を
ネタバレ注意



鈴羽回といい
フェイリス回といい
辛い回が続きますね


フェイリスがDメールを送った途端
父親が現れたことから
父親を生き返らせたんだろうなぁ~ とは思っていましたが
なるほど
墜落する航空機に父親を乗せなかったわけですね


それにしても
フェイリスにもリーディングシュタイナーがあった ということで
よいのでしょうか

というよりも
岡部からDメールの話を聞かされ
メイクイーンが別の世界線ではあったところに連れて行かれ
発現した というほうが正しいのだろうか

いずれにせよ
岡部以外で初めて移動した世界線の記憶を持つ人なわけですし
そういう意味では
これから心強い存在になるのだろうか


それにしても
父親の死んだ世界と生きた世界
どっちが本当だったか なんて
そんなのわかりませんよね

いや
まぁ元を辿れば死んだ世界が本当だったのだろうか?
いや でも平行世界が関わってくる物語って
どこが起点かわかりようがないから
まぁどこが とかそういうのは
正直わからないんだけども


でもなんというか
移動した世界線の記憶が無くても
いや フェイリスはきちんと残ってるわけですが
きっとそういうあったかもしれない未来や過去のことは
どの世界に行っても残ってる と
信じたいですよね

フェイリスは
きっと父親を死なせないために送ったDメールを取り消して
再び世界線が移動しても
きっと父親の生きた世界
そしてその前にあった世界のことを
忘れていない と思う
そう信じたい

鈴羽もそう
もしかしたら設定矛盾なのかもしれないけどさ
ダルと父娘として出会うことが出来なかった世界でも
彼女は過去に戻った時に橋田というダルの名字を名乗った
彼が父親だと知ることは出来なかったのに

もしかしたら過去に戻ってから
気付いたのかもしれないけどさ
それかただの設定矛盾かもしれないけどさ
まぁなんというか
移動した世界でも残った
確かな痕跡というか

なんかこういうのいいよねw


着実に
一番はじめいた世界線に
戻りつつある岡部

でも萌郁のメールは
彼女に直接消させることはできないしなぁ・・・

さて どのようになるのでしょうかね?w

テーマ : Steins;Gate
ジャンル : アニメ・コミック

まよチキ! 第4話感想

まよチキ! 第4話の感想を
ネタバレ注意



感想はね・・・
書くつもりなかったんだ・・・

まぁほらなんていうの?
基本的には2828するだけの
ストーリー的には進展のない
日常物のアニメじゃん?

感想を書く といっても
「2828できましたー」
くらいなわけで


そんな中今回こうして感想を書くのは?
この怒りをどこにぶつければよいか! ということなわけで

奏お嬢様とキスしやがったなああああああああああ!!!!!!!!!!!!!


わかってますよ・・・
近次郎がラノベの主人公 ってことくらい・・・
自分じゃ手の届かないところにいるんですよ奏お嬢様は
なんかもう2次元と3次元的意味以外にも

クソっ!!

もうあのビジュアルと
ダークででもお茶目な性格や行動と
そしてあのおっぱいとか腋とかと

もう最高に理想の女性ですよ奏お嬢様

うはぁ・・・
もうヤバい・・・
お嬢様が好きすぐるw


メイド服もよかったよね・・・
ガーターベルトがまたいいよね・・・

パンツ脱いでガーターベルトだけになった姿を拝みたい・・・
あぁ・・・ もう駄目だ・・・


そんなわけで
奏お嬢様ぺろぺろ
ということで
今回はこれでw

テーマ : まよチキ!
ジャンル : アニメ・コミック

NO.6 第4話感想

NO.6第4話の感想を
ネタバレ注意



やはりこのアニメ・・・
BLアニメ というので
間違いないのではないだろうかw

非常にホモホモしい言葉が飛び交っているし
そしてシオンとネズミのどちらも
まんざらではない感じだと思うんだw


突如社会(というかNO.6)からはじき出されたシオンは
どうやらネズミ達のすむ場所においては
かなり異端なようで

まぁ甘ちゃんなんだろうけど
そういう主人公ってかなり多いですし
まぁ個人的には嫌いなタイプの主人公なわけですが
それを中心に周りの人がどんどん変わっていくんでしょうね


NO.6が
正直まだなにもわかっていないような状況なので
ストーリーの最終的な終着点は
未だに読めない状況ですが

・・・いや・・・・・・
シオンとネズミがアッー!!END・・・とか・・・?
いや 流石に無いかw


まぁホモホモしい展開は
なくてもいいんですが
中々に面白い感じで続いてますし
今後の展開も楽しみですねw

テーマ : NO.6
ジャンル : アニメ・コミック

花咲くいろは 第17話感想

花いろ17話の感想を
ネタバレ注意



おおぅ・・・
なんかTwitterで詐欺だったりしてーみたいなこと言ってましたが
まさにそれで完結という展開でしたねw

前回1話丸々使って
盛大に撮影とかしてましたし
後半くらいには流石にもうそれはないかなぁ~ とか
そう思っていた時期もあったんですが
実際詐欺だと笑えないw

次回予告の展開を見ると
もうこの一件は「詐欺でした」で
完結なのだろうか

だとしたら物足りないというか
あんまりあって意味のあったストーリーでなくなってしまうので
若旦那と3流の逆襲がここからあるんでしょうかね?


若旦那にすべての責任をなすりつけ
帰京しようとする三流コンサルタント
いやー 若旦那って鈍感ですよねw
おかげであのプールでの感動のシーン(?)に持ち込めたのかもしれませんが

普通逃げの態勢に入った
今まで一度もマトモな仕事をしない三流コンサルタントなんて
好きでいられないでしょw
その上自分にすべての罪を着せようとしているというのに

あれか
惚れた弱み ってやつか
恐ろしい・・・

ぶっちゃけ だ
プールでの若旦那と
ブラが透ける3流とのシーンは
うむ・・・
いらな・・・

いや ストーリー上必要かもしれないけどね?
3流の透けブラなんか期待してないしね?
むしろそれを眺めるみんちの呆れた顔が
最高に素晴らしかったというかw


しかし だ
女将はこれが詐欺だとわかっていたような感じで
すべてを若旦那に任せた感がありますよね

息子の成長のため
多大な被害を出してまで
わざとすべてを任せたのだろうか

随分手荒いことをする女将だw


次回はまた違うストーリーがスタートするのかな?
タイトルに「貝殻ブラ」が入ったり
なにやらなこちがエロエロな姿だったりな感じだったので
ムフフな展開があるのだろうか

今回は3流の目に毒な姿しかなかったですしw
次回目の保養になることを願おうw

勿論次のストーリーが
面白いことにも期待

テーマ : 花咲くいろは
ジャンル : アニメ・コミック

神様のメモ帳 第3話感想

神様のメモ帳第3話の感想を
ネタバレ注意



死者の想いだったか 言葉だったか
そんなようなアリスの言葉があった気がするので
毎回死者が出るのだろうか とか
思っていたんですが
そんなこともなかったみたいですね
よかった

まぁなんだろう・・・
創作物の世界の中で
死者が出るか出ないか というのは
そのストーリーの面白さに直結することも少なくない と思う
残念ながら なのかな 多分

生きるか死ぬか
その不安なのかなんなのかよくわからない
視聴者側の感情は
興奮や面白さという言葉に直結する

このアニメはどうだろうか?
ただ死者が出るか出ないか それだけの面白さ ということはないと思う
勿論たった3話見ただけなので
今後どうなっていくかはわからないが
でもまぁ現時点で
個人的には納得できる面白さであるし
それが上に書いたようなものである とも思っていない


ミステリーとしては
まぁそんなにレベルの高いものではないし
多分まぁNEET「探偵」といいつつも
この物語はそういうものではない

特に大層なトリックなんかがあるわけでもないし

やっぱり主人公やその取り巻く環境の成長 というのが
メインなんだと思う

死者を通じて
アリスや鳴海、或いは依頼者なんかが成長する

口を利かぬ死者の想いといいつつも
いや 勿論それも重要ではあるのですが
そこから先にある生者の想いが交錯し
反発することもありますが
それは成長につながったり

少なくとも
今まで見たことのない場面から
いや 結果としては同じような成長はしているのかもしれませんが
とても新鮮な部分から
成長を遂げるアニメなんだなぁ とか


2話完結 というのが
ちょっと残念かなぁ

いや 勿論2話ないと難しいアニメだと思うのですが
やっぱり次回に持ち越し~ とかなると
なんだろう
やっぱり冷めてしまう というか

どんなに面白いストーリーでも
時間が経てばだんだん忘れていくし
そこが少し残念かな?

いや 欲張りだ っていうのは
わかっているんだけども


今期の中でも
かなり安心して楽しめるアニメですよね
多分失敗しないと思う

次回以降も大いに期待したい


ストーリーには関係ないんだが
こないだ友人に勧められ
はじめてドクペというものを飲んだ

あれだな
杏仁豆腐みたいな
薬っぽい味

うーむ
自分は苦手でしたwww

テーマ : 神様のメモ帳
ジャンル : アニメ・コミック

まよチキ! 第3話感想

うさドロ→NO.6→まよチキ! と
この時間帯3本のアニメを見ているわけですが
今日はまよチキ!第3話の感想を
ネタバレ注意



スバルも可愛くていいけどね
いや それでもやっぱり自分にとっては
奏お嬢様が好きすぎるんだ!!

お嬢様の水着素晴らしかったですよねぇ・・・
特にね やっぱりあの腋だよね!!
巨乳の女の子の
あの大きな胸とそこから生まれる腋のぺろぺろ度合い!!
いや 意味わからないと思うんだ
とにかくやばい!!!!

Twitterで上手いこと言ってる
変態絵師さんがいらっしゃったので
その言葉をそのまま借りると
股間がスタンドバイミー!!!!
ひゃっほう!!!!!!

黒髪でロングでツインテールで
それだけでもバッチシですけどね
胸も大きくて
そしてあのダークな性格もたまらないですよね
いやー
あんな娘に虐められたい!!!!!
踏まれたい!!!


なんだろうな・・・
うさドロもNO.6も結構な内容だったし
色々感想書けたと思うんだけど
俺はどうしてまよチキ!の感想を書こうと思ったのだろうか・・・?

いやー お嬢様が魅力的すぎてw
あぁ・・・
ぺろぺろしたいなぁお嬢様・・・!!


まぁすばるんのデレも
中々に強力ではありましたけどね!
けれども自分の中では
やはりお嬢様が理想的すぎて
すばるんすらも霞んでしまうのですよ!!w

テーマ : まよチキ!
ジャンル : アニメ・コミック

Steins;Gate 第16話感想

シュタゲ第16話の感想を
ネタバレ注意



なんという悲しいストーリーなんでしょうかね・・・

第三者の視点でしか見ない我々視聴者と
そして岡部にとっては
ダルが鈴羽の父親であったとわかったわけですが
未来を変えるために過去を変え
鈴羽が父親を探すことを諦めた未来に修正したことにより
鈴羽を含めて岡部以外の誰も
鈴羽の父親がダルだったことを知らないんだぜ・・・

まゆりの死の運命は
変えることが出来たけども
鈴羽が父親と出会えたうえで
そして過去での作戦を成功させる という
最も理想的な世界線には到達できなかった

父親を探すことや
それを含めてラボメンと関わることにより
岡部やそして恨んでいた紅莉栖とも仲良くなって
そういうのも全部なかったことになるんだぜ

岡部だけは全部覚えているけども
他の誰も覚えていないし
鈴羽はすでに過去に死んでいるわけで
その事実なんて知ることもできるわけもないし

全部都合よく行く未来なんて
そんなものないのかもしれないけども
なんというか
幸せってなんなんでしょうかねぇ・・・ とか
そういうわけのわからんことを考えてみたり

父親と再開した鈴羽は
間違いなくその時幸せだっただろうし
でも結果として任務は遂行できず絶望して自殺した

父親と再会しなかった鈴羽は
任務は成功したのかもしれないが
当然父親とは出会えなかったわけで

もう一体何なんだよこれ
って感じです


次回はフェイリス回みたいですね
今まで物語にそんなに関わってきてないですが
過去改編でアキバをオタクの街にしないことを選んだのはフェイリスですし
一体何があったのか とか
色々と気になりますよね

登場人物である以上
しかもかなりラボメンと深い関わり合いもある以上
やっぱりかなり重要な人物であることには
間違いないでしょうし
どうこれからの物語の関わってくるのか
とても楽しみですね!

テーマ : Steins;Gate
ジャンル : アニメ・コミック

いつか天魔の黒ウサギ 第2話感想

いつ天第2話の感想を
ネタバレ注意



これ 初めてみた人はさっぱり理解できないだろうなぁ~w

原作を読んで内容を知っている自分は
勿論わかるわけですが
それでも初めてそれを読んだ時は
さっぱりだったなぁ・・・ と

アニメは尺の都合上や
あとはやっぱりラノベと違って
登場人物のセリフを除いて
説明的な部分はどんどん省かれていくだろうし
それにこんな中途半端なところで
次回に持ち越されたら
そりゃたまらんだろうなぁだろうなぁ とw

大兎7回死んだだろ?
なんでこいつ生きてんの?
てかなんでゲッコーこんな偉そうなの?
なんで生徒会入ってんの?
意味わかんないwwww

そんなノリなんだろうなぁ・・・ とかw


やっぱ内容知ってると
そういう新鮮さに関してはないのが
ちょっと残念よね

展開のドキドキ感は
やっぱり失われてしまうわけでw


今回初めて激しいバトルシーン という感じだったかな?
これゾン以上にグロい死に方をして
吹き飛ぶ主人公・・・
歩も大兎も頑張りすぎだと思うんだw

大兎は歩と違い
6回までしか死ねないですけどね

6回死ねるということは
当然武器になるわけですが
6回死んでしまえば
15分の制約から解放されるまでは
ただの人間でしかないわけで

自分を惚れてくれたヒメアのために
そして7回目の命を捨てる大兎は
やっぱりカッコいいですよね


そしてウザ可愛いことに定評のあるミライ

ぶっちゃけ安藤美雷とか
アンドゥのミライとかなんだしw って感じの人が多いと思いますが
まぁとにかくこいつウザいですよねw

でも嫌いになれないんだよなぁ~
むしろ好きという

大体この手のキャラは好きになれないことが多いんですけどね
ここまで徹底してウザくて
アホで
まぁなんか残念だと(笑)
逆に可愛くて仕方ないですよねw


まぁあれだw
ネタを知ってしまっている自分に
言えることはあんまりないんだよなぁ~
知らなければ想像してしゃべれるんだけど
知ってしまっているからなぁw

まぁとにかくまだ謎だらけの展開だとは思いますが
2話目のラストで大兎が言っていた通り
本当にここからが物語の始まりであり
大兎、ヒメア、月光、ミライを中心とした生徒会の始まりなわけですから
いやまぁアニメとなるとホント新鮮なので
自分も楽しみたいと思いますw

テーマ : いつか天魔の黒ウサギ
ジャンル : アニメ・コミック

花咲くいろは 第16話感想

ま た お ま え か

というわけで花いろ第16話の感想を
ネタバレ注意



また例の3流コンサルタントですよw
何しに来たんだアイツw
そしてロクなことにならない気がするwww


宣伝の為に喜翆荘で映画を撮ろう!!
ということになったようですが
何故か頼れる男になった若旦那によって
付近の旅館の出演を拒否

きゃー 若旦那カッコいい~
で終わればいいわけですが
まぁそんな簡単には終わらないですよねぇ きっと

次回予告はそういう空気が無かったので
あるとしたら次々回だろうか

なにもなければ
それはそれで喜翆荘的にはいいのだろうが
ストーリー的にはなんだったんだろう? となってしまうわけで
うぅむ そのバランスが難しいですなw


それにしても だ
何故次回予告で緒花は銃撃され
血を流していたのだろう・・・

喜翆荘でそんな映画の撮影ってw

想像は全くつかないのですが
なにやら面白そうなことになってきそうですねw
(心の声:どうせならみんちとかが引ん剥かれてキャー見たいな展開とかあればいいのになぁw)

テーマ : 花咲くいろは
ジャンル : アニメ・コミック

最近のポケモン事情

毎回ポケモンの記事を更新するたびに
そもそもこのブログはポケモンのことを更新するものだったはずだ とか
そんなこと言ってるから
今回は言わないことにする

おや すでに手遅れだったようだw


最近ニコ生をやる機会が少なくなっていますが
期末テストが近いということで
仕方ない
・・・という理由をつけつつ
雀龍門に入り浸っている なんてことは
多分無いはず

まぁでも今期は見たい深夜アニメが多いこともあり
中々時間を取れていないのも事実なわけで

7月末で大学が終わるので(オワコンの意味を含む)
そうしたら昼間とか含めて
ポケモン放送もまた沢山やろうかなぁ と


育成に関しては
絶賛おさぼり中

孵化乱数がめんどくさい
努力値構成を考えるのがめんどくさい
努力値振るのがめんどくさい
レベル上げがめんどくさい
の四重苦が
重くのしかかる

結論を言えば
飽きた
ということに他ならないのだが。。

Wi-Fi対戦の方に関しては
最近時間が取れていないので出来てはいないが
飽きてはいないので
これからもやっていこうと思う

当面の目標は
トリプルバトルでレート1900に乗せることだろうか・・・
或いはシングルのPTを調整して
もうちょっと安定感のあるPTを作ること かな?


ポケモンと言えば映画
今年は2本同時公開 ということもあり

制作スタッフの販売戦略になんか乗らねーよwwww
1本見るとかそんな中途半端なことするくらになら
どっちも見にいかねーよwwww
そもそもCMで「君はどっちを見る?!」みたいなこと言いながら
「どっちも見ろ!!」感出過ぎでしょwwww

ということで
見に行かないことにしました

・・・したはずだったんですが
前売り券発売最終日前日のことだ
去年見た映画ゾロアークが
テレビで放送されていて
それでまぁ見たわけです
あの頃のサトシは大人だった・・・

放送後
「明日で前売り券発売最終日だよ!!」的な
そういうのがありましてですね

いや なんか最終日~ とか
そういうこと言われるとですね
いやー なんというか
ある意味催眠商法ですよね うん

結論から言うと
ご丁寧に前売り券2枚買ってしまったわけです
いやぁ いい客だったなぁ 俺wwwwwww

そんなわけで
すでに映画は公開されていますが
去年同様ガラガラになると思われる
公開最終日に近い辺りで
また見に行こうかなぁ とか

そらおとのチケットもまだ1枚残ってるし
1日3本映画見る日でも
作りましょうかね


・・・というポケモン事情でした

テーマ : ポケットモンスターブラック・ホワイト
ジャンル : ゲーム

神様のメモ帳 第2話感想

見ているアニメが多すぎる! ということで
毎回いくつか選択して
感想を書く感じで行こうかと

神メモ第2話の感想を
ネタバレ注意



初回の放送は1時間で一つの物語 といった感じでしたが
今後も2話で一つの物語
という流れになりそうですね

というわけで
今回の第2話では
物語は完結せず


女、子供は
アリスのことを愛玩動物と見る みたいなことを
アリスが言っていましたが
いや うん・・・
一家に一人欲しいよね
ああいう可愛い動物みたいな娘w

ところでふと思ったんだが
アリスの喋り方って
魔法少女まどか☆マギカに出てくる愛玩動物(笑)である
QBさんに似てない?w


それにしても だ
これほどまでに
ニートという言葉が
カッコよく思えることも
中々ないと思うのだがw

まさに彼女たちは
自分の目指す最終形である
勝ち組ニート というものなのだろう
いや 多分違うけどもw


鳴海とアリスって
お互いに足りない部分を補っているのだろうか

ある意味人間的な感性に関しては
限りなく一般人に近い鳴海のほうが
圧倒的にあると思うのだが


でもまぁその感性って言うのも
なかなか難しいですよね

ついさっき知り合ったばかりの人間の
父親のことを信じることなんて
しかも明らかに黒に近いグレーに近づく状況証拠があれば
尚更なわけで

その父親は
多分悪いこともしてきたのは間違いのだろうけど
多分今回の件に関しては
少なくとも娘に関してだけは
正しいことをしたんだと思う

とすれば
疑って娘を傷つけた鳴海は
どうやってその責任を取るのだろうか

責任なんて取ることもないと思うのだけど
きっと彼はカッコいいから
頑張っちゃうんだろうな
期待w


アリスはなんだか
人間としての視点 というよりも
人工衛星から見ているような感じですよね

別に情報に関して とか
それだけじゃなくて
人の感情なんかも
すごく広い視野で見てて
でもなんかすごく機械的で
可能性がある限り否定はしないけれど
でもあくまでその可能性というのは
アリスの心情によって左右されないわけで


よくわからんけど
とりあえず二人はいいコンビよねw
いいコンビじゃなきゃ
ストーリーが進まないんだけどさw


依頼人は
中々にデンジャーなことをやらかしてくれたみたいですし
さて 次回どうなることやら

アリス達にも
命の危険が迫っているわけですからねw


アリスぺろぺろ

テーマ : 神様のメモ帳
ジャンル : アニメ・コミック

ダンタリアンの書架 第1話感想

最近は本当にアニメが多すぎて
時間が被るのもあり
取捨選択をしなくてはならないのが辛いんだ

というわけで
ダンタリアンの書架第1話の感想を
ネタバレ注意



と 言いつつも
神奈川県の北側に住んでる自分は
tvkもMXも見ることが出来
おかげで2回放送するアニメもあるんですよね
神メモとダンタリアンの書架は
放送時間は被っているけども
tvkで視聴すれば被らないのだよ!
フフフ・・・


このアニメもラノベ原作
最近本当にラノベ原作のアニメが多いですな
いや 別に不満なんてこれっぽっちもないし
むしろありがたいことではあるのだが


実体が飛び出る絵本(?)的な
幻書をダンタリアンの書架に封印するのが目的
だと思われるストーリー

主人公のヒューイはテライケメンだし
ヒロインのダリアンは美少女だし
しかもその二人がお似合いの所為で
ダリアンぺろぺろとか
そんなこと言わせてはくれない雰囲気を持っている感がある

ダリアンぺろぺろ

ダリアンの管理する
ダンタリアンの書架の解放時の
鍵を胸元にわっほーいな感じが
なんかエロい
そしてやっぱり可愛い


基本的にはバトル物・・・なのだろうか?
第1話の今回は
幻書から現れた
ナイフ男やらドラゴンを
拳銃で倒したり
ダンタリアンの書架から解放された
なにやら良くわからない状況から
ドラゴンを消滅させたりと

ま まぁ・・・
一つだけ謎があるとすれば
ヒューイが長々と呪文を唱えている間
よくドラゴンさんは黙って見ていてくれたなぁ とかw

いや うん
アニメというものはそういうものだよw


とても静かな
謎に満ちたような雰囲気と
ダリアンの可愛さ
内容の面白さから
今後がかなり楽しみなアニメではあるのですが
裏番組に神様のメモ帳(東京では) というのが
視聴率的にはなかなかに厳しい気もしますなw

神メモの第1話は
1週間前に放送されていることもあって

でもせっかく自分は
他のアニメを気にすることなく
このアニメを見られる環境にあるので
次回の放送も楽しみにしたいと思います

また原作買ってみたくなるアニメが
今期も多いなぁw

テーマ : ダンタリアンの書架
ジャンル : アニメ・コミック

NO.6 第2話感想

NO.6第2話の感想を
ネタバレ注意



この時間は
アイドルマスターとかぶっていて
どちらも自分の住んでいる地域においては
1局でしか放送していないわけです

1話をどちらも見ました
その結果
圧倒的に展開が気になる 面白い
そう思えたのがNO.6だったので
こっちを見ることにしました

勿論アイドルマスターは
第1話があまりにも面白くなかったからと言って
第2話からがストーリーの始まりみたいですし
気にならないわけではないのですが
まぁこちらはニコニコでの配信もあるみたいですし
まぁいっか みたいな感じです

Twitterの盛り上がりは
やはりアイマスの方が大きいのですが
でもだからと言って
やっぱり自分が気になる方見なきゃ
勿体ないですもんね


未だにどこに目標が向いているのか
はちょっとわかりませんが
多分管理された世界において
自由を求めて~ みたいな感じなのでしょうか?

少なくとも今の日本みたいな自由はないし
普通に我々が言えるような
「菅早く総理大臣止めろ」 みたいなことは
言った瞬間に
即矯正施設行き という感じのようです

1話は主人公とそのパートナー(男)との
出会いのシーンでしたが
第2話は
そこからかなり時が経っているようですね
何年経ったかは
忘れてしまいましたが

まぁなんというか
主要人物が両方男ということもあり
なんかそれっぽいシーンもありで
あれ これ もしかして BLアニメ?wwwwwwwww
みたいな
そんな印象もあるわけですが
主人公の幼馴染の
多分ヒロイン的な存在の女の子が
「(主人公の)精子が欲しい」とか
「(主人公と)セックスしたい」とか
とても直接的な表現を
使ってくださるものだから
あれ いや うん
なんかこういう女の子実際いたら絶対惚れるなw とか
そういうこと思いましたw

いやー
あなたの精子が欲しい とか
そんなこと言われたら
絶対惚れるでしょうwwwww

にしてもこんなアニメのヒロインは初めてみました
うん いい女だ


ただまぁ主人公は精子あげないことにしちゃいましたし
2年後までヒロインは留学から帰ってこないですし
そもそもどう考えてもBL展開がやってきそうな感じですし
さて どうなることやらw

まぁBL展開でもいいんですけどね
物語が面白ければ


次回は
多分主人公が早速死に直面しそうな雰囲気ですね
謎の蜂の所為だか
あるいは他の所為なのかはわかりませんが
老人みたいになって死んでしまう
そんな病気にかかってしまったようですし

OPの主人公(多分)が
白髪であるにもかかわらず
まだ黒髪 ということは
その病気が原因で白髪になるということなのだろうか

まぁすべては次回明らかになる ってことかw

テーマ : NO.6
ジャンル : アニメ・コミック

うさぎドロップ 第2話感想

うさぎドロップ第2話の感想を
ネタバレ注意



2話目にして
今期最高峰のアニメとして名乗りをあげたかもしれないw

1話目からして
その雰囲気はあったけども
なかなかに面白いアニメのようですw


1話目はシリアスな展開からの
りんと大吉との出会い

2話目は
なんかもうよくあるようなほのぼのな雰囲気

いや よくあるかどうかはわからないな
何故なら自分は親では無いので

でも 子供の立ち場として
あ こういうのあったかもしれん・・・
とか
こういう子いたかもしれん・・・
というのが結構あるんですよね

勿論
自分の娘じゃない子を引き取って育てる
なんてシチュエーションは
めったにあるものでは無いと思うのですが
それよりも
このアニメは
新米パパの奮闘記 的な
そういう雰囲気かもしれない

あー こういうことあるあるwww
と 思われた
世のお父さん方は
多いんじゃないでしょうかね?

或いは
子育てってこんなに大変なのか・・・
と そう思われた人は
相当数いるんじゃないだろうか


りんの表情や行動が非常に可愛く
最近多い萌えアニメみたいな要素とかは皆無なんですが
なんか本当に可愛い

そして
それに振り回されながらも
仕事と子育てを頑張ろうとして
そしてなんかよくわからない行動に出つつも
おお こういう大人カッケェなぁw
って思わせてくれる
冴えないおっさんのくせにカッコいい主人公大吉


今後このままほのぼのした展開だけで
進むとは思えませんし
絶対に何かあるとは思うのですが
まぁでもなんかすごく見ていて楽しいですよね このアニメ
暖かい目で見てられるというかw

今のところ
今期のアニメの中で
一番何かくるものがあるアニメな気がします
これは本当に良いアニメ

テーマ : うさぎドロップ
ジャンル : アニメ・コミック

Steins;Gate 第15話感想

シュタゲ第15話の感想を
ネタバレ注意



なんか久しぶりに平和な回であった気がする
勿論当人たちにとっては
焦りもあるだろうし
中々厳しい状況ではあるのだが・・・


鈴羽の父親探しが続いていますが
次回遂に判明するのだろうか・・・

ダル辺りに今回フラグが立ちまくっていた気がしますが
フラグは踏むものでも折るものでもあるので
何とも言い難い感じw

次回予告では
ミスターブラウンが登場しまくっていたような気がするが
でもあの人娘がいたしなぁ・・・w
まぁ結局次回すべてがわかる ってことか


タイムマシンがあったり
タイムリープマシンがあったり
最早どこがどう関連しているのかが
かなりごっちゃごちゃになっている感じ

鈴羽のいた世界では
紅莉栖はSERNの一員だったわけですし
ただ今の状況からそうなるとは思えない

けど
電話レンジ(仮)を完成させたのは
その鈴羽のいた世界でも
紅莉栖だったわけで
あれ? じゃあ岡部は?
レジスタンス? あれ?
みたいな
結局どういうことが起こり
そのようになってしまったのか とか
最早不明だが
まぁそのことについては
多分知る必要はないのだろうけども


タイムマシンを使って移動した世界線と
タイムリープマシンを使って移動した世界線も
一致するわけではないだろうし
鈴羽が過去にタイムトラベルしても
それが岡部がタイムリープした世界に影響を与えるとは限らないし
あれ
なんか考えてるだけでおかしくなってきたぞ? という感じで
考えるのは止めようと思うw


次回は鈴羽の父親と
そしてタイムマシンの修理とその後の展開が気になりますよね

鈴羽の父親も
出てくるからには
なんらかの関係性は持ってくるでしょうし
どうこの物語に関わってくるのか
楽しみですねw
或いはもう関わっているのかもしれないが・・・


とにかく次回を早くみたい! ということですw

テーマ : Steins;Gate
ジャンル : アニメ・コミック

いつか天魔の黒ウサギ 第1話感想

アニメ「いつか天魔の黒ウサギ」第1話の感想を
ネタバレ注意



原作は6巻くらいまでは読んだ感じ
なので内容に関してはおおむね知っている という状態からのスタート

個人的には
バトル物 というよりも
恋愛物 としての印象が強いストーリー


初回の今回は
ヒメアや大兎を中心とした
人物関係やその特徴 というか
置かれた状況を
原作のストーリーを
一部省略した形での展開でしたね

公式サイトにもあるとおり
大兎は15分回に6回まで死ねることから
その関係上大兎はあっけなく死んでくるw
のでやはり凄惨な描写というものは
多いわけで
結構頑張ったんじゃないかなぁ 制作スタッフの方々は
光の筋に隠さずに
出来るだけギリギリで
そういう描写を取り入れるのは
非常に難しかった気がします


第1話から
大兎、ヒメア、月光、ミライ、遥と
主要人物全員が登場ということで
初見の人にはなかなか覚えづらい状況だったかもしれない が
大兎だけは首ぶっ飛んでましたし
にもかかわらず生きていたということで
かなり印象深い第1話になったのではないだろうかw

これ知らない人が見たら
ビックリするんじゃないかなぁ・・・w


ヒメアよりも
どちらかというとミライのほうが
印象深かった人も多いかもしれない

個人的に
ミライはまさにウザ可愛いの典型だと思っているわけですが
もう本当にここまでウザいと
逆に可愛くなってくるんですよねw

初回の今回は
そこまでそういう事象はありませんでしたが
異常なテンションから
月光にキスを求めたり
その上縞パン丸見えだったり・・・w

いやまぁ全裸で幽閉されていたヒメアも
印象深いとは思いますが
性格的な面を考えると
ミライは際立って目立ちますよねw


冒頭に書いたとおり
個人的にこのストーリーは
恋愛に関する事柄での
問題が多く発生するので
バトルシーンは勿論なのですが
そういう修羅場的なシーンにも期待したいところですねw

大兎への想いを全く隠さずに
愛してるというヒメア

なかなかここまでハッキリしたヒロインも
少ないと思うのですが
やはりそこはヒメアの魅力の一つですよね


まだ面白い というところまでいっていませんが
次回は大兎、ヒメア、月光、ミライが接触するでしょうし
早速戦闘シーンなんかも見られそうなので
楽しみにしていたいと思います

掴みとしては
すごくよかった印象です!

あー
ミライウザ可愛いw

テーマ : いつか天魔の黒ウサギ
ジャンル : アニメ・コミック

猫神やおよろず 第1話感想

猫神やおよろず 第1話の感想を



基本的には
まったり系で
特に内容はないコメディ系の感じ?

キャラクターは女の子ばかりだし
見た目も猫耳が生えてたりする娘が多く
萌えアニメなのかな? と思っていましたが
まぁ露出とかそういう意味では
かなり控えめで
子供の目にも優しいアニメ

登場人物のほとんどが神様ということもあり
ちょっとした超常現象的なものは
割と簡単に起こりそうな気もするわけですが
1話目に関しては
そんなに驚きがあったわけではないですね


笑いの程度としては
爆笑とかそういうたぐいではなく
「プススッ」程度
非常にほんわかとした感じの印象で
まったりという言葉が本当に相応しいと思う

放送時間帯が非常に遅いのが難点ですが
なかなかに楽しめそうな気がします

この物語が行きつく先は・・・
不明w

テーマ : 猫神やおよろず
ジャンル : アニメ・コミック

神様ドォルズ 第2話感想

神様ドォルズ第2話の感想を



どうもククリが動いてる時の
あのなんかよくわからんBGMが苦手なのですw
悪夢でも見そうな雰囲気
いやー 意味わからんですけどねw

作画も
別に好きというわけではないんですよね
自分はまぁどちらかというと
ちょっとリアルっぽい雰囲気のある絵よりも
目が大きくて
明らかに2Dの絵であるまぁなんというかなぁ・・・
そういう絵が好きなんですよ

そんな感じで
あまりこのアニメが自分を引きとめる要素は
多くはないと思うのですが
それでも見ているのは
やはりストーリーが気になるからだろうか


そしてはい!
出てきましたね!!
メガネ女!!

何度も言いますが
メガネ女は
その意識なく主人公周辺を荒らしまわり
そして面倒事を持ちこむ傾向があります

この久羽子という女は
もう確実にそれでしょうw
これだからメガネは好きになれないんだ・・・


ただまぁキャラクターが増えることによって
ストーリーに厚みが増すでしょうし
村の外に知られてはいけない(んだっけ?)的な
案山子の存在を
一番初めに知るとしたら
恐らくこの女でしょうから
まぁやっぱり騒動を起こすのはこの女でしょうなぁ・・・

メガネェ・・・


このアニメの方向性は
詩緒の幼女巫女と
日々乃さんの豊満で主張しすぎなカラダを
楽しむアニメ・・・というわけではなさそうなのですが
それにしても・・・
いや 狙ってるでしょうねw

それにしてもまぁ公式サイトを見る限り
非常にめんどくさそうなキャラクターが
揃っている印象を受けるので(笑)
未だ読めない先の展開は
非常に気になるところではありますねw

テーマ : 神様ドォルズ
ジャンル : アニメ・コミック

Hyper→Highspeed→Genius 明智光理(メフィスト)ルート 感想

HHGの葉月学園編の感想と
HHG自体をプレイした感想を

一応前半部分はネタバレ無しの方向で
後半の追記部分では
ネタバレを存分に
このゲームの感想を



とりあえず
わかりやすい形で
このゲームの感想を

非常に面白かった

正直言って
本当に面白い
最近やったサイトウワールドのゲームでは
「もろびとこぞりて」があるけども
まぁ比較する形にはなってしまうけれども
あちらでは表現しきれていなかった
まさにこれこそ!! っていう
自分の大好きな世界があった感じです

これこれ!!
これを楽しみにしてたのよ!!


光理ルートの感想も書きたいけども
こっちはネタバレ無しでは本当に厳しいので
いや 前までのヒロインも
ネタバレしないで頑張ったら
本当に何の内容もなくなったどうでもいい文章だったので
いや 内容があってもどうでもいいのだけども
そもそも内容なんて無いけども
とりあえずネタバレする方向で感想を書きたいので追記の方で


サイトウワールドの主人公らしい
本当にまっすぐで
そして進む中でどんどん成長していく主人公
久司朗という存在が
理想の主人公・・・というか
まさになれたらカッコいいだろうなぁ という
自分の理想に
また加わりました

理想の主人公ばかり増えて
自分はその主人公みたいになろうと努力はしないし
なれるとも思っていないので
本当にただの理想でしかないのですが
こうなれたらカッコいいなぁ っていう
エセイケメンと言えないほどのイケメンですw


ヒロインもとても魅力的で
主人公だけでなく
ヒロイン達も共に成長していくんですよね

久司朗のおかげで彼女たちは変わり
そして彼女たちのおかげで久司朗も変わる

理想 ともいえる
お互い必要とされ
そしてどちらかが欠けても成り立たないような
そういう関係

お互いがお互いを盛りたてて
そして成長していけるって
カッコいいじゃないですかw


理想の世界だと思うんですよ
正直言って現実の世界ではどうなのよ? っていう世界です
多分久司朗と同じかそれ以上に
さまざまなことで
我々は世界に絶望していると思う

そういう意味では
我々日本人という人種においては
縁が遠いし
本当にみみっちいことに絶望している とは思うけども
まぁ本当に世界を諦めていると思う

そして諦めた世界で
諦めて生きている

だからこそ
そんな絶望した世界の中で
光を見つけて
そして立ち向かっていく
諦めない主人公の久司朗は
本当にカッコよくて
憧れで

いやー
もうホントこういう風になりたいと思いますよね
無理だなぁww


個人的に
そういう意味のカッコいい主人公として
特に良く描かれているルートということで
姫乃ルートはオススメですね

目からハイドロポンプしたのは光理ルートでしたが
久司朗の成長 とか
ヒロインの成長 という意味で
成長が目にわかるように描かれ
そして本人たちにもわかりやすい成長なので
おぉ・・・
報われるものなんだな! って感じで
姫乃ルートは好きですね

まぁ泣きゲー好きの自分としては
やはり光理ルートが最高 というのは
ありますけどもw



というわけで
続きを追記の方で書くか

ここからはネタバレなんで注意
特に記事URLに飛んでる人は
「追記」と表示されずに
そのまま文章が表示されてるので
注意してくださいね


続きを読む

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

花咲くいろは 第15話感想

花いろ第15話の感想を
ネタバレ注意



カスタマーに特化している自分にとって
若干耳の痛い回ではありましたが・・・

緒花もみんちもなこちも勿論良い子なんですが
結名さんも悪い子じゃないんですよね
苦手なタイプであるのには変わらないわけですが


現実問題
客が別の旅館で仲居をやっているからって
どんなにピンチになっても
それを客として来ている人には
手伝わせたりはしないと思うんだ

いや 実際はあるのかもしれないよ?
或いはそういうことが起こったら
それも仕方ないと
そうするのかもしれないけど

まぁ現実味はないですよね
ないけど
なんか口元緩みっぱなしな回でした
見ているほうが恥ずかしいw

まぁ自分がカスタマーに特化しているという
後ろめたさもないと言えば勿論嘘なわけですが
ホントあの娘達カッコいいですよね
そりゃぁ惚れますわw
素晴らしい!!

勿論見えそうで見えないような
でも実は見えてるんじゃないかというお風呂シーンについては
ニコニコでの配信が始まったら
停止ボタン押しまくって凝視してみようと思ってはいますが
あぁなんかこの娘達大人だなぁ と思い
同時にやっぱり自分の人生大丈夫だろうか・・・と
不安になりつつも
やっぱりあんな風にやっていけないし
やろうともしない自分に
少々諦めたというか
どうしようもないなぁ という気持ちになったのでした


今日みたいな回・・・
すごく花いろらしくて
緒花らしくて
すごく好きですねw

テーマ : 花咲くいろは
ジャンル : アニメ・コミック

Hyper→Highspeed→Genius パトリシア・ランカスタールート(水無月) 感想

前の記事からちょっと時間が空きましたが
パティルートの感想を
ネタバレはしないので
内容は皆無w



なぜだかはわからないが
パティルートだけ最後まで行かなかったんだよなぁ・・・

いや バッドエンドとかではないんだけど
何故か途中でタイトルに戻ってしまったというかw

どこかで選択肢押し間違えたのか
いや まぁそんなことはないと思うのだが・・・
いや でも間違えたのかな?

それか途中でアップデートをしたので
その影響なの・・・かな?

いや 多分選択肢がどこか間違っていたんだと思うw


まぁその何故かはじめは見られなかった
エピローグ的なシーンについて
サブヒロインのルートの中では
一番そこに辿り着いた過程が気になるルートだったかもしれない

勿論そうなるということは
わかるのだけれども
そこに至るまでに久司朗達がどのような策をめぐらせ
どう戦ったのかが
非常に気になる感じ

もしかしたらそこをテキスト化しなかったからこそ
いい感じに終われたのかもしれないけれども
気になることに変わりはなく・・・

想像で補完することは
いくらでもできるけれど
やっぱオリジナルではどうだったのか と
他ルートでは無いとてもいい感じの雰囲気だっただけに
そこは残念・・・というわけではないですが
気になる要素が残りましたねw


次はラストの光理(メフィスト)ルート
次は最後というのと
もう発売から随分経ちましたし
ネタバレ盛りだくさんでまとめも一緒にやってしまおうかと

どんな物語が待っているのやら

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

R-15 第1話感想

R-15第1話に関する感想を
ネタバレ注意



タイトルからして
何やら怪しいニオイがプンプンするわけですが
ですけど怪しい人物は
実は犯人では無かった っていうのがセオリーなように
このアニメも
別にうん
やっぱりタイトル通りかそれ以上の内容でしたw

要するに変態オワコン\(^o^)/アニメwwwwww

主人公はポルノ小説作家

いちいちその妄想を
このアニメという媒体を通して
我々に映像として見せてくださる
素晴らしい番組

いやーなんというかうんw
時々入る白いラインが
邪魔で邪魔でしょうがないw


まぁなんというか
ポルノ小説化 というより
とりあえず妄想を我々のためにひけらかしてくださる と言った感じw

最近で言うと
「そふてにっ」のピンクと同等か
それ以上の爆走っぷりと考えられる

要するに重体なんだ・・・


まぁ多分次回から感想は書かないタイプのアニメ
内容は多分皆無 ・・・だと思うw

変態な妄想に付き合って
その映像をガン見したいなら
見てみるべきアニメだと思うw

テーマ : ライトノベル
ジャンル : アニメ・コミック

ロウきゅーぶ! 第2話感想

ロリコン育成あにm・・・じゃなかった
ロウきゅーぶ!第2話の感想を
ネタバレ注意



美星のことが嫌いすぎるのは
自分が自分で何かを出来るだけの力がなくて
そしてそれを得るための努力をしようとも思わないからなのだろうか

てかこの人ミホ姉って言われてるから
昴の姉だと思っていたけども
今公式見たら叔母だったのかw

叔母さんって言ったらどうなるんだろうw

まぁこの叔母さんの何が嫌いかって
男子バスケ部との試合を部員も無視して勝手に受けておいて
その上勝てる実力がないから昴にコーチを頼んだ ってことでしょ?
昴に「逃げるのか?」とか言っておきながら
この叔母さんは勝手に勝負を受けたくせに
その責任を取らずに他人に丸投げしてる

いや これは全く間違ってないと思うんだ
多分超正論だと思うんだ
この叔母さん自分勝手すぎるでしょ
え 何アンタ偉そうなこと言う資格ないでしょ
女子バスケ部の廃部賭けておいて
他人に丸投げした挙句
頼むことも全くしないって
なんですかもう(いやー このセリフ好きですw このアニメと全然全くこれっぽっちも関係ないけど)

アニメのキャラに
なにキレてんだwwwww
って感じですが
まーでもこういう楽しみ方が好きってことだな
アニメやマンガラノベのキャラだろうと
本気で好きになるし
本気で嫌いになる
勿論2次元と3次元の区別くらいはつけてますが
その上でそのアニメ、マンガ、ラノベを好きになる
或いは逆もあったりするかもしれないが


結局今回の内容は
叔母さんの嫌いな点を挙げるだけで
すべてネタバレになってしまいましたねw

男子バスケ部に負けたら廃部になってしまうから
もう女の子達は絶対に負けられないし
昴にかけるしかなかったんですね


しかしメインヒロインの智花ちゃんは
かなり厳しい世界を生きてるのね・・・

強すぎる
真面目すぎる
必至すぎる っていうのも
考え物だな

周りがそれについていけなければ
ただの異端者でしかない ってことか

自分はそういう部分で異端者になりえることはないけれど
そういう異端者を嫌う側の人間として
凄くわかる気がする

そうやって嫌われていった中で
新しい仲間と出会い
それだけじゃいけないと気付けた っていうのが
小6とは思えないほど
なんか自分なんかよりずっと大人だなw


クソッ
ロリキャラには興味はないんだ
ストーリーが面白いから見るんだぜ!!

フリか? って感じですが
いやー ロリには興味無いんだな これが本当にw

3歳児だろうと
胎児だろうと
いわゆる普通の女性くらいの身長があり
そして個人的におっぱいはDくらいがベストで
そんで可愛ければ
まぁいいんだけど
そんなのいるわけないしw

逆にいえば
20歳の可愛い女の子でも
ロリ体系だとダメなんだなーこれがw

あれ
いつのまに書き込んだんだろう俺


まぁでも純粋に可愛いと思うことは罪ではないと思うんだ
可愛い女の子達が
バスケを通じて成長していくアニメ

これは普通に面白いし
これからも面白くあってほしいと期待したいと思う

テーマ : ロウきゅーぶ!
ジャンル : アニメ・コミック

劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神(エンジェロイド) 感想2

劇場版そらのおとしものの2回目
昨日の夜行ってきました
そして「裏話聞けます??? In 角川シネマ新宿」の回だったので
その感想も

てか前回の記事今見てると否定的なことばっかだなw
面白いのにw

今回はもう公開から時間経ったし
好き放題ネタバレをする予定なので
ネタバレが嫌な人はブラウザバックですね



とりあえずまずはトークショーの方の感想から

まず言いたいのは
鈴木さん変態だなwwwwwww

いや あの人ああいうキャラだと思わなかったw

このトークイベントの内容は
なにかの特典DVDとかでついてくる可能性があったり
するかもしれないらしいのですが
まぁないなw
多分ないw

声優さんのトークって
どこまでが流してOKなんだろうか?

いやーでもぶっちゃけイケメンの鈴木さんなわけで
色々とイメージとかあるだろうし

時が止まるAVの話とか
そういうのは全部カットだろうなぁ~w

19時40分の回で
映画が90分
若干おしてたみたいだから
まぁものすごいおしたとして
20時に映画が始まったとしても
上映が終わったのは21時半のはず

その後がトークイベントだったわけですが
てっきり22時くらいに終わるのかなぁ とか思っていたのですが
終わったのは23時!!
予想外でしたねw

もともとその予定だったみたいですが
終了時刻がどこにも書いてなかったので
意外とたっぷりの時間面白い話を聞くことが出来て
すごく充実した時間でした

とりあえずなんか一番期待できるししたいのは
そらおとの第3期かなぁ

なんか角川的な大人の事情
そらおとはもう2期もやって映画もやったんだし
沢山出てくる新作のラノベとかそういうのをアニメ化しようぜ
的なのがあるらしいですが
いやー 仮面Pがなんとかしてくれるでしょw
という期待感が大きくなる感じでしたねw

なんか仮面Pは出来る男のような気がしますし

でもまぁその流れだと
ゾンビもまぁ2期決まりましたけど
映画化! 3期! とか
なかなか難しいでしょうし
そらおとが3期あるかって言うと
やっぱり難しいんでしょうが
期待せず期待する感じで待ってたいと思いますw


↓以下存分にネタバレ


まぁ映画の方は
2回目見たほうが一層面白いですねw

というより
最近アニメとかラノベでもそうなんですけども
2回目が面白い

これはよくないことなのかもしれないけども
1回目では余裕を持って見ることが出来ず
すべてを掴み切れてないってことですし

2回見たからと言って
すべてを掴んだわけでもないですし
それが3回になろうと4回になろうと
すべてを掴めるわけでもないですが
ただ2回目は内容を知っている分
細かい映像とかそういう部分を意識して
見ることが出来ますよね

具体例をあげてしまえば
1回目に見た時は
はじめの合体シーンでのニンフの足プルプル
お プルッてるよね? よね?
見たいな感じですが
2回目は
プルッってんなーwwwwwwwww
って感じ

良くわからないですか
そうですかw


原作での日和は
タイプΖとして地上にやってきて
そしてイカロス達と戦って
意識は取り戻すことが出来て
そしてすべてが元通り・・・とまではいかないけれど
元通りの生活に戻ることが出来た

そしてその後は
ちょっと目立つモブキャラ的な立ち位置

けど映画は
設定された時限装置により
意識を取り戻した後消滅

今まで場当たり的ではあったとはいえ
原作でも(少なくとも12巻までの時点で)アニメでも
まぁ あれだ
セイレーンとかいうあまりにもカワイソスな人はいた気がするけど
少なくとも智樹周辺で
救うことが出来なかった人はいなかった

それがこの映画で初めて
救うことが出来なかった存在日和

心は救うことが出来たのかもしれない
自分の想いを智樹に伝え
エンジェロイドとなっても意識を取り戻せたし
自分の大好きな人をイカロスに託すことが出来た

前も言ったけど
あくまで超第三者的立場から見た時
「おおお 最後に報われて良かったね;;」という感動が得られるわけで
智樹的立場で考えた時
彼は救うって約束したのに救えなかったことや
まぁこれは想像でしかないけども
あの時あーしていたらあーなっていたかも
みたいなことも
考えるのかもしれない

最近のアニメやマンガ、ラノベに
未来だとか過去だとか平行世界だとか
そういうたぐいの物が多いので
そういう考えに至ってしまう というのもあるのだが。。

まぁでもそもそも映画とマンガじゃ違う世界なので
何とも言えないけど
もしマンガ通り動いていたら
映画で日和は死なずに済んだかもしれないんだ とか

マンガも映画も創作物なので
そんなことありえるわけがなくて
あり得るとしたら製作者サイドが
そうした ってだけの話なんだけど
どう動くか決まっている創作物の世界に生きる住民たちの
視聴者側の想像によって作られる感情やなんかを考えた時
やっぱこの映画そらおとは
切なくて感動するストーリーではあるのだけれど
なによりもやっぱり悲しいストーリーだな と

映画の宣伝で
「悲しい運命にとらわれた日和を救うことは出来るのだろうか」とか
そんな感じだったと思うんですが
エンジェロイドになっても
マンガみたいになっていればやっぱそれは「救えた」でいいだろう

でも今回の映画は
第三者的には心を救うことは出来たし
最後は消えてしまったけど
でもやっぱり「救えた」んじゃないかなぁ とか思いつつ
あるはずがないけれど
でも我々の想像によって作り出される智樹達の感情を考えた時
でもやっぱり「救えなかった」と思うんだ

なによりも日和がどう思ったかが重要だとは思うのだけれど
イカロスに智樹を託したからって
消えたかったわけじゃないし
当然消えないほうがよかったと思うに決まってる

例え智樹の恋愛的な気持ちが
日和に向いていなくても
智樹や日和の性格を考えたら
お互い嫌えるはずもないし
日和だってずっと智樹を眺めて
そして少しでも関わっていたかったに決まってる

おぉう・・・
そう考えるともう悲しすぎるんだこの物語

制作者に縛られ
絶対に救われることのない物語だけども
でも救われてほしかったなぁ・・・


あれ
前もこんな話したなw

そんなわけで
3期期待しつつも
日和は消滅してしまいましたし
カオスは原作ではまだ戦闘中(12巻時点)なわけですよね

そしたらおや
そらおとの魅力でもあるシリアスな話が
ない・・・だと・・・?

そらおとファンとしては全く期待していないけど
そらおとのキャラのファンとしては
日和復活編!! みたいなのも
あってもいいかなぁ とか思ったり

あくまで日和は消滅であり
死んだかどうかは不明ですが
なんか物語としては
ここで日和が何事もなかった感じで戻ってきても
なんかそれは違う気がするんですよね

ただ日和や智樹のことを考えた時
実は生きていて・・・! みたいなことも
あってもいいんじゃないかなぁ とか
あぁ・・・
でもこれは自分の脳の中の想像するストーリーで描くのが正解かな

一度失ったものは二度と元に戻らないのも
意外と重要な要素だと思うのです


なんか脱線し放題な感じでしたが
結局やっぱり面白かったのです

でも満足はしてませんけどねw
あのシーンやあのシーンも欲しかった!
なんて言い出せばキリはないですし
勿論主に前半部分の総集編の物足りなさは大いにありましたし
いやー あれアニメ12話分全部そのままの枠で作り直していたら
どれだけよかっただろうなぁ~とか(無理ですが)
そんなこともキリはないわけです

でも満足してないからこそ
やっぱり次があると思うので
原作含めてどんな面白くて
そして感動する物語がこれから繰り広げられるのか
楽しみにしていたいと思います

テーマ : そらのおとしもの
ジャンル : アニメ・コミック

神様のメモ帳 第1話感想

神様のメモ帳第1話の感想を
ネタバレ注意



つい最近まで
本という物を読み始めるまでに高いハードルがある
という話は
まぁ随分前にしたと思うのだが
電車の中とか授業中とかに本を読むようになり
これはやっぱりアニメの影響なのかな と思う

ラノベにしろマンガにしろ他の物にしろ
原作のあるアニメが大半を占める

勿論原作ファンと言われる方々の中には
安易ともとれるこの様々な原作によって生み出されるアニメに
大きな不快感を持っている人も多いとは思うのだが

原作の良さが全く無視されている とか
世界観が違う とか
どっちも似たようなものではあるが
そういうのとか

原作が好きすぎて
アニメをちゃんと見れていない って人も多いとは思うけどね
自分では気付けないから
自分もそうなんじゃないか と思うことは
多々あるけども

アリアとか結構文句言いまくったしなぁw
まぁ結果的に中々良かったと思えたのでどうでもよいのですが

とにかくそういう様々なジャンルからの
アニメ化が加速する中で
中には当然批判的な人もいれば
自分のように本と触れ合う機会を作ってくれたということで
結構いいんじゃないかな とか思っている人間もいてみたり

つい最近まで本当に本というものを読まなかったので
今こうしていわゆるラノベというジャンルしか読まないものの
活字が非常に多い所謂本というやつを手に取るというのは
以前の自分には考えられなかったことだ

それはアニメが単純に面白いからだったり
展開が興味深かったり
続きが気になったり
理由は様々だが
活字の世界に放りこんでくれたアニメには
とても感謝している

まぁ結局何が言いたいか というと
神様のメモ帳の原作も
読んでみたいなぁ・・・とかw


自分の好きなラノベに
101番目とかギャルゲヱとかアリアとかこれゾンとか
まぁ他にもいくつも読んできたラノベはそこそこの数になってきましたが
今考えてみるとバトルが関係してくるものって多いですよね
いや 上に挙げたのは
わざとバトルが絡んでくるものを選んで挙げているので
当然ではあるのですが
割合的にそういうたぐいのものが多かった気がする

勿論そうでないものも読んでいたりはする

この神様のメモ帳というアニメ
原作がラノベであり
恐らくそれをもとに作られ
そして世界観もかなり近いものとして作られていると仮定したときに
なんかかなり新鮮な感じがした

いや うーん
でもバトル物と言えばバトル物なのかもしれないな とも
今こうして書いていて思い始めてみたり

ただ直接的戦闘より
知的な戦闘がメイン という印象
あぁ・・・
そういう意味では101番目やギャルゲヱなんかも知的な戦闘だろうか?
うーむ
いや 多分あれだな
ファンタジー要素を削ってるんだな
この神様のメモ帳という世界は

(ニート)探偵といえば
やはり論理的に導き出された物のみを信じ
そこにはそうでないファンタジーな要素なんて
これっぽっちも入り込む余地なんてないだろうから

つーかニート探偵ってなんだw


内容的には
かなり切なくさびしい内容メインなのだろうか

声優はるるんだー わーい とか歓喜しつつ
そのキャラクターは死に
おおう そういうアニメなのか・・・ と理解

ちゃっちい子供のお遊び探偵のような感じではなく
本格的なのかどうかは知らないし
もはやトリックとかそういうのとかはどう考えてもわからないから
救いようはないのだが
少なくともアリス達が住む神様のメモ帳という世界において
彼女たちは本当に探偵をやっているらしい

なんかバカバカしいやつらではあるが
そこにお遊びという意識はこれっぽっちもないし
それはもうきっと大真面目で
必死なのだろう


それにしても
最近は世界に絶望しているような主人公のアニメが多いなぁ
やはりこれも現実世界における我々が
この世界に飽きてきている ということなのだろうか

とか
そんなことを考えつつ
神様ってつくアニメ多いなぁ
やはり神様っているかどうかはまぁいないだろうとか思っているけど
にもかかわらず人とは切り離せない存在だな とか思いつつ

なんか感想になってないけど
今回はこれで

テーマ : 神様のメモ帳
ジャンル : アニメ・コミック

まよチキ! 第1話感想

まよチキ! 第1話の感想を
ネタバレ注意



ラッキースケベという言葉が
世の中には存在する

その名のごとく
予測不能な偶然によってもたらされる
夢のような一瞬のことだ

だがしかし自分は生まれて此の方
ラッキースケベというものに巡り合ったことが無い

なぜだ?!

クソッ
ラノベの主人公はみんなラッキースケベを
毎日のように楽しんでいやがる・・・

羨ましすぎるぜ!!!!!!!


原作は読んだこと無いですが
名前くらいは有名なので知っている感じ

どうやらメインヒロインはドSなお嬢様である奏の執事のスバルだろうか

主人公は女の子に触れられると
鼻血が出るという可哀想な体質

だがまぁラッキースケベを沢山得てるんだから
別にそれくらいいいだろう
ざまあみろwwwww


女なのに男として執事をやっており
そのことが誰かにばれたらクビになる
それをさせないために奏お嬢様が主人公のチキンを脅し・・・

いやぁ・・・
脅されたいなぁ
手錠で拘束されて虐められたいw

なんだ
俺Mだったのか

いやー
美少女に虐められるって夢ですよね

なんなんだチキン羨ましいなw


チキンこと近次郎の女の子に触れられると鼻血を出すという体質を克服する
という交換条件が
奏から出されたことを考えると
メインヒロインはスバルなんでしょう

いや 別にいいよ
俺奏お嬢様にしか興味無いしwwwwwwww

やべー
虐められてーwwwwwwww

黒髪ロング最高だよw

あの特徴的な髪形も凄くいいねw
スタイルもいいしwwww
顔も可愛いしwwwwww
すげえ良い性格してるしwwwwww


格闘技に精通してる
近次郎の妹の紅羽も気になりますね

兄のことを「兄さん」と呼ぶ・・・
やっぱ「兄さん」が最高だよなぁ・・・!


そんなわけでかなり俺得のアニメとなりそうです
これは・・・素晴らしいw

原作も読んでみたいですね
買っちゃおうかなぁ~

テーマ : まよチキ!
ジャンル : アニメ・コミック

アイドルマスター 第1話感想

アニメ「アイドルマスター」第1話の感想を
ネタバレ注意



大人気ゲームからのアニメ化ですね
基本的にゲームをやらない自分(ポケモンとエロゲ、あとは歴史物くらいか)は
勿論やったことないわけだが。。


今日は時間がずれていたこともあり
被らなかったわけですが
裏番組でフジテレビの方でNO.6というのがやっているようで

自分はまぁNO.6を見てしまったら
続きが気になってたまらなくなると思い
見なかったのですが
見た弟曰くNO.6は面白いらしい

知名度の高さは圧倒的にアイマスだろうけど
さて どうなることやら・・・


と いうのも
アイマスは初回での掴みに失敗した感が否めない

いや これは勿論個人としての感想であり
他の人がどうだったかはわからないのだが・・・

第1話はP視点で
かつPの音声はなし

下にテキストで言葉が表示されるあたり
まさにギャルゲーやノベルゲーのような
そういった感じ

始まった時こそ新鮮であったが
内容が登場人物の自己紹介に終始するというもので
正直かったるくなってしまった

登場人物を全然知らない自分でさえかったるいのに
もともとアイマスを知ってる人はどう思ったのだろうか?

キャラクターのプロフィールやなんかは
事前に公式HPでPVやらテキストやらで
置いておいた方が良かったのではないだろうか?

と 思ったのでした


だからまぁ正直言って
第1話は面白くはなかった

登場人物が多いので
結局あんなに自己紹介してもらっても
何も覚えられなかった・・・ というのもあるがw

ただ本当にヒロインが多いので
これからの展開がどうなるのか気になるところですね

限られた話数の中でどうまとめるのか

まぁ弟がどうしてもNO.6を見たいといわない限り
アイマスを見ていこうとは思っているので
次回以降面白い展開を期待


しかしPに声が入った時・・・
感動したなw

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : アニメ・コミック

うさぎドロップ 第1話感想

うさぎドロップ第1話の感想を
ネタバレ注意



小説が原作? と思われる作品

なんかとても生々しい言動が多い初回でしたね


お通夜があまりにリアルすぎる
ああいう子供いるいる っていう感じw
そしてああいう親もいるいる っていう感じw

ただ爺さんよ・・・
初回から死んでいるってどういうことだw
しかも隠し子がいるって
生前どんだけあらぶっていたんだwww


自分の祖父の残した隠し子の6歳女の子りんとの日常を描いた
物語になりそうな予感? なストーリー


それにしても自分が30歳
おばが6歳って・・・:;
中々に凄い展開ですよね

それにしても だ
りんを誰が引き取るかで揉める大人たちが
とても生々しい

誰も引き取りたくないからと押し付け合い
最終的には施設に・・・ という展開が
人間社会の嫌な部分まるだしでしたな・・・

そんな中引き取ることを決めた
主人公のおっさん(30)は
すげぇカッコよかった

見た目は冴えないおっさんだし
中身も冴えなさそうなおっさんだけど
引き取るということを決めた時のカッコよさは異常でしたねw


どういう内容で
どういうことを最終目標に
そして何を伝えたいのか

まだハッキリとはしていませんが
これは面白そうなアニメですね

期待度はかなり高いです

テーマ : うさぎドロップ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

孟起

Author:孟起
ポケモンとは初代からの付き合いです
Wiiを購入したので「@もうき」「@feng」でランダムバトル潜っています
Webラジオには「ぴろりん」で投稿しています
交流してくださる方がいましたらどうぞよろしくお願いします
何かわからないことがあればカテゴリの「はじめに・ブログの説明」をどうぞ

【Skype】
ID:moukisky

【ニコニコミュニティ】世界を護るために
co349825

【友達コード】
ポケモン バトレボ:3567-3422-5203
ポケモン ハートゴールド:3223-4836-9249
ポケモン プラチナ:5112-9054-1063

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
Twitter
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。