スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ましろ色シンフォニー 第7話感想

ましろ色シンフォニー第7話の感想を

原作を知った上でアニメを見て
その上で今後の展開の予想をしたりして
割と確信に近い部分をついているので
その辺りのことについて特に注意



第7話とそして次回予告の出た第8話
この二つを見る限り
ルートは確定した と思っていいと思います

当初自分が「このルートが一番アニメ向きだろうなぁ~」と言ったルート
みう先輩ルート
このルートでもうほぼ間違いないと思います

勿論紗凪ルートをプレイしたことが無いことと
そしてアニメに置いて今まで沢山の人達のフラグを踏んできたことを考慮すると
絶対とは言えませんが・・・


ただ割と根拠はありましてw

アンジェはもう無いと思う
紗凪と新吾が付き合っているという噂を流した張本人ですし
それを応援すると言った
教えてくれなかったなんて水臭いとまで言った

つまりアンジェに準ずる形ではありましたが桜乃も同様に無いと思う

紗凪に関しては
これはもう紗凪ルートを攻略していないので
何とも言えませんが
それでも次回予告が猫のストーリーであるならば
もう無いと思う
そして今回ブランコが出てきた ということからも

最終ヒロインの愛理は
今まであまりフラグを立てていませんし
これから愛理の為のエピソードが起こる可能性も否定できませんが
自分がゲームをプレイした上で
そしてここまでのアニメで感じ取った愛理の性格からすると
愛理ルートが一番あり得ないと思う

勿論感じ取り方が間違っているという可能性もあるし
間違っていなかったとしても
似てるようで違う世界のアニメの話ですから
絶対とは言い切れませんが
個人的に愛理ルートにだけはなってほしくない

愛理は誰かが新吾に恋をしている(今回の場合は紗凪)可能性があるのを感じ取ったならば
絶対それを横取りするような娘じゃない

いや ちょっと違うか
横取り以前に
愛理はもう新吾に恋することはない
そう思う

新吾に恋愛感情を抱く前に
愛理は紗凪を応援する立場に回る
そしてありがちな「同じ人を好きになっちゃった えへ☆」的なことも
愛理に限っては絶対にあり得ない

というのが自分の考えです


みう先輩ルートとなるならば・・・
原作でも一番好きなルートですし
あの感動がぬるぬる動くアニメで味わえるのか・・・ と
今から期待で胸が高まります

でもその前に
紗凪との決着がありますよね
これもみう先輩ルートに置いては
特に重要で見逃せない場面ですし
楽しみ って言い方をすると
ましろ色シンフォニーの世界で生きる紗凪達に悪いけれども
でも楽しみにしていたいと思います
スポンサーサイト

テーマ : ましろ色シンフォニー
ジャンル : アニメ・コミック

ペルソナ4 第7話感想

今期は面白いアニメが多いですね
ということはつまり見ているアニメが非常に多くなってしまうというわけで
最近ブログの更新がおろそかになってますw

たまにはニコ生なんかもやりたいですが
ポケモンはどうも飽きが来ているし
深夜にやるにはアニメを見るからなかなか難しい

バイトも始めてしまったので
月1~2回くらいの放送になるのかなぁ・・・

ポケモン以外のなにか面白いもの募集中w


さて
関係ないことを書いてしまいましたが
ペルソナ4の第7話の感想を
ネタバレ注意



P4の感想って
今まで書いてなかったんですねw

大体1話の時に書くんですが
まぁ多分忘れていたんでしょうw


当初の印象は
公式サイトのわかりづらさや
絵があまり好みでは無い感じ(妙にリアルというか まぁ自分は目が大きめのエロゲ絵みたいなのが好きなのでw)だったり
またペルソナ1~3を全く知らなかったので
見なくてもいいかな・・・ と思っていたのですが
Twitterで自分がフォローしている方々が
P4楽しみだー とか呟かれていたので
これはチェックしないと損するな! ということで
チェックしてみたわけです

結果見て正解だった
と言える面白さですねw


・・・と言っても6~7話くらいから
随分と雰囲気が変わりましたよねw

自分の中にある隠れた自分と向き合う みたいなのが
ペルソナを手に入れる条件(詳しくは知らないので 深くは突っ込まないでくださいw)というのもあり
認めたくない自分と向き合うというストーリーの都合上
シリアスになりがちだったと思うんですよね

ところがキャラクターが増えて
雪子が加わったあたりから・・・
いや 完全にわかりやすいくらい様変わりしたのは
完二が加わってからですけど・・・w

人数が増えたことによって
ボケ、ツッコミが会話の中に組み込まれて
全体的にシリアスな展開になりがちだったものが
割と笑いを誘う場面が多くなったというか

完二なんて・・・
いや 本人にとっては笑えないことなんでしょうけど・・・
なんというか・・・ねぇ・・・
傍観者の我々は笑うしかないというかw
随分とネタに走った人でしたよねw


バトル物としては
戦闘シーンも割と静かな感じですし
物足りなさの残るP4ですが
このアニメはやはりペルソナを手に入れるまでの
個々人の内面と向き合うというその部分が
かなり大事な部分だと思うので
そういう部分に置いては
非常に楽しめるアニメな気がします

まぁそんな中完二君は
アッー!と驚くほどに
暴走されていたようですがwww


全体的な盛り上がり的には
そんなに大きいアニメでは無いですし
もっと派手なアニメはいくらでもありますが
静かなるストーリーというか
全然そんなことはないんですが
ペルソナ独自の雰囲気を醸し出していて
それはまぁキャラデザとかBGMとかもそうですし
声の雰囲気とかそういうのによって作られていると思うのですが
中々心地よい雰囲気のアニメだと思います

テーマ : ペルソナ4
ジャンル : アニメ・コミック

ギルティクラウン 第4話感想

ギルティクラウン第4話の感想を
ネタバレ注意



最近のアニメは
人を信じて欲しいのか
或いは信じてほしくないのか
どっちかわからないものが多い気がする

このギルティクラウンも同様で
友人と思っていた
或いはお互いの利益の為に契約を取り交わしたヤヒロの裏切りにより
シュウはGHQに逮捕されてしまったわけで

個人的に自分は
人間なんて自分の利益の為に簡単に裏切り
そして他人なんて割と信用できないものだと思ってはいますが
まぁそれは寂しいことだと思うのも事実なわけです

一応ヤヒロが裏切ったのは「妹の治療の為に金が必要だから」というのが
表向きの形であり
実際にはそれだけじゃないかもしれないですが
まぁこの物語に置いてはその一点なわけです

妹>>>>>>>シュウ の構図なわけで
まぁ肉親を棄てるような事をしてまで
友情なんて芽生えるはずはないのです


・・・とか言いつつも
ギルティクラウンに限らず
どの物語にも例外があるわけで
それこそが男女の関係なわけですよね

いのりは捕えられたシュウを助けたいという想いその一点のみで
リーダーのガイの命令に背いた
今まで絶対だった命令を無視した

シュウはいのりのことなら信じられると言った
そしてだからこそガイや葬儀社についていくと言った


まぁガイに関しては完全には信じていないようですよね
GHQから貰ったガイを罠にはめるための道具を
持ち歩くことに決めたわけですし

多分今後の物語上で
このGHQを呼び出すのか
まぁどんなことが起こるのかは不明ですが
シュウはきっとガイを信じることが出来ずに
これを使うんでしょうね

シュウが使わないとしても
何らかの形で使われてくるのでしょうが


「○○に裏切られても 俺は○○を信じ続けるぜ!!」的な
まぁそこまでお綺麗な主人公ではシュウはないと思いますが
誰かに裏切られたとしても
その誰かとは別の誰かを信じ
決して誰かを信じることを止めようとはしない主人公が
最近はとても多いと思う

誰かを信じ続けることが出来る人間は強い というのが
大体のパターンではありますが
それと同時に
その物語上では誰かが主人公を裏切り続けているわけで

はじめに
人を信じて欲しいのか欲しくないのかわからない と言いましたが
まぁわかってますよね
欲しいんです アニメのテーマ的には

ただ裏切る人間
それは主人公から見て敵なわけで
イコール物語における敵なわけですが
大体そういう人は別の部分で裏切れない何かを持っている

今回のギルティクラウンのヤヒロにおける妹がそうであったように

となると
結局信じるということは裏切ることなんじゃないかとか
よくわからんことを考えだし・・・以下無限ループ


そこまでのことではないかもしれませんが
シュウが葬儀社に行くということは
GHQに捕まったことを心配してくれた
学校の友達を裏切る行為とも
取れないことも無いですしね


おっと
前置きが長くなってしまった

どうもこの前置きが好かない人がいるらしい
以前コメント欄にその旨を懇切丁寧に述べてくださった方がいらっしゃったのだが
まぁもともと他人のブログなんて見てもつまらないものである場合が多いし
そもそもブログ自体自己満の塊だ

他人のブログを見て嫌なら見なければいいし
別に見てほしいとも思わない

見てほしいとも思わないなら
なんでブログやってんだ とか突っ込まれそうですが
「べ・・・別に見てほしくなんかないんだから!! そ・・・そりゃちょっとくらい見てくれたりしたらモゴモゴ」的な何かであるというのは
察するべきというやつだw

まぁわざわざこのブログを好かない連中は
コメント残してまで存在をアピールしなくてもいいですよ と

と言っても
このブログの「内容」に関する反対意見なんかは欲しいよなぁ とか
違う考えの人の意見はそれはそれで楽しいからね

ただ「前置きが長い」という文章になんざ価値はない
読んでくれたことに感謝はするが
内容に関する意見で無ければ
聞く耳は持たない

そもそも前置き無かったら一層価値がないだろうこのブログはw
アニメの評価だけだったら
もっといいサイトが沢山あるし
そもそも世間の評価が個人の書くブログと一致するわけがない

というわけで
これからも前置きは長々といくぜw
むしろ前置きメインの体でいくぜwwww


というわけで前置きが盛大に長くなりましたが
本文に書くべきことは特にないw

ギルティクラウンは個人的にはとても面白いアニメだし
キャラデザは今期最高峰だと思うし
ガイさんがカッコいい
いのりさんが可愛い
シュウがやっぱりカッコいい みたいな
そんな感じではあったりするわけだがw


この第4話に置いて
遂に動くことを決めたシュウといのり
そして未だ謎の多い葬儀社とGHQ

謎が多いということは
それは今後の楽しみに直結するわけで
やっぱり今期のこのアニメはとても面白いと思うし
これからも期待できる

そんなわけで第5話にも期待

テーマ : ギルティクラウン
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

孟起

Author:孟起
ポケモンとは初代からの付き合いです
Wiiを購入したので「@もうき」「@feng」でランダムバトル潜っています
Webラジオには「ぴろりん」で投稿しています
交流してくださる方がいましたらどうぞよろしくお願いします
何かわからないことがあればカテゴリの「はじめに・ブログの説明」をどうぞ

【Skype】
ID:moukisky

【ニコニコミュニティ】世界を護るために
co349825

【友達コード】
ポケモン バトレボ:3567-3422-5203
ポケモン ハートゴールド:3223-4836-9249
ポケモン プラチナ:5112-9054-1063

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
Twitter
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。