スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界線上のホライゾン 第5話感想

境界線上のホライゾン第5話の感想を
ネタバレ注意



自分の口癖に「よくわからない」というのがあるのですが
まぁあまり好かれる口癖では無いと思うのです
考えることを放棄し
割とすべてを放り投げる言葉ですからねw

とはいえ敢えて言わせてもらいますが
「よくわからないwwwwww」


ただまたこれも自分の中では真実なのですが
非常に面白い

特にこの第5話ですが
今期放送中のアニメで見た1話1話の中で
最も興奮した1話でした

面白かった~ と言えるアニメ(この場合のアニメとは1話の区切りに置いて)の大半は
OPを見てからEDを見るまでの30分(実際にはCMなどで25分有るか無いかですが)が
すごい勢いで過ぎ去っていくものなんですよね

ただこのホライゾンの第5話に関しては
1本の映画を見た後のような充実感が
見終わった後にやってきまして

ぶっちゃけ大罪武装とか神格武装がなんなのか意味不明ですし
なんで登場人物が戦国時代の人物の名前を名乗っているのかも
いまいちわかって無いですし
ホライゾンがどういう立ち位置なのか意味不明ですし
それを調べるつもりも今のところ全くないんですが
だから「おまえそれはこの物語を理解しているのか?」と問われれば
間違いなく「わかってない」なわけですけども
それでもこの5話はヤバかった
素晴らしかった


とりあえずすべての内容を
調べたりすること無く
最後まで見て楽しみたいと思いますね

それでも何もわからなかったら
それから原作を読むなりしたいと思う


物語的には
次回からは
トーリはただおちゃらけているだけの主人公ではいられなくなっちゃうのかな?

少なくともこの第5話から
明らかに物語が動き始めたことは確かですし
6話以降空気はガラッと変わる気がする

当初は「トーリの目つき口元嫌いだわー・・・」という感じで
楽しめるか不安でしたが
なんというかこの5話で一気に来ましたねw

次回以降が楽しみで仕方ありませんw
スポンサーサイト

テーマ : 境界線上のホライゾン
ジャンル : アニメ・コミック

シーキューブ 第5話感想

シーキューブ第5話の感想を
ネタバレ注意



うぅむ
何故なんだろう・・・
何故かこのシーキューブ(以後C3)というアニメは
世間受けが悪いですよね・・・

ストーリーそのものが気にいられていないのであれば
原作だってそれは該当することなので
多分アニメC3が気にいられていない ということなのでしょうが

C3が面白くないと感じる人が
どのような理由でそう感じているかが知りたいですね
とても興味があるところですw


そんなわけで世間的にはあまり評価の高くないこのアニメですが
個人的評価はかなり高めです

第5話では新たにヒロインである錐霞が
物語の根幹にかかわる部分に関わってきましたし
ほら なんていうの?
彼女の禍具がエロエロな下着という特性上
ほら いやー なんというかムフフwwwww

錐霞の口癖の「馬鹿げている!!」も個人的にはツボですよね
彼女のような可愛い女の子に
怒られたいですw


ストーリーの方も
一応初めての敵というものを
撃退した形になりましたね

人によって生み出された道具が
人によって呪いを受けて出来た禍具
呪いと言われて良いイメージはないわけで
実際今までのストーリーでも
マミーメーカーは死んでいたりと
そのストーリー自体が暗いもので
そしてこれからもそういう物語が続くはずです

呪いに対する禍具の受け止め方
呪いに対する人間の受け止め方
それは人(人間も禍具も含めて)それぞれであり
お互いそれを受け入れることなんてできない

相容れぬ二つの物が合わされば
爆発し争いに発展する

ただそんな中にも日常は存在して
それは学校であったりするわけですが
そんな中で必死に生きるフィア達の表情一つ一つが
見事に表現されていると思うのです
それは絵的にも声的にも

まぁ多少極端ではあるとは思いますけどねw


というわけで
これからもC3を自分は推していこうと思いますw
まぁ他にも面白いアニメはいっぱいありますし
推していくのはこのアニメだけではないですけどねw

テーマ : C3-シーキューブ-
ジャンル : アニメ・コミック

Fate/Zero 第5話感想

Fate/Zero第5話の感想を
ネタバレ注意



ライダー空気読めやあああ!!!!!!!
という感じは否めないものの
最終的には「ライダー良くやったb」的な印象になっていたのが悔しい

いや おまえさえ出てこなければ
こういうめんどくさい状況にはならなかったんじゃ・・・w


マスターとサーヴァントの想いの方向性が
一致しているわけではないのが
このアニメの面白いところですよね

3回だけ問答無用でサーヴァントに言うことを聞かせることが出来る
3回使えばサーヴァントは
完全に好き勝手できるってことですからね

マスターはサーヴァントがいなければ何もできないようなものだが
かといってサーヴァントはマスターがいるからこそ存在出来る
しかしその想いは一致しない

聖杯という共通の目標の為だけに
異なる思想を持った二人が組んで戦う

お互いの思惑が交錯して
ただどちらも譲れないものがあって

そういう人間模様が面白いですよねw


戦闘シーンもカッコいい
あとはセイバーの剣が覚醒したらな~w

見えない剣は強いし凄いですが
でもやっぱりただ見物する側としては
見える剣で派手に戦ってもらいたいものですw


次回はランサーとセイバーの勝負になるのかな・・・?
とはいえキャスターが乱入してきそうな雰囲気ですよね
セイバーとの間に
何かしらの因縁がありそうですし・・・


今を生きる人間たちの間にある何かしらの繋がりだけでなく
過去から呼び起されたサーヴァントたちの間にも
何かしらの繋がりがあるんですね

複雑に絡み合うその繋がりの糸が
また面白いんだよなぁ~w


ストーリーから戦闘シーンなんかも含めたアニメとしての描写まで
今期一番のアニメは
間違いなくこのFate/Zeroだと思います

面白い

テーマ : Fate/Zero
ジャンル : アニメ・コミック

ましろ色シンフォニー 第3話感想

ましろ第3話の感想を
ネタバレ注意



ましろ色シンフォニーも
もう3話放送されましたね

放送内容はほぼ原作通りの感じ
勿論大幅なカットはありますし
或いは若干の相違点なんかもあったりはしますが
物語に影響のない部分での差
完全に同じ道を進んでいますね


今回の3話で
クメマート内でのフラグ立てイベントがありましたよね

桜乃、アンジェ、みう先輩の3人の
誰と一緒にスーパーの中を回るか・・・

原作であれば当然その中の誰かを選び
それがその後のヒロイン選択に大きな影響を与えるわけです

だからこそこのイベントが来た時
「お フラグを立てちゃうのか!!」と
ドキドキしたわけですが・・・

見事にしてやられちゃいましたねw
誰のフラグを立てたかは
アニメ内では放送されない・・・ とw

想像で補完・・・というよりも
今後の展開で判明しますよ! ってことなのか

或いは愛理、紗凪に関しては特殊なことを考えると
その二人である可能性も・・・

結局この3話では
誰ルートに進むのか
なにも判明しなかったわけですw


原作をプレイした一人の人間としての意見を言えば
かなり納得の出来ですよね このアニメは

やっぱりカットしてある部分も多いので
そういったところは物足りなさを感じてしまいますが
それでもキャラクターの顔、特に笑顔
その中でも特にぱんにゃがなぁ~w
たまらないですよねwwww

ぱんにゃの為にも
みう先輩ルート行ってもらいたいなぁ~ なんてw
さてどうなることやら・・・


しかし・・・
自然とイケメンな台詞を言うことが出来る新吾は
やっぱりイケメンだよなぁ~・・・
見た目だけでなく性格が

なんというか
損得とか考えることなく
本当に自然に口にできるところが凄い

テーマ : ましろ色シンフォニー
ジャンル : アニメ・コミック

灼眼のシャナ3-FINAL- 第2話感想

灼眼のシャナFの感想を
ネタバレ注意



やっばいわかんねえw
結局悠二は生きてるのか?
生きてるっていうのは
悠二の意志が機能しているかどうか という意味で

なんか悠二っぽい人の中には
二人いるみたいだし
実際声も二人分ありましたよね

でも悠二の意志は死んでる的なことを
言ってたような言ってなかったような

悠二はただ単に
敵に乗っ取られてしまっただけなのか?
むぅわからん・・・


シャナの原作って
いつの間にか完結してたんですね

自分は原作を読んでいない人間ですが
アニメ3期の方は
中々に面白い気になる展開になってきていますし
これで面白かったら
原作を読んでみてもいいかもしれませんね


しかし主人公が主人公サイドで行動しないアニメとか・・・
個人的には中々良いと思うんですけどねぇ(いつ天アニメのほうを見ながら)

なんかアニメはもっと
ごっちゃごっちゃした感じにしたものも
出していっていい気がする

敵か味方かの二つのサイドだけじゃなくて
なんかその二つがごっちゃになった
混沌さみたいなのとか

人間いいことばかりして
生きていくなんて無理な話ですからね~ とか
そんなこと思ったり


とりあえずシャナ3は
かなり面白いと思いますw

テーマ : 灼眼のシャナ
ジャンル : アニメ・コミック

僕は友達が少ない 第2話感想

僕は友達が少ない第2話の感想を
ネタバレ注意



ものすっごく面白いw
いや まだ2話目を見ただけなので
今後どうなるかはわかりませんが
少なくとも2話に関しては
アニメ化して大正解だったと思いますw


原作でもあったモン狩とギャルゲーの回でしたが
やっぱり原作と圧倒的に違う点として
作中に登場するゲームの画面を
劇中で再現出来てしまう ということ

しかも小鷹や夜空、星奈の姿をキャラクターに投影したりと
もうアニメならでは! と言った感じ

内容的には原作と同じでしたが
ゲーム内でお互いを殺し合う夜空と星奈の表情がもうwwww

ネタを知っているにもかかわらず
声をあげて笑ってしまうなんて
いや うん 本当に面白いwwwwww


エロ要素に関しても
夜空の尻がやばかった・・・w

なんかほら
むにむにな感じが出てて
なんか触り心地よさそうな感じw
タマラン・・・


CMも凝ってましたよねw
モンハンをやったことがないので
詳しくは知りませんが
それでもこんがり肉的なものを
ああやって焼くくらいはしってるわけですよw

そしてぶら下がっている肉(星奈)・・・

劇中で出てきたギャルゲーの宣伝CMもありましたし
もうお遊び感が素晴らしい!

大体CMの時って
トイレに行ったり
或いははやくCM終わらないかなぁ~ とか
そう思うことが多いわけですが
もうこのアニメに関しては
CMも笑えてしまってw
最高ですねwwww


そんなわけで
この文章の興奮度を見ていただければ
アニメはがないが
自分の中では相当ハマった ということが
わかっていただけると思います

多分今期コメディ系アニメの中で
一番面白いんじゃないかな?(勿論2話の時点ですがw)

これは3話以降も大いに期待できそうです!!!!

テーマ : 僕は友達が少ない
ジャンル : アニメ・コミック

ギルティクラウン 第1話感想

ギルティクラウン第1話の感想を
ネタバレ注意



ヒロインの服装とか
目隠しされたりとか
胸に手を突っ込んで剣を引き出すとか
なんかさまざまなシーンがエロいw

作画なんかも
自分の好きなタイプの感じですし
映像方面なんかからでも
かなりの好印象のアニメ


ただ設定が本当によくわからないんですよね

主人公の集は
ヒロインのいのりとはたまたま偶然出会い
多分初対面みたいな感じなんですよね?

その偶然出会ったいのりが
政府だかなんだかの軍に追われていて
テロリスト呼ばわりされている

そして軍に連行されていったときに
何もしなかった集のことを
いのりの仲間と思われるイケメンの涯は
「いのりのことを見捨てた」と言った

いやだって常識的に考えて
テロリスト呼ばわりされてる人のことを助ける義務ないし
むしろ助けないほうが正しいしw

ってなことを考えると
まぁ結局集はいおりを助けたわけですし
自分が把握しきれていない設定がかなりあるのかなぁ と

いや だって・・・
普通どう考えてもテロリストには味方しないでしょ・・・


そんなわけでかなり謎が多い設定ではありますが
キャラのデザインは好みですし
バトル物みたいですし
映像も綺麗だし
なかなか期待は出来るんじゃないでしょうか?

まだ1話だけではハッキリとしたことは言えませんが
その1話が好印象だったことは間違いないです


にしてもいのりのあの服装どうにかならんのかw
全身をぺろぺろしたいwwwww

テーマ : ギルティクラウン
ジャンル : アニメ・コミック

UN-GO 第1話感想

UN-GO第1話の感想を
ネタバレ注意



探偵物のアニメのようですね

ヒロインなのか主人公なのか
いまいちハッキリはしませんが
梨江の父と新十郎、因果のコンビとの
探偵対決・・・みたいな構図なのだろうか?

父の麟六は
真実を解き明かしているのではなくて
真実を捻じ曲げて
まぁ世間が納得するような形に
おさめている感じなんでしょうかね?

それに気付いてしまったからこそ
真実を見つけ出していた
新十郎についていこうとする
と言った感じなのだろうか?


1話目の印象としては
まず推理物として見るならば
レベルはかなり低いと思う

深夜アニメではないけれども
やはり探偵物のアニメと言えば
バーローの人や
じっちゃんの名にかけての人だったりが
有名だと思いますが
それに比べると
明らかにそれは劣る


キャラクターの設定としては
まだわからないところが多い

因果は二重人格的ななにかなのだろうか?
そして裏の人格っぽいお姉さんの姿になると
相手に質問を一つ必ず答えさせることが出来る
そんな能力だって言ってましたよね?(自信がないw)


因果の能力は
事件を起こした犯人が
どういう考えを持ってそれを起こしたのか
それを解くことに使われるのだろうか?
実際1話目はそうだったわけですし

ただそれだけだと何も新しくはない
一般的な探偵物の物語では
因果のような存在がいなくとも
勝手に犯人が自白して背後関係を暴露してくれる
その暴露をただ因果という存在の能力で晒すだけだというのなら
他の探偵アニメと何も変わらない
ただ形だけのパフォーマンスに終わってしまう

だから
次回の放送でどうなるかはわかりませんが
他の推理アニメにはない因果というアブノーマルな存在を
もっと新しい角度で使ってほしいなぁ と
そう思います


推理やトリックで勝負するのか
或いは犯人という人間の中の物で勝負するのか
ハッキリさせないと
ちょっと中途半端に終わってしまいそう

テーマ : UN-GO
ジャンル : アニメ・コミック

マケン姫っ! 第2話感想

マケン姫っ! の第1話、第2話の感想を
ネタバレ注意



おっぱいアニメである
まぁこれが結論だとは思うのだがw

おっぱいという意味では
個人的にこのアニメの登場人物は
あまり好きでは無いですね・・・

なんていうの?
おっぱいの形的な問題で
好みじゃないというか

なんか新幹線みたいに飛び出てる形のおっぱいって
あまり好きになれないのよねw

あとはそうですね・・・
主人公が筋肉質メガネ
これも個人的に好かない要素の一つではある
うぅむ・・・

登場人物の女の子の属性に関しては
典型的なツンデレから
委員長タイプのお姉さんだったり
とことん尽くしてくれる娘だったり
王道といえばその通りですが
いるべき属性がいる と言った感じで
なかなか良いのではないかなぁ と


まぁちょっと厳し眼にはなってしまいましたが
上記のように
登場人物的要素に関しては
正直自分の好みからは
かけ離れている と
そう言わざるを得ないですね

ストーリーの方は
これに関してはまだ主人公の能力が開花していないので
いや 開花するのかどうかはわかりませんが
そういった意味でまだあまり展開はしていないかも

とはいえ
女の子3人と同室で暮らす とか
なにやら超能力めいたものでバトルする とか
自分の大好きな中二要素は満載されている予感

果たしてそれが
どの程度まで物語を盛り上げてくれるのか
登場人物の分(あくまで個人的意見)も
頑張ってもらいたいところですねw


あとはそうだな・・・
くまパンも好みでは無かったりするw

テーマ : マケン姫っ!
ジャンル : アニメ・コミック

未来日記 第1話感想

未来日記第1話の感想を
ネタバレ注意



冒頭から死人が続出するという
異常な展開

話の内容は
未来を日記という形で見通せるようになった12人が
時期時空王を目指してサバイバルゲーム(殺し合い)をする というもの


これも人を試す系の物語なのだろうか?

明らかに表情や言動ががその異常さの片鱗を見せつけているような
ヒロイン「由乃」は
主人公の「雪輝」同様未来日記の所有者のようですが
雪輝を助ける気満々のようですね

とはいえサバイバルゲームというのものは
基本的に一人になるまでやるものですからね・・・

そしてそういった追い込まれた状況に置いて
人を信じることが出来るか っていうのが
この手の物語のテーマになっていることも
多々あるわけで

まぁその辺りは
今後物語が進んでいく上で
判明していくと思われますが


明らかに暗い内容のアニメ対応の作画
多分この物語に置いては
コメディ展開やエロエロ展開はない気がする

ただサバイバルゲームを勝ち抜いていくだけの物語では
芸がないので
やはりそこになんらかのメッセージが込められているとは思うのですが
一体どんな内容になっているんでしょうかね?

まだ1話の部分では
今後主人公が飲み込まれていくゲームの概要が説明されただけですが
恐らく1話に一人くらいのペースで
戦っていくことになるんでしょう

まぁまだ面白いかどうかはわかりませんが
気になる展開であるアニメであることは
間違いないですねw

テーマ : 未来日記
ジャンル : アニメ・コミック

ベン・トー 第1話感想

アニメ「ベン・トー」第1話の感想を
ネタバレ注意



OP前にテレビの画面に流れるプロローグ
主人公の中の人はどうやら下野紘さんらしい ということがわかる

そして流れるOP
ここまで来て悟る

あぁ・・・
こいつぁクソアニメ(褒め言葉)だ・・・とw


ここで言うクソアニメというのは
内容がつまらないものに対していう言葉では無くて
とりあえず何から何までぶっ飛んでるアニメのことを言う と
まぁ曖昧な定義付けというか
そもそも定義にすらなっていないのだし
あくまで自分の中で勝手に定めた曖昧な基準でしかないのだが
とにかく設定がおかしいw

現実世界と比べた場合
おかしな設定なんて創作の世界にはいくらでもある

創作の世界では有り触れた力である魔法といった類のものは勿論そうだし
主人公の周りに可愛い女の子があり触れてるといった
まぁそういった展開だってそうだ

しかし・・・だな・・・

スーパーの中の弁当コーナーで
半額シールが貼られた弁当に群がった人間たちが
それを求めて殴り合うといった展開がどこにある!!

「いや ここにあるから」とか
そんな突っ込みは最早どうでもいい

即ちこの口では説明できないが
明らかにどこかおかしいこのアニメは
やはりクソアニメであると結論付けることが出来ると思うw


結局一話を見てわかった要素は
頭おかしい連中が半額弁当を求めて争っており
その戦いに置いて「氷結の魔女(求めているのが弁当なのでかっこわりぃw)」と呼ばれる猛者である恐らくメインヒロインの「槍水仙」や
その仙が会長を務める恐らく半額弁当戦争に勝つための良くわからん同好会に
主人公の洋が関わっていき
そうしてうん
多分強くなっていくんだと思うw


それにしても だ
劇中に「SEGA」や「カロリーメイト」「ソイジョイ」といった
会社名や商品名が
伏字にすることなく出現するところを見ると・・・

いやー
スタッフはとことんおふざけする気満々のようだw


割とエロい展開はある・・・のだろうか?

スカートがめくれ
仙の黒タイツから透けて見えそうなパンツを
必死こいて主人公の洋は思い出していたし
まぁそういうことを考えると
変態アニメでもある のかもしれない

とはいえ1話の時点では
そこまで露骨なものは
無かったような気はするが

いや 主人公がそういうことしている時点で
露骨なのは否めないのであるが


そんなわけで
今期のおふざけ枠はこのアニメで決まりだと思う

最終的にどこに突き進んでいくのか
全くもって想像できないのだが
しかしそれでもきっと弁当を求め続けるに違いないw

テーマ : ベン・トー
ジャンル : アニメ・コミック

灼眼のシャナ3-FINAL- 第1話感想

灼眼のシャナ3(ほらローマ数字使うとケータイで見られないからw)の感想を
ネタバレ注意



1期2期が残念なイメージが強かったのですが
あれ?
3期の1話は想像以上に面白かったですねw

というのも
2期のラストから一気にぶっ飛んだ展開

まさか悠二がバル・マスケにつくとは・・・

いや 勿論なんらかの理由はあると思うのですが
主人公が敵キャラになるっていうのは
なかなか珍しい展開で
原作通りかどうかはわかりませんが
これは興奮する良い展開だなぁ と
そう思いました


家族や友人の記憶から
自分というものが無くなったとしても
それでも悠二がバル・マスケについたというのは
一体どんな大きな理由があるんだろうなぁ・・・

そして髪型とか服装とか
三国志の時代の人みたいで
カッコいいですよねw とか

そんなことを思ってみたり


1期2期と見てきた上で
特に気になる始まりを迎えた3期ということで
これは期待してもいいのだろうか?

そして主人公不在の中で
どうストーリーが展開していくのか
楽しみですw

テーマ : 灼眼のシャナ
ジャンル : アニメ・コミック

シーキューブ 第2話感想

シーキューブ第2話の感想を
ネタバレ注意



個人的にシーキューブというライトノベルを
アニメ化した というのは
大正解になる・・・予感がしますw

原作は勿論面白いんですが
自分の中では
かなりシリアス面のイメージが偏っていた気がするんですよね

まぁフィアという存在が
拷問処刑器具である という点からも
そういうのはにじみ出てきていると思うのですが

アニメのシーキューブは
フィアの笑顔が本当に眩しい!!

今のところラノベと同じように展開しているし
アニメになったからと言って
カットされるところはあっても
追加されたところはないと思いますが
やはり決定的な違いは
僅かな挿絵しかないラノベと
すべてが画像(映像)として表現されているアニメ
この差ですよね


でもだからこそ
日常の生活を楽しむフィアや春亮、このはの笑顔が眩しいほど
眩しければ眩しいほどに
彼女たちの抱える運命が
強調されるようにその哀しさが増す

そして表情の落差というのも
ものすごく感じることが出来る

日常を楽しく生きる彼女たちがいる中で
その一方で呪われた道具としての運命に揺さぶられる彼女たちがいる

なんというかさみしいですよね本当に


2話目から
明らかに悪意のある相手との直接的な戦いが始まりましたよね

勿論知っている展開ではありますが
アニメというものを通して
どう表現されていくのか
楽しみで仕方がないです

そしてフィア達には頑張ってもらいたいなぁ と
そう思わずにはいられない


あ あと2話で非常に重要なことでしたが
錐霞さんぺろぺろぺろぺろ

錐霞さんの下着エロくて大好きですw

・・・って言ったら
まぁ最低なんでしょうけど
それはまぁ原作者も狙っていることは間違いのない設定でしょうし(笑)
仕方ないですよねw

テーマ : C3-シーキューブ-
ジャンル : アニメ・コミック

Fate/Zero 第2話感想

土曜日深夜は
本当にアニメの層が厚い!!

WORKING'!!(TOKYO MX)
Fate/Zero(TOKYO MX)
シーキューブ(tvk)
真剣で私に恋しなさい!!(tvk)
灼眼のシャナⅢ(tvk)
ましろ色シンフォニー(tvk)

カッコ内は自分の見ている局ですが
今期の土曜日はこれだけの物を一気に見ているわけです
時間にして三時間!!
アニメ好きの自分にはたまらない時間ですw

アニメが多いということは
放送中呟きまくるということで
Twitterも今まで以上にフォロワーが減っていくんでしょうなぁ~w
楽しみだww


まぁそんな感じで沢山のアニメを見ているわけですが
WORKING'!!に関しては内容は見て楽しむコメディ系のアニメなので
感想を書くことは基本的にしません
残りは隔週くらいのペースで
感想書いていければなぁ と

今回は
すでに先行上映会の時に感想を書いた
ましろ色シンフォニー以外は書こうと思います


そういうわけで
Fate/Zero第2話の感想を

ネタバレ注意



第2話にして裏切りか!! と
正直ビックリする展開でしたねw

まぁ1話の雰囲気から
綺礼はいつかは時臣を裏切るんだろうなぁ と
そうは思っていましたが
いや 2話目からw

そしてお互いが呼び寄せたサーヴァント同士の戦いが
もう始まりましたよね

見た感じわりと一瞬にして
綺礼側のアサシンがやられた感じでしたが・・・

さてさてどうなることやらw


それにしても
本当に血みどろの戦いになってきそうですね

お互い敵陣営の人を殺すことには
なんのためらいもないみたいですし
なんというか自分の欲望に忠実な
まさに人間!! っていう感じですよね

こういう人間らしさを
現実にはありえないと思われる現象や展開を使いつつ
或いは誇張して表現する内容の物語は
自分は本当に好きですねw

いやー
本当にこれは期待できそうw


1話で当初感じたような(今はそんなに感じていませんが)
ストーリーのわかりづらさ的なものは
これっぽっちもありませんでしたね

1話1話の展開はわかりやすいけども
先が気になる構成であり
そして面白いって最高じゃないですか?w


サーヴァントって3回だけ強制的に言うことをきかせることが出来るんですね
そういうってことは
マスターによって呼び出されたサーヴァントが
マスターを裏切る ということも
あったりする ってことなのだろうか

まぁそのあたりも
そのうち判明していくんでしょうけどねw


話の展開もさることながら
まだ戦いのほんの導入部だけとはいえ
OPの雰囲気なんかも踏まえたうえで
相当白熱したバトルが繰り広げられそうですよね!

勿論ここでいうバトルっていうのは
直接的な剣と剣を交えた戦い というやつですw

やっぱりほらこういう戦い的なのは大好きなのでw

マスターが掲げるものは
多分そんな綺麗なものではないと思いますし
サーヴァントだってどうなのかはわかりませんが
それでもバトルしてるその瞬間は
どんなキャラクターでも本当にカッコいいんですよね

カッコいいキャラクターに
男はいつだって憧れるものなのですw


そんなわけで
次回も楽しみで仕方のない感じでしたw

テーマ : Fate/Zero
ジャンル : アニメ・コミック

2011年7月~9月期のアニメ全体の感想

前回同様に
7月~9月に放送されたアニメの感想を
簡潔にまとめたいと思います

感想の順番は五十音順で

★★★★★:最高に面白かったもの
★★★★☆:面白かったもの
★★★☆☆:及第点
★★☆☆☆:微妙 あまり面白くなかったもの
★☆☆☆☆:\(^o^)/

カンのいい方は前回、前々回の評価からも
わかるとは思いますが
3点はどちらかというとつまらなかった寄りです
3点と4点との間には大きな壁があります

4点の範囲はかなり広めで
ストーリー、ギャグ含め
全体的に面白かったアニメでもよっぽどのことが無いと
5点はつけません
なので大半のアニメは4点です

4点が5点になるのは
大体自分が猛烈にハマったかそうでないかの違いだと思うw

1点は付けないと思ってくださって結構ですが
2点はすなわち激烈つまらなかった ということですw

前回同様個人の主観によるものなので
鵜呑みにしないように

そして今回は前回よりも
プラス方面にはるかに緩く点数をつけているので
5点が非常に多くなってます
逆にマイナス方面にも緩くつけているので
3点も非常に多くなってます



【THE IDOLM@STER】★★☆☆☆
今期アニメの中で
一番楽しみ方がわからなかったアニメ

どのヒロインも可愛い部分はあるのですが
高校生(?)とは思えないほどの行動の幼稚さや
ストーリーの展開があまりにもご都合主義というか
展開にリアルさがこれっぽっちも無いので
冷めた目でしかみられない感じでした

ヒロインがものすごく多いので
それぞれのストーリーをやる上では
超展開にせざるを得ないのかもしれませんが

現実ではありえない
アニメを含めた創作ならではの設定や展開は大好きですが
その中にある現実的ななにかがあるのがたまらないので
また「アイドルの頂点を目指す」という現実に目指すことが想像できる内容であることも
あまりにとんとん拍子に進む展開に
辟易する要因になっている印象です

2クールなので
残り12話か13話かが
自分が楽しめるいい展開になってることを期待したいです


【R-15】★★★☆☆
及第点くらいの感じの印象ですが
今回4点の範囲を狭めて
5点と3点に振り分けた結果
3点側になってしまったアニメ
いや なってしまったというか
そう評価したのは自分ですが

エロ特化にしては
少々チラリズム不足であり
同時に地上波アニメということで修正が入り
思ったよりもエロくない結果に

ギャグやストーリー面では
まぁまぁ といった感じで
ちょっと中途半端感は否めなかったと思います

つまらなかったわけではないだけに
ちょっと残念だったかな?


【いつか天魔の黒ウサギ】★★★☆☆
原作は非常に面白いが
アニメで失敗したパターンだと思います

主人公らしくない主人公大兎に
拘りすぎかなぁ と思う展開
他のアニメにはない魅力的な(と言っていいかはわからないがw)登場人物たちに
見事に振りまわされて終わってしまった気がします

バトル物の作品ですが
派手な戦闘はほとんどなく終わってしまったのも残念

伏線を張るだけ張って
回収しきれていないので
2期があるならそれを回収するとともに
アニメらしさでは無くいつ天らしさを追求してほしいところです


【うさぎドロップ】★★★★★
ストーリー重視で
非常に面白かったアニメの一つ

エロ要素はこれっぽっちもなし

身寄りのなくなった小さな女の子のりんと
りんを引き取った独身男のダイキチとの心温まる物語

父娘の関係では無いですが
まさに新米パパの奮闘記的な話であり
子供視点でも、或いは親視点でも
「あるあるwww」といったシーンが多く
すごく懐かしく感じられるアニメ

とてもほっこりとした優しい気持ちになれる
良いアニメだったと思います


【神様ドォルズ】★★★★☆
どう考えても2期に繋がる気しかしないアニメ
OP主題歌通りの不完全燃焼で1期は終了w

ただ不完全燃焼ではあるものの
それは決してつまらないということでは無くて
非常に楽しめるアニメだったのは事実

バトル物というくくりに入れて良いと思いますが
主人公の匡平が直接戦うわけではないので
バトルよりも匡平や匡平に関わる人たちの想いに関する部分の方が
バトルやなんかより比重は高いという印象

本当に気になる要素を残しまくって最終回を迎えたということと
メインヒロインのヒビノ、詩緒の二人が
自分の好みでは無いということから
★5にするのは躊躇われたw

★5にするかしないかで悩むほどに
とても面白かったということですね


【神様のメモ帳】★★★★★
原作の評判は
そこまで高いわけではない という感じのことを聞きましたが
少なくともアニメに関しては
非常に楽しめる作品だったと思います

特に1話の話と
最終話の話に関しては出来が良くて
この感じなら2期も是非やってほしい と思える内容

2~3話くらいで完結の場合が多かったので
続きが気になって待ちきれない期間が短くて済んだことと(笑)
それと1話22分くらいでは収まりきらない内容を
じっくりと内容を込めて放送されたので
そういう意味でも非常に充実度が高かったと思います


【Steins;Gate】★★★★★
映画化も決まったシュタインズゲートの
最終回を含む2クール目

今期アニメは比較的沢山のアニメに5点をつけていますが
その中でも個人的にこのアニメは推したいと思う

まずテーマがそそられますよね
タイムマシンとかその手の物には
我々厨二病患者にとってはすごくいい題材なわけで

ストーリーの構成からキャラクターの個性までとても良くできていて
「絶対に映画を見に行こう!」と思うほどの出来

1話目から最終話まで
「次回はどんな話なんだろう? 展開が気になる!!」といった感じで
見終わった後に先の展開を考えさせられるような
謎解きのような物語であるのもグッド


【ダンタリアンの書架】★★★★☆
1話完結で
非常にわかりやすく簡潔な物語の進み
その分盛り上がりには若干欠けましたが
1話20分強にまとめられたこのアニメは
すごく気を楽にして見ることが出来たアニメだったと思います

最終話まで見終えた段階で
気になることが山積みなのが
少々不満ではありますがw

ものすごく面白い とは言えないけれど
中々に楽しめた作品だったと思います


【NO.6】★★★★☆
ストーリー重視で面白かったアニメ

BL的シーンが多々あるので
それを嫌悪する人は若干注意

正直BLアニメだとわかっていれば見なかったと思いますが
見て良かったと思えるほどのストーリーの面白さ
本当に見て良かったと思う

残念なことをあげるとすれば
最終話に色々詰め込み過ぎ感が否めないことと
メインヒロインの女の子が不憫なこと
そしてシリアスなシーンでも非常にホモっていたことにより
むしろ爆笑せざるを得なかったことw


【日常】★★★★★
相変わらずギャグアニメ最高峰をひた走っていた印象
本当にくだらないことばかりやっていますが
それでも飽きを感じさせないのだから
見事というほかないと思う

やってることだけでなく
作画なんかでも笑いを誘ってくれるので
そのあたりもよかったポイント

またほとんどギャグ回の中でも
ロボである「なの」の葛藤を描いた物語が
とても心暖まる物語で
凄くよかったと思う


【猫神やおよろず】★★★★☆
日常同様にエロも基本的にはなしのギャグアニメ
日常ほどの笑いはありませんでしたが
とてもまったりとした空気の中
繭を中心に集まる愉快な仲間たちとの
ほのぼのとした関係が
見ていて楽しいアニメ

繭を演じる戸松さんのことはあまり知りませんが
かんなぎの時と同様の
長年生きる者の喋り方っていうのかな・・・
それがえらくハマっていて
繭役に本当にピッタリだったと思いました

特に特技もなくぐうたらな繭ですが
やることはやるし
その周りに人が自然と集まるその性格は
とても魅力的で
見ているほうも引き寄せられる印象でした


【バカとテストと召喚獣にっ】★★★★☆
バカテスの2期目
原作は読んだことがないので(弟が持っているのだが 現在弟の友人による狩りパクが続いているw)
それと比べることはできませんが
恋愛的なことにしろ
ギャグの面白さにしろ
シリアス的な展開にしろ
すべてが中々の水準で
良くまとまっていると思う

どれか一つで勝負したら
多分何かしらのアニメに劣ってしまう気がしますが
すべてを合わせた時の平均値の高さは
1期2期共に目を見張るものがあると思う

このアニメの一番の問題点は
どう考えても裏番組のまよチキ!の存在だったと思う
実際自分はバカテスをニコ動での視聴にして
優先的にまよチキ!を見たわけですし

視聴者を割った結果
このアニメがどう評価されたのかは
気になるところです


【花咲くいろは】★★★★☆
田舎の旅館を中心に
主人公の緒花とその周りの人たちが成長していく物語

1話を見た率直な感想は
確か「あ これ俺たちみたいなぐーたらを正すためのアニメだ・・・」とか
そう思っていましたが
最終話を見ても
やっぱりまさにその通りですねw

理不尽ともいえる状況に居ながらも
自分の居場所を見つけ
そして周りを巻き込んで成長していく緒花の印象が
とても清々しいほどに気持ちいい

この娘は一生ものすごい勢いで成長を続けていくんだろうなぁ と
すごくカッコいいと
そう思うアニメでした


【BLOOD-C】★☆☆☆☆
上の方で1点は付けない と言っていましたが
付けないつもりだったんです

この記事はアニメ最終話を見た直後に
それぞれのアニメの感想を個別に書いていってるんですが
つまりはこのBLOOD-Cの部分は
その最終回を見た直後に書いているわけなんですが
なんというか・・・
今回厳し眼に2点と採点したアニメもありますが
それと同じ点数にするのは
あまりにも2点のアニメに申し訳なさ過ぎて・・・
出来なかったんだ・・・

映画化するみたいですね・・・
頑張ってもらいたいです

つまらなさが一周して
苦笑いという笑いがこみあげてくるアニメです
登場人物のほぼ全員が血まみれになって死亡・・・

まぁ・・・うん・・・
死ねば面白いってわけじゃないと思うんだ


【まよチキ!】★★★★★
今期アニメの中で
どれか一つだけ誰かに薦めるとしたら
このアニメを選ぶと思う

純粋に「楽しむ」という意味で
本当に口元緩みっぱなしで見るアニメ

わかりやすく言うと今期最高のぶひりアニメ
ぶひいいいいいいいいいい

多くの可愛らしいヒロイン達の魅力が
存分に発揮されていて
キャラクターの魅力を一番に表現できていたのも
このアニメだったと思います


【ゆるゆり】★★★★★
非常に面白かった\アッカリ~ン/

百合属性に抵抗のある人でも
特に問題なく見ることのできるアニメだと思う
多分百合属性を好きになる入口みたいなアニメ

ストーリーは特になく
圧倒的にギャグ寄りのアニメで
エロ要素もほとんどないので
そういうものに嫌悪する人でも安心

主人公があまりにも不憫であり
むしろ主人公で無い気がするが
一応それも個性として成り立っており
どの女の子もなにかしら魅力的な個性を持っていて
見ていて飽きないです

単純なギャグアニメとしての面白さは日常に劣る気もしますが
その中毒性なんかはそれを凌駕していると思います

大いにハマってしまったので★5


【ロウきゅーぶ!】★★★★☆
今期最強のロリコン育成アニメ(多分)

ロリキャラなのではなく
実際に小6でロリなのが恐ろしいところ
そしてその小6の入浴シーンが一体何度出てきたことか・・・w

ミニバスを楽しむ5人のヒロインの物語ですが
バスケのことを何も知らなくても楽しめる感じで
実際バスケとしての成長というよりも
精神的に成長していくヒロイン達を見ていくアニメ
といった感じ

中学生や高校生では無く
まだ精神的にも幼いところがあるような小学生が
バスケを頑張る! というのが
このアニメのいいところだと思う

いや 小学生にしては
明らかにませているのだがw



7月期のアニメも
非常に面白いものが多かったですね!

どれも面白いということは
どれも見逃せないということであり
それはすなわち睡眠時間を削るということになるわけで
そういう意味では非常につらいことではありますが
自分の人生の中でもかなり重要な部分を占めていることは間違いないので
これからも沢山見ていきたいと思います

たまゆら~hitotose~ 第1話感想

テレビアニメ「たまゆら~hitotose~」第1話の感想を
ネタバレ注意



第1話の時系列は
OVAより若干過去 といったところでしょうか

放送開始されたにもかかわらず
未だにTVアニメ版のストーリー概要が更新されないので
ここからまたOVAのストーリーを含めて(アレンジなんかを加えて)放送するのか
或いは完全にOVAとは別物の物を作るのか
それともOVAを見た前提で続きを作るのか
まだちょっとわかりませんね


このアニメは
やはり最近の深夜アニメの中では
ほとんど無くなってきたと言ってもいいタイプのアニメだと思う

それはすなわち色恋沙汰のないアニメ

主要登場人物のほとんどが女の子ですからね
というか主人公の楓(ふう)の弟を除いて
全員女の子なんじゃないだろうか

ほぼ全員女の子だからと言って
ゆるゆりのような展開なわけでもなく
特にサービスシーンがあるわけでもなく
最近のアニメは割と
そういうサービスシーンで視聴者を引き寄せている部分もあると思うのだけれど(勿論それだけではないが)
全くもってそれを持たないアニメ というのも
本当に珍しいと思う


アニメはほんわかとした雰囲気ですよね
盛り上がりには少々欠けるかもしれない

盛り上がりに欠けるということは
それは面白さが欠ける ということにも
それがすべてではないにしろ繋がってくると思うので
そこをどう展開するかが気になるところですよね

第1話の時点では
まだ主要人物も出きっていませんし
とりあえず泣き虫のちひろちゃんと
「なので」が口癖の主人公楓を把握したくらいでしょうか?w

面白い とまでは思える1話では無かったですが
かといって見るのを止めたいわけでもないですし
この優しい雰囲気のまま
物語が色々な角度から面白くなっていけばいいなぁ

テーマ : たまゆら
ジャンル : アニメ・コミック

僕は友達が少ない 第1話感想

僕は友達が少ない第1話の感想を
ネタバレ注意



最近「はがない」にしろ「俺ガイル」にしろ
友達いない系の話が流行り・・・なのか?
はわかりませんが(そもそもその二つしか知らないw)
割と好んでラノベを読んでいる気がしますねw

中二設定バトル系のラノベと同じくらいに
こういう学園コメディ系のものはかなり好きです


自分は友達が少ない部類の人間であり
少なくとも高校までの間に
友達だと思った人はいたはずですが
最終的に友達は一人もいませんでしたねw

え だって学校卒業後も連絡取り合うとか
そういうのって幻想でしょ?
ありえるわけないじゃないっすかーwwwww

そんなわけで
小鷹は転校後なわけですが
卒業後全く連絡を取らなくなった
友達とはとても言えない友達の存在は
とても共感できるものがあります

さびしくてサーセンwwwww


まぁそんなわけで共感できる要素は非常に多いストーリーですが
完全なる共感という意味では
俺ガイルのほうがほぼ完全に自分と一致してしまうので
いやでもまぁそれは別作品なので置いておこう


小鷹にとっての夜空のような存在は
いつになったら自分の目の前に現れるんだろうなぁ・・・


1話目の感想としては
爆笑とかはしませんけども
あれ? 結構いい感じなんじゃないかな? と
そう思いました

まだお色気シーンなんかも無く(いやまぁちょいちょい弱めのは入れてくるけども)
小鳩や理科、マリア、幸村(・・・は出てきたっけ?)がモブキャラとしてのみの登場の中で
小鷹、夜空、星奈の3人のみで
これだけ盛り上がれれば僥倖ではないかなぁ と

原作を読んで先の展開を知っている自分としては
物語の冒頭部分から立てられていた伏線を
改めて動く絵の中で表情として感じることが出来て
非常によかったです


放送時間的には
まよチキ!の後釜ですが
ぶひり度はまよチキ!には劣りそうですね

ただその分ギャグ展開がふんだんに盛り込まれることが
想像できますし
単純な比較は出来なくとも
まよチキ!並にTwitterで呟きまくることになりそうですw


あぁ
言い忘れていましたが
友達が少ない自分ですが
まだエア友達としゃべったことは
一度もないですw

「リア充は死ね!!」
に関しては
何度も叫んだことはありますし
思うだけなら∞回ありますがwwww

テーマ : 僕は友達が少ない
ジャンル : アニメ・コミック

真剣で私に恋しなさい!! 第1話感想

少し遅くなってしまいましたが
まじこい第1話の感想を

月曜日深夜は次の日が大学ということもあり
中々に起きているのが辛いのですよねw

まぁ次回からはフェイトに侵食されることもなくなるので
まじこいは土曜日深夜に見ることが出来るようになりますがw

というわけでネタバレ注意



エロゲ原作であり
そしてプレイしたことは自分はないのですが
それでも名前を聞いたことがあるほどに
有名な作品
かなり評判もいいらしい

評判がいいということは
まぁそれは自動的に期待も膨らむということで


1話を見た率直な感想ですが
非常にアツいですね!!!!

エロゲ原作ということで
もっとお色気ありのおパンツ展開だったり
あまあまなシチュエーションだったり
そういうのを考えていたんですが
全く違う!!!

公式サイトを見たり
或いはタイトルだったりで
剣を使って戦う みたいなのは
想像できると思うのですが
その規模が中々にスゴイw

まさに合戦 という感じですねw

1話目から
バカのクラスが一番優秀なクラスに勝ってしまっていいのか・・・? と
若干心配にはなりますがw
まぁ多分問題はないんでしょう

飛んで跳ねたり
或いは剣で服が破けたり
そういったシーンもあるにはありましたが
なんかそちらよりも戦闘シーンの方に目がいってしまって
ぺろぺろする暇があまりなかったというかw


主人公は参謀タイプみたいですね
腕力では弱いかもしれないけども
それを知力でカバーするタイプ
と言ってもメインヒロインと思われる百代の影響で
少なくとも剣を避ける技術は相当のものみたいですが
戦闘力の方はまだわかりませんね

実は万能タイプなのかも

まぁ主人公は
わりかし万能タイプである場合が多いですよね
それをサポートする男友達に
軍師タイプの人間は多い気がしますが


おっと 話が逸れた

結局何が言いたいかというと
お色気展開に関してだけ言えば
物足りないわけですが
それを求めずに見れば非常に面白い
と言っていいと思う

まだ1話をみただけなので
何とも言えませんが
それでも少なくとも1話は面白かった

主人公が一途な印象を受けたので
他のヒロインになびくとは思えませんが
ただ他のヒロインが主人公に好意を持っていることは
あったりするようなので
そういうのも含めた上で
恋愛アドベンチャーゲームが原作としての物語が
どう展開するのか

そして勿論アクションシーンなんかも重要になってくるでしょうし
そういった面でも期待したいですねw

テーマ : 真剣で私に恋しなさい!!
ジャンル : アニメ・コミック

境界線上のホライゾン 第1話感想

tvkで2回目のFate/Zeroを見たわけですが
2回目見たら結構色々とわかってきた気がしますね
そして2回目を見ても面白い

そんなFateの後に放送されていた
境界線上のホライゾンの感想を
ネタバレ注意



第一印象気持ち悪い
そういった感じでしょうか

今公式サイトを確認したら
どうやら本当に主人公だったようです

ほらまぁ現実世界だと
人間顔がすべてだってよく言うでしょう?
それはまぁアニメの中の世界でも
基本的には同様だと思うのですよね
普段それを感じないのは
アニメの中の男はイケメンばっかりで
女の子は可愛い娘ばかりだから

まぁその基準って言うのは
人によって違うので
何とも言い難いわけですが
少なくとも自分はこのアニメの主人公を嫌悪する
気持ち悪い

なによりも笑顔が気持ち悪い
目と口が歪んでる
こんなゆがんだ顔は
敵キャラでもなかなかしませんよ・・・

まぁ平常時の顔も気持ち悪いの一言なのですが
アニメを見ている他の人は
主人公のトーリにどのような印象を持っているのでしょうね?

自分は
性格とかそれ以前の問題で
生理的に受け付けないですねw


まぁそれは置いておくとして・・・
第1話はごっちゃごっちゃしてまして
今期アニメの1話の中で
一番カオスでわけのわからないことになっていましたな・・・

登場人物も多すぎるし
ホライゾンが死んだ人の名前・・・なんだよね?
なんかそのあたりも怪しい気はしないでもないのだがw

わかったことはそれくらい?
間違っていたら本当になにもわかっていない ということですw


公式サイトを見てみたら
キャラ数が異常事態の多さで
正直これは把握するのが辛いですね・・・

見ているうちに覚えていくパターンが一番いいですが
果たしてそこまでついていけるかどうか

興味はちょっとだけそそられる1話でしたが
それを超え気味の嫌悪感も主に主人公辺りや
カオス度から感じつつもあるので
次回はもうちょっとまとまっているといいなぁ~ と

そういう気持ちですw

テーマ : 境界線上のホライゾン
ジャンル : アニメ・コミック

花×華 サイン会に行ってきた 他

電撃文庫 秋の祭典2011で行われた
花×華のサイン会に行って来たんですぜ!

勿論ゲストは岩田洋季さんと涼香さんなわけですが
とりあえず言いたいことはですね・・・

岩田さんイケメン!!!!!!

いや・・・
マジでIKE☆MEN過ぎて
少々どころじゃないレベルで嫉妬するレベルwwww

しかもあれは顔だけじゃない・・・
性格までテラIKE☆MEN!!!!!!!!!!!!!!!

いや あれは凄かった・・・
性格のいいカッコいいお兄ちゃんみたいな人でした

あれは惚れるレベル・・・

さっきからあれ扱いして本当に申し訳ないと思っていますが
いや 本当に顔から性格までイケメンでしたwwwwww


涼香さんは
こちらはテンション高めのお姉さんでしたね!
今から現れる人物が変態紳士なのかッ・・・!! と
多少身構えていた部分はあるのですが
優しそうなお姉ちゃんでした

なんというか
何に関してかはわかりませんが
慰められたい!!
そんなお姉ちゃんなお方でしたw


まぁお二方とも
自分視点ですけどねw

自分は20なわけですが
そこから見てお兄ちゃんお姉ちゃんみたいなw

いや もうなんというかですね
そういう雰囲気を持っておられる方々だったのですよw

弟になりたいw


僅かながらで
とてもしゃべったとは言えない時間ではありましたが
素晴らしいお二方と一言二言言葉を交わすことが出来て
とてもいい思い出になりました

いい時間だった!!



サイン会の前と後に
電撃祭典に行ってきたわけですが
ロウきゅーぶ!軍団がトークしていたり
ちょうちょさん歌うカワルミライが聴こえて来たりしつつも
時間が無かったので
物販に行くのは断念

サイン会終わってから
物販行ってみたんですが
欲しかったソードアート・オンラインのグッズは
売り切れちゃってましたね
残念

で まぁ帰ってきて知ったのですが
今日ソードアート・オンラインのアニメ化が
まさに祭典で発表されたらしいですね!
アクセル・ワールドも

ひゃっほう!!!!

つい昨日か一昨日くらいに
ブログにも「ソードアート・オンラインにハマっている」と
書いたと思いますが
アニメ化しちゃうのか~
ウヒヒw

しかし2本同時にアニメ化発表とは
川原先生凄いですね・・・w

オススメのラノベは
今日サイン会行った花×華も含めて
沢山ありますが
今自分の中で一番ブームが来ているのは
まさにソードアート・オンラインなので
機会があったら読んでみてはいかがでしょうか?

どのようなストーリーかは
タイトルから想像すれば分かると思いますし
まぁ自分がオススメするタイトルは
大体が中二要素満載の物だったりしますよねw



さて
そんなわけで今日という日曜日も
すごくいい一日になりました

作品は勿論好きなのですが
僅かながらでも作家さんの内面を覗くことが出来て
そういう意味でも一層好きになりました

自分の大好きな作品が
アニメ化することが決定しました


まぁなかなかこんないいことは続かないかもしれませんし
そもそもこれをいいことと感じているのは
あくまで自分が自分だからでしかないのですが
ラノベとかアニメとかそういうものに勝手に関わっていく中で
またこんないいことがあればいいなぁ と
そう思うのでした

シーキューブ 第1話感想

シーキューブ第1話の感想を
ネタバレ注意



Cの3乗と書いてシーキューブですが
ブログやTwitterなんかではそれが表現できないのが難点ですよねw
そんなわけで「C3」とよく表現されているわけですが
このブログでも略す時はそれを使っていこうと思います


さて
冒頭の映像・・・
Fate/Zeroに負けぬ雰囲気を醸し出し
これは・・・! と思わせるものでしたね
・・・が
一気に緩い感じになりましたがw


どうしてもストーリー重視のアニメの方が
評価は高くなりがちだと思うのですよね

それはまぁストーリーを重視するということは
同時にシリアスなシーンも多くなり
その結果そういう雰囲気を出すためには
映像にも気を使って
そういうしっかりとした雰囲気作りをしなくてはならない

勿論ここで言っているのは
Fate/Zeroやシュタゲのようなアニメのことを言っていて
決してギャグやラブコメが
ストーリーや映像を重視していないという意味では無くて
ここで言うストーリー映像重視というのは
その方向性のことで・・・
うーん 難しいな

まぁでも雰囲気に関しては
シュタゲやFate/Zeroが似ていて
C3なんかは全く違う位置にいる というのは
わかると思います


さて
そんなわけで1話は存分にフィアが暴走する展開でしたが
そのおバカっぷりを表現する上で
このアニメは相当いい仕事をしてるなぁ と
そう思うわけです

フィアの目に星が瞬いたり
まぁ他にも色々とありましたが
好き放題にやらかすフィアが上手く表現されていて
これはちょっと今後期待できそうな1話でしたよねw

と言ってもC3という物語は
おバカなだけではいけない物語なので
その辺りどう表現してくるか というのも
注目ではあるのですが


印象としては
一つ前のFate/Zeroには負けてしまうのでしょうが
それでも多分それはジャンルの問題でもあるでしょうし
もともとの知名度というのもあるでしょうし
そんな中で
バトルアクションラブコメ(多分)のC3という作品が
そういうジャンルや
アニメという大きなくくりの中で
どうアピールしていくのか

そして出来れば人気アニメ
というくくりに入ってほしいわけで

まぁとにかく1話は大満足の出来だった印象ですねw
唯一不満を言うとすれば・・・
深刻な錐霞さん分不足ですかねw

テーマ : C3-シーキューブ-
ジャンル : アニメ・コミック

Fate/Zero 第1話感想

アニメ「Fate/Zero」第1話の感想を
ネタバレ注意



すげえなこのアニメ・・・
というのが
まぁ感想にはなっていませんが
とりあえず今言える最大限の感想というかw

原作の小説を読んだり
あるいはstay nightをプレイしてみた人にとってなら
多分色々と感じることはあるんでしょうが


前期でいうシュタゲの枠に収まった感じでしょうか
そして同様に1話を見た限りではわけわからない状況が多い

とりあえず過去の凄い人たちを使い魔として召喚し
戦って聖杯なるものを手に入れて
そして願いを叶えてもらおう
ということなのだろうか

そしてその戦いというのは
恐らくかなり凄惨なものになるんだろうなぁ という雰囲気
アニメ自体の雰囲気もそうだし
登場人物も癖のありそうな人ばかりでしたよねw


一応1話の時点では
4つくらいの陣営の状況的なものを
紹介と言ったら変ですが
そういうのだったんでしょうかね

登場人物が結構多いので
正直言って把握はしきれていませんが
割と色々な陣営の視点から
物語が進んでいく感じになるんでしょうかね?


まぁとりあえずね・・・
このアニメ絶対面白いわw
そして多分自分好みの物語なんだと思うw
次回以降の話の展開が
楽しみで仕方ないですねw


ストーリーは面白かった(と言ってもまだ全容を全く把握は出来ていないので 興味深い といったほうがいいかもしれない)ですが
それだけでなく映像や音楽もすごいですよね
カッコいい

サーヴァントの召喚シーンは
どれも興奮する素晴らしいものでしたし
BGMはまぁ冒頭の物以外は
物語に魅せられてあまり覚えてはいないんですが
壮大でカッコよかった

今回流れたのは1話のラストでしたが
LiSAさん歌うOPのカッコよさも異常ですよねw

LiSAさん歌う楽曲を聴くのは
ガルデモ以来ですが
いやぁ・・・
これは絶対CD買いますねw


そんなわけでとにかくすごいアニメ「Fate/Zero」
これはね・・・うん
絶対見たほうがいいw

テーマ : Fate/Zero
ジャンル : アニメ・コミック

WORKING'!! 第1話感想

WORKING!!第2期1話の感想を
ネタバレ注意



うむ
やはりこれはいいアニメだなw
確実にいいアニメだw

1話を見ただけで訪れる安心感
2期も安泰だ・・・と!!


1期の感想は書いていませんが
非常に面白かったですよね

そして今期も・・・
ちっちゃいもの(ただし可愛い女の子に限る)が愛でたくなる
いいアニメですよねぇw

まぁ虫は自分は嫌いなのでw

女の子もどちらかというと
身長高めの娘が好きですが
ぽぷら見てると
こんな小動物みたいな娘だったら
全然可愛いしもう何の問題もないですよねw


ジャンルはギャグアニメってことでいいと思う
恋愛感情からも結構遠めなので(佐藤さん頑張れーw)
そういう意味でもイカ娘と結構被るジャンルかもしれない

今期アニメの中でライバルを決めるなら
それは間違いなくイカ娘であることは
いや 断言はできないけど
多分きっとそうだと思うw


こんなファミレスがあるなら
是非ともバイトしたいんだけどなぁ~ と
そう思うわけですが
いやーなかなかそううまくはいかないでしょうねw


1話の時点では
ぽぷらとまひるは割と活躍の機会が多かったですが
山田分が圧倒的に足りないので
次回以降存分に味わえることを期待したいですw

ギャグアニメということもあり
感想を書くことはほとんどないでしょうが
放送中Twitterなんかで
暴走する類のアニメになるだろうなぁ とw

テーマ : WORKING'!!
ジャンル : アニメ・コミック

ダンタリアンの書架 第12話(最終回)感想

ダンタリアンの書架第12話(最終話)の感想を
ネタバレ注意



最終話を見終わったわけですが
結局一番の謎である
ダンタリアンの書架内にいるダリアンそっくりの白い服の女の子の正体が
いまいちわからないまま終わってしまいましたね

もう一人の私 とお互いが言っていたことを考えると
その白い服の少女も
やはりダリアンということなのだろうか

ヒューイの目的が
その少女を助け出すことであるのならば
完結している原作では
そこまでいったのだろうか?

うぅむ・・・
気になるなぁ・・・


そして11話と12話に出てきた
教授と呼ばれる人間と
ラジエルと呼ばれる読姫

彼らが最終的な敵だったのだろうか・・・?

11話は裏から手を回しており
直接対決としては今回が最初でしたが
彼らの目的も不明なままですし
ちょっと気になることが残りすぎですよねw


全体の物語的には
1話完結か
或いは1話に置いて二つの物語を完結させる という形で
すごくわかりやすいものになっていて
良かったと思う

その分全体的なストーリーの厚さとしては
そこまで厚いものにはなっていなかったし
それを物足りないというのであれば
やはり物足りないのだと思いますが
テンプレートともいえる
幻書を発見からその幻書による事件を解決し
そして封印する という流れが
テンポよく組み立てられていて
とても見やすかったと思います

全体としてはまだまだ気になる事柄もあるし
1話ごととしては
あまりにあっさり物語が完結しすぎていた気もしますが
結果としてそれが見やすさに繋がっているし
そして事実とても楽しめたのだから
成功だったんじゃないかなぁ とか


中々面白いアニメだったと思います
ダリアンも可愛かったですしねw

テーマ : ダンタリアンの書架
ジャンル : アニメ・コミック

2011年10月~12月期視聴予定のアニメ

前回こんな記事を書いたかどうかはわかりませんが
今期視聴を予定している
或いはすでに放送が始まって見ているものもありますが
それらについて書いていこうかと

7月期のアニメの感想まとめは
ニコニコでの更新を待っているものもあるので
もう少し経ってからかな?
・・・具体的にはバカテスが最終話まで見終わって無いんだw

というかそもそもこの記事をかいた後に
ダンタリアンの書架とBLOOD-Cの最終話の放送ですしねw
個別記事でも感想を書く予定なので
まぁ気が向いたら見てやってください


それはそうと全然関係ないんだが
ソードアート・オンラインって面白いねw
いや ラノベの話なんですが
これは自分好みですw
オススメww


さて 関係ないことも書いてしまいましたが
10月期視聴予定のアニメについて書いていこうかと

勿論原作を読んだりプレイしたことのあるものもありますし
そうでないものも当然あります

原作を知っているのであれば
その上で原作を読んでの印象や
アニメに期待すること

原作を知らないのであれば
まぁとりあえず何かを書く感じでw

書く順番は五十音順です



【アイドルマスター】
いや うん
これに関しては1クール目の感想を見てくれればいいと思うんだw

多くの曲が深夜アニメを放送する激戦区木曜深夜であり
ノイタミナ枠と丸かぶりなので
ニコニコでの配信を待つ形にしようと思いますw


【UN-GO】
「うんご」でもなく
勿論「うんこ」でもなく
「あんご」と読むらしい

ノイタミナ枠ということは
アニメ原作なのだろうか?

設定は近未来のようですが・・・

期待できるほどなにも知らないのですが
何も知らない作品ほど
見た時の衝撃に期待したくなるのも事実なので
やはり期待するしかないのですがw

今日何回「期待」って言葉を使うのかなぁ・・・


【境界線上のホライゾン】
ラノベ原作で
アニメ開始前に1巻くらい読んでみようかと
購入を考えた時期もあったのは事実だったのですが・・・
まぁ同様の人は多いと思いますが
原作の1冊が分厚いこと分厚いことw
普通のラノベの2倍~3倍くらいの厚さで
残念ながら購入は躊躇われ
そして今に至るのであった

内容に関しては
全く調べていないので
そういった下調べがなくても
楽しめる作品であるといいなぁ


【ギルティクラウン】
これもノイタミナ枠なので
アニメ原作かな?

公式サイトの男がカッコいい
女の子も身体つきがうん
来ている服のこともあっていやらしいw

そして「友達を武器に戦う」の文字
ストーリー含めて
恐らく「自分好みの作品だろうなぁ」という
うっすらとした想像が
要するに中二設定っぽいw

友達は友達であって
まぁ基本的には人間なわけですが
普通に考えて武器であることはあり得ない
でもそれがあり得るというのだから
さて どんな世界なんでしょうかね?


【シーキューブ】
ライトノベルが原作の作品
これは全巻を読んだわけではないが(金銭的な事情などにより)
4巻か5巻くらいまでは読んでいるので
アニメを見る分には
すでに知っているシーンなんかも
多く出てくるんじゃないかなぁ と

とはいえ原作は二桁の大台に乗っていますし
その半分も読んでいないとなると
さてさて

原作をすべて読んでいないのは
決してつまらないということでは無くて
主に金銭的な事情などであるということは
声を大にして言いたい

いや・・・
すでに既刊が多い作品を
後から集めるのって大変なんですよ・・・
どんなに面白くても
リアルタイムで集めきっている作品の最新巻を
優先的に集めてしまうのは
仕方のないことだと思うのです

・・・と言い訳しつつ
原作は非常に面白いです
・・・とまぁ半分しか読んでいない人に言われても
なんだおまえ って感じではあるのですが
とにかく非常に期待している作品です

一番好きなキャラクターは言うまでもなく錐霞
すごくぺろぺろしたいですwwww


【灼眼のシャナⅢ-FINAL-】
1期2期と続いてきたアニメの3期目

アニメ「フリージング」やアニメ「緋弾のアリア」の感想記事を見てもらえればわかりますが
そういうことなので
期待は・・・できませんすいませんごめんなさいw

1期2期もそこまで・・・でしたが
見てきた以上ラストは気になるのでw

見終わった後に
「3期はすごくよかったなぁ~」と
言える作品になっていることを願います


【侵略!?イカ娘】
原作はチャンピオンで連載中のマンガで
アニメ「侵略!イカ娘」の2期目

あまりのイカちゃんの可愛さに
1期を見た後(正確には途中だが)
全巻購入してしまったほど

すでに1話が放送され
2期目がスタートしていますが
相変わらずのイカちゃんの可愛さに
狂い悶える日々が続きそうですw

基本的には
「イカちゃんの可愛さに狂い悶える」
それだけが目的のアニメ
ただしオススメ度はかなり高いw


【たまゆら】
OVAが始まり・・・なのかな?

ネットで無料配信されていたので
OVA4話はすべて見たわけですが
とてもほっこりとした気分になれるアニメですね

写真に魅せられた少女を中心に描かれる物語ですが
面白い というよりも
やはり「ほっこり」という言葉が似合う

「面白い」という言葉の範囲が広すぎるので
なかなか説明しづらいのですが
そのあまりに広すぎる言葉を使うのであれば
面白いと思う

ただまぁ察してはもらえると思いますが
まよチキ!のような面白さでは無いですし
シュタゲのような面白さでも無い
まぁでも面白いことには面白いんだけど
うまく説明するのは難しいなぁ


【Fate/Zero】
原作やそれに関するなんらかを読んだりプレイしたことはなし
原作はライトノベルと言うべきなのか
或いは大元を辿ればエロゲ(多分)

一応大元もアニメ化とかされたのかな?
ただ見たことはないです
タイトルはあまりにも有名なので
流石に知っていますが
その程度の認識

ただ特に意識することもなく
タイトルを知らされている ということは
それほどまでに世間に広まったということであり
それは多くの人々の心に残った作品である ということ
また恐らくとても良い意味で心に残ったのだろうし
そういう意味で期待度は高い

ただ当然一番初めの作品をプレイ或いは見てはいないので
途中から参加して大丈夫か?
という不安は残る


【ペルソナ4】
タイトルは聞いたことありますが
全くもって知らない作品

つい最近まで公式サイトのどこにも
放送日時が書かれていなかったので
そういう意味で不親切だと憤っているため
イメージはあまりよろしくない感じw

とはいえペルソナ4がアニメ化する ということが判明してから
Twitter上でアニメを楽しみにしておられる方が非常に多かったので
やはりこれはみるしかないな と

ただ4があるということは
当然それより前があるということでもあるので
4から見始めて大丈夫なのだろうか・・・
という不安はありますねw


【ベン・トー】
これは全くもってしらない作品w
予習も全くしてないですw

なので「期待している」としか言いようがないのですが
タイトル的には弁当が関係しているのだろうか・・・?
一応いまざっくりggったところによると
ライトノベルが原作であるらしい

まぁタイトルや見た感じでは
とてもシリアスな重たい展開は想像できないので
やはりコメディ調なのだろうか?

まぁいいか
見てみればわかることだ
期待w


【僕は友達が少ない】
なんだ 俺のことかw

原作は全巻読んでます
シーキューブ同様言うまでもないことだとは思いますが
一番好きなキャラクターは夜空
ぺろぺろしたい

「これはアニメにすべきではなかった」という意見も多く聞きますが
まぁそれはアニメ見てから考えればいいことじゃないかな?

原作は全巻読んだ ということは
つまり「原作は面白かった」ということ
まぁこれは「自分としては」でしかないのは事実ですが

しかし多くの人にラノベ「僕は友達が少ない」が愛されているのも事実
当然その分アニメのハードルは上がるわけで

原作の良さを損なわず
その上で動き声がつくアニメの世界で
夜空達がどう暴走するのか
これは期待せざるを得ないというものです
同時に不安もあるわけですけどねw


【真剣で私に恋しなさい!!】
原作はエロゲ
プレイしたことはないですが
名前くらいは聞いたことのある典型

あまりにも有名なので
やはりプレイはしてみたいと思ったことはあるのだが
主に金銭的な問題で(ry

シーキューブに関しては
そのうち全部読破するでしょうが
エロゲは値段が高いからな・・・
プレイしてみたいのは事実ですが
値段の高いエロゲも続々と新作が出てくるわけでw
金銭的に潤うことがなければ
手をつけることはないと思われるw

・・・が
アニメ化するのであれば
是非その金銭面をなんとかしてでも
原作をプレイしてみたいと思わせる作品であってほしい
原作はファンディスクも出ているみたいですし
確実に良い作品なのだと思います

これを見た後に
原作を手に取っている自分がいることを期待
いや・・・金銭面を考えると期待はしたくないのだがw


【ましろ色シンフォニー】
原作はエロゲで
どこかでも言った通り
PSPを持っていないのでコンシューマ版はやったことないですが
「好きなエロゲはなんですか?」と聞かれれば
確実に3番目以内には名前をあげるほどの
素晴らしい出来

アニメ1話の先行上映会にも行き
そこで当然1話を見てきたわけですが
それに関しては「感想」を読んでいただければ
アニメ1話の感想も述べているので
そこは注意

まだ期待感だけではありますが
面白いアニメになる予感のする1話だったので
今期一番に期待しているアニメだと思う
原作好きという意味でも

まぁまだ1話のみでは
面白いと断言できるほど
ストーリーは進んでいませんけどねw
ただ良い1話であったことは事実です


【未来日記】
「未来」を変換で出そうとすると
最近までいつ天の感想を書いていたので
「ミライ」になってしまうのは
どうにかならないのだろうか・・・w

原作はマンガ
読んだことはないです

下調べも特にしていないですが
公式サイトに入ったとたん
明らかに暗い印象の物語である
という雰囲気でしたね
少なくとも7月期のまよチキ!みたいな
ぶひり展開にはならない気がするw

公式サイトの画像の女の子の
首から上が切れている というのも不吉
カッコ内の文字にモザイクがかかっているのも不吉
というかサバイバルゲームって書いてあるしw

にやにや展開のアニメ以外にも
シリアス重視
或いは鬱度重視の物も含め
人間の闇を暴きだすような
そういうアニメも好きなので
いや 実際にそうかはわかりませんが
放送が楽しみですねw


【WORKING'!!】
WORKING!!の2期目
最早このアニメに関しては
「面白いことが約束されている」ようなものなので
期待以前にもう安心感がw

1期目と同じノリで行けば
もう間違いのないアニメだと思うw
というか絶対に面白い

基本的に というか
すべてが馬鹿らしいといえば馬鹿らしいような
まぁくくり的には広くなってしまいますが
ギャグアニメですね
変人しか登場しません
いや よくこんなんで店(ワグナリアというファミレスである)が成り立っているな・・・とw

見る前から断言してしまえるのがすごいですが
とにかく一番安定感のある面白いアニメだと思う
すげーなおいw



さて
今期も見るアニメはかなり多そうですw

TOKYO MX、tvkの2局を上手く使い
時間かぶりの内容見ていきたいと思います

自分を構成する要素の内
深夜アニメが占める割合がとても大きいのは事実ですし
どのアニメも不満を言ったりしたって
大いに期待しています

勿論すべてが面白いわけではないですし
期待外れとしか言いようのないアニメだって
今まで沢山見てきましたが
それを含めた上で
アニメってやっぱり面白いですし
自分には欠かせないものだな と

なにか他にオススメのアニメがあれば
是非教えてもらいたいなぁ

またニコ生で
この沢山のアニメの話をしながら
ポケモンでもしましょうかねw
・・・ってそれはいつもの話かw
プロフィール

孟起

Author:孟起
ポケモンとは初代からの付き合いです
Wiiを購入したので「@もうき」「@feng」でランダムバトル潜っています
Webラジオには「ぴろりん」で投稿しています
交流してくださる方がいましたらどうぞよろしくお願いします
何かわからないことがあればカテゴリの「はじめに・ブログの説明」をどうぞ

【Skype】
ID:moukisky

【ニコニコミュニティ】世界を護るために
co349825

【友達コード】
ポケモン バトレボ:3567-3422-5203
ポケモン ハートゴールド:3223-4836-9249
ポケモン プラチナ:5112-9054-1063

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
Twitter
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。