スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侵略!?イカ娘 第12話(最終回)感想

侵略!イカ娘第2期最終回の感想を
ネタバレ注意



2期目になり
制作スタッフさんも変わったりと
1期目とは違う状況になり
第1話を見た時には「あれ? これ大丈夫かな・・・」と
若干心配になりましたが
終わってみればすごくいいアニメでした

自分が見ているアニメのジャンルが偏っている
というのもあるかもしれませんが
最近はお色気系統での何かしらが入っていたり
まぁ具体的には水着回なんかはそういうものなわけですが
そういうのが全く無しに
ここまで人々をひきつけるイカちゃんは本当にすごいと思う

いや まぁイカ娘の水着回とかないことはなくても
なんか「イカ娘prpr」とか
そういうのとはちょっと違うよなぁ・・・と
まぁそういうことw

最終的に行きつく先は
「イカ娘可愛い」なので
あまり変わらないといえば変わらないのかもしれないが・・・w


今期特に印象的だったキャラクターは
個人的には早苗でしょうかね・・・w

同期にはがないというアニメが放送している影響で
早苗とはがないの肉が完全に一致するという事故が発生w
声だけでなく表情や行動のヤバさまでもが完全に一致しており
なんというか伊藤かな恵さんはオワコンキャラクターでもう決定なのではないのだろうかw


最終回は1期目同様に
オチ控えめの感動仕様で
最終回に相応しい内容になっていましたよねw

タコの人が出てきたりして
「ああ・・・ もうイカ娘も終わるんだなぁ~・・・」と
少々寂しい気分になってみたり

しかしうむ・・・
いい最終回だったなぁ~


今期ギャグアニメの中でも
WORKING'!!と並び
最高峰の面白さだったのではないだろうか?

まぁギャグアニメと言っても
少々方向性は違うような気がしますけどねw
スポンサーサイト

テーマ : 侵略!イカ娘
ジャンル : アニメ・コミック

境界線上のホライゾン 第13話(最終回)感想

境界線上のホライゾン第13話の感想を
ネタバレ注意



1話を見た時にも感想を書いた気がしますが
「トーリの目つき口元が気持ち悪い大嫌い」とか
そんなことを書いた気がしますw

今は
「トーリマジカッケェええええええ!!!!!!最高だ!!!!!!!!」
こんな感じでしょうか?w

人はみかけによらない とか言いますが
まぁやっぱりアニメも最後まで見てみないことには
わからないことばかりですよねぇw

1話目だけみて「はい キャラクター嫌いだから没」とか
そんなこと言ってたら
本当に見るべきだったアニメを見逃してることにも気付けないという
それはもう残念なことになりかねないですからねw

自分の中では
最後まで見なければその面白さがわからないアニメ
としての
良い例だったと思います
本当に見て良かった


と いいつつも
その面白さを完全に分かっているのか? と問われると
正直このアニメほど設定が複雑で
正直言って何も理解できていないんじゃないかと思わされるアニメも
無かった気がするw

キャラ名も
現実世界での有名人物と名前が違うキャラクターは
トーリ、ホライゾン、二代ぐらいしか覚えてないし(笑)
正直言って
「おいおまえそんなんで面白さ語ってるんじゃねーよwww」
くらいのノリであるw

そんな感じなので
正直このアニメの面白さを語るほど
多分墓穴を掘っていく結果になると思うので
特にそういったことは書かない方向で行きたいと思うのだが
今期の中で自分の中では
一番興奮したアニメだったと思う


残念なことがあるとすれば
やはり設定の難しさかな?
ただそれが良さであるのは間違いないので
残念 という言い方は変かもしれない

バイトを始めてからあまりアニメを見る時間が取れないので
いつになるかはわかりませんが
原作にしろアニメを見直すにしろ
時間を取って設定を見直していきたいと思う

あとは
物語が始まりを迎えたところで
アニメ終了といった印象であることかな?w

こっちに関しては
7月から2期が始まるみたいですし
とても期待が膨らみますねw

戦闘シーンは綺麗でしたし
キャラクターの台詞、行動のカッコよさもすごく良かったですし
このアニメの2期目が見られるというのは
本当に嬉しい

まだ始まるまでに時間もありますし
理解を深めて
より一層楽しめるようになれるといいなぁ

テーマ : 境界線上のホライゾン
ジャンル : アニメ・コミック

ベン・トー 第12話(最終回)感想

ベン・トー最終回の感想を
ネタバレ注意



かなりぶっちゃけた感じになりますが
正直言ってこのアニメのキャラクターは
自分が嫌いなタイプが多い

公式サイトに乗っている主要キャラクターの中から嫌いなキャラクターを上げると
シャガ、白粉、白梅、オルトロスの二人は大嫌いだw

そんな中先輩と主人公の変態は好きですけどね・・・

まぁとにかく本当に嫌いなタイプのキャラクターが多い

にも関わらず楽しむことが出来たのは
このバカバカしい設定によって形作られたストーリーが
なにより面白いからだと思うw


ストーリーに関しては
まぁ半額弁当をめぐって殴り合ってるだけなのですが
なんでですかね・・・
面白いんだよなぁ・・・w

まぁ争いの原因となっているのが半額弁当という
わけのわからないものであるとはいえ
それに向かって真剣になって成長を続ける主人公や先輩っていうのは
やっぱりカッコいいんですよね

本当にただのバトル物だったとしたら
多分埋もれてしまうような内容でしかないと思うんですが
そこに半額弁当が加わることによって
一気に面白さが増してる気がしますw

とかまぁ偉そうなこと言ってますが
面白かったんだからいいじゃないかw

テーマ : ベン・トー
ジャンル : アニメ・コミック

Fate/Zero 第13話(最終回)感想

Fate/Zero最終回の感想を
ネタバレ注意



面白かった
すごく面白いアニメだった
けど・・・

ここで終わりはないだろおおおおお!!!www


映像もすごく綺麗だし
どのキャラクターも魅力的だし
そのキャラクター達の発する言葉がどれも
自分の中二魂を揺さぶるものだったので
それはもうとても素晴らしかった

まぁなんていうのかな・・・
屁理屈っぽい言葉を
いろんな言葉を重ねて理屈付けて・・・みたいな?
そういう台詞がすごくいいw

屁理屈って言い方は悪いな・・・
でもあんまりうまい言葉が思いつかないんだよなぁ~


戦闘シーンもカッコいいけど
このFate/Zeroというアニメは
それぞれのサーヴァントによる舌戦が面白いですよね

うぅむ・・・タマランw


残念なことがあるとすれば
盛り上げるだけ盛り上げておいて
その盛り上がりのピークに到達する前にアニメが終了する ということ

キャスターとの戦いが始まったところで
アニメ終了とか
どんなお預けプレイですかw

あとはやっぱりセイバーを含めて
戦闘シーンの量が少ないので
もっと沢山そういうシーンとかあってもいいかなぁ~ とかw

まぁ4月から2期目が始まるみたいですし
その時を楽しみにしておきましょうw


それにしても征服王カッコいいなぁ~w

テーマ : Fate/Zero
ジャンル : アニメ・コミック

ましろ色シンフォニー 第12話(最終回)感想

アニメ「ましろ色シンフォニー」第12話最終回の感想を
ネタバレ注意



今期面白いアニメが非常に多いと個人的には思うのですが(まぁ毎期言ってますけどもw)
自分個人の感想としては
最も感動出来たアニメは
この「ましろ色シンフォニー」だと思う

ただまぁかなり自分で補正をかけている部分もあるので
かなり贔屓気味に見ている ということは
ご容赦願いたい


最終回では
原作の愛理ルートにおける学園統合署名や
桜乃ルートにおける桜乃の結女制服
そして自分はプレイしたこと無いですが
コンシューマ版におけるヒロインの結月の登場と
盛り沢山の内容でしたね

とはいえこの追加要素は
あくまで追加であり
あまり触れられてはいなかったのですがw

やはりメインとなったのは
ぱんにゃを自然に帰すこと
ですよね


ぶっちゃけて言おうw
自分は原作のこのルートを10回以上プレイしたw
他のルートは桜乃は2回プレイしたのを除くと
1回しかプレイしていないにもかかわらず だ
それほどまでに大好きなルートなわけですw

そしてその最大の感動は
やっぱりぱんにゃを自然へ帰すところと
そしてその後にあるわけで

まぁそうですね・・・
個人的には原作の方が
やっぱりアニメと違って尺の制限が無いこともあり
エンディングとしてはお気に入りですかね・・・

ただアニメ版もかなり良いエンディングで
ぱんにゃを帰すことになるみう先輩の心情や
そして帰される側のぱんにゃの心情も
とてもよく表現されていたと思う

ぱんにゃに関しては
表情のあるアニメになると
特にわかりやすいですし
いい表情してましたよね・・・


原作では
ぱんにゃ視点でのエンディングがあるわけですが
それが無かったのが少し残念・・・かな?

とはいえ最後にぱんにゃと再会したであろうことを彷彿されるシーンがありましたし
そこは脳内補完・・・
その後のぱんにゃとみう先輩のことを考えると・・・
くっ・・・
目からハイドロポンプが・・・;;


先の展開がわかった状態でのアニメ視聴だったこともあり
12話は割と冒頭の方から涙腺崩壊状態でしたね・・・
ホントこのルートをアニメにして大正解だよ・・・


そんな感じで
大満足の最終回となったのでしたw


全体の感想としては
これもやっぱり大満足ではあるのですが
ギャルゲー原作の作品の大半の問題として
攻略ヒロイン以外との関係が希薄になる というのが大きくて
みう先輩ルートに関しては
みう先輩と紗凪以外のヒロインとの関係が
あまり表現されていなかったのがちょっと残念ですね

でもうん
本当によかったです


エンドカードは原作の和泉つばすさんによる
みう先輩とぱんにゃ・・・

締めくくりとしてはもう最高でした!!!!

テーマ : ましろ色シンフォニー
ジャンル : アニメ・コミック

僕は友達が少ない 第12話(最終回)感想

はがない最終回の感想を
ネタバレ注意



ぶっちゃけて言おう
超面白かったwww

某アニメの影響で
いい意味でも悪い意味でも
監督の影響って大きいんだなぁ~ と感じ
そしてはがないのアニメを斎藤監督が担当すると知った時
「あれ? これいけるんじゃね?」と思いましたが
うん すごくよかったw


最終回のOPの仕様なんかは
まさに斎藤監督ですよね

・・・と言っても
自分はそらおとしか担当したアニメを知らないのですが
OPの映像に効果音をつけるのは
まさにそらおとと同様であり
なんかそういう共通点を見つけては
興奮しましたw

ジャングルジムの配置なんかも
そらおとと同じでしたよねw
夜空のいるところに
守形先輩がいた みたいなw


ストーリーは原作通りで
最終回は若干オリジナルが入ってるかな?
でも基本的に原作通りに進みましたよね

原作通りに進んだということは
当然一度読んだことのある知っているストーリーなのですが
それでも面白かったw
アニメにして本当に正解だったなぁ~ と

やっぱり表情に変化が出るのがいいですよねw
肉のアヘっぽい顔なんかは
それはもうアニメだからこそなわけでw

物語内に登場するゲームなんかが
実際映像となってぬるぬる動いていたりするのも
また面白いですよねw

アニメ本編と連動したCMも非常に面白いw
ただ・・・CMとしての役割は果たしていない気がするが・・・www


自分はTwitterで
「肉wwwwwwwwwwwwwwwwww」
的なことばかり発言していたと思いますが
一番好きなのは夜空です
という話もしたと思いますが
最終回の夜空は
たまらなくかわいかったですね・・・w

どちらかというと
ロングの夜空のほうが好きだったのですが
アニメになって改めてこのシーンを見て
そしてもじもじする夜空を見て
「あぁ・・・ この夜空・・・可愛い! タマラン!!!」と
まぁそんな感じで
くっ・・・
改めて夜空可愛すぎることに気付いてしまったぜ!!


2期があるのかどうかはわかりませんが
非常に面白かったので
次に期待したいですよね!!

まぁアニメとしてはとてもいい部分で完結した気もしますし
ここで終わったからこそ良かったのかもしれませんし
まぁ実際のところは2期が始まったりしてみないことには
何とも言えないのですがw


今期のラブコメ系のアニメの中では
一番面白かったと思います
すごく良かったですw

テーマ : 僕は友達が少ない
ジャンル : アニメ・コミック

マケン姫っ! 第12話(最終回)感想

マケン姫っ!最終回の感想を
ネタバレ注意



おっぱいがスイカ級の女の子か
或いはまな板級の女の子しかいない
両極端なアニメだったと思いますw

過剰に見えるパンツや
過剰に揺れるおっぱい
そう 完全に今期のおっぱいアニメの座をほしいままにしたと言っても過言ではない!!
多分w

個人的には
あまりおっぱいの形がとんがっているのは
好きではないのと
あとやはり巨大すぎるのもなぁ・・・ というのがあるので
そういう意味では少々残念ではあったのですが
それでもそれなりに楽しめたような気がします


残念なのは
ストーリーが盛り上がっていくようなところで
終わってしまったことですよねw

ラスボス的な存在とは
戦わずして終了かぁ~ と
ちょっと残念

ストーリーの面白さは
それなりとしか言えないくらいですが
パンツ見せまくりで戦う女の子達は
やはりいいものですw

テーマ : マケン姫っ!
ジャンル : アニメ・コミック

UN-GO 第11話(最終回)感想

UN-GO最終回の感想を
ネタバレというネタバレはしませんが
一応本編に関しては触れていくので注意



割とぶっちゃけてしまいますが
今期視聴したアニメの中では
一番面白くなかった・・・かな・・・

いまいちストーリーがどこを重点的にして進んでいるのか
それがよくわからなかった


公式サイトを見る限り
「本格探偵ストーリー」というのが書いてあるので
一応探偵物 なのだろうか

ただ探偵物としては割と破たんしている部分があるので
それは難しい

探偵物というのは
即ち謎を解き明かすことに重きを置いているわけで
つまりトリックという人が作り上げた謎が存在し
そして探偵がそれを紐解いていくというものですが
この物語は「因果」という登場人物によって
それが完全に破たんしている
「別天王」なんてもってのほか

何故ならこの二人には人間にはなし得ることのできないファンタジー要素を
現実にしてしまう力があり
それが存在するということは
なんでもありの世界になってしまう
つまりトリックなんて成り立たない世界ということ


ヒロインが可愛い~とか
そういうタイプのアニメでもないですよね

あまあまな関係を築いていくような
そんな展開はこれっぽっちもないですし
パンツが見えるシーンとか一個もなかったような


結果何を楽しめばいいアニメなのかわからず
宙ぶらりんになってしまったかなぁ~ と
そう感じました

でも最終話の因果と別天王とのバトルシーンは
中々にいい感じだったと思いますw

テーマ : UN-GO
ジャンル : アニメ・コミック

真剣で私に恋しなさい!! 第12話(最終回)感想

まじこい最終回の感想を
ネタバレ注意



そういえば自分のブログのコメント欄に
「このブログの前置き長い うざい」的なコメントが
過去にあった気がするなぁ~w
とか思いだしつつ
こうしていらない前置きを書き連ねながら
まぁとりあえず感想を書いていこうかとw


面白かった
わかりやすく感想を言えばそんな感じですねw

どの程度面白かったかと言うと
2月発売予定のまじこい(原作)のファンディスクを予約する程度にはw
まぁ金銭的な問題から
まだ本編を購入できていないのですが
FDの購入を決定したということは
当然それをプレイする前に本編をプレイしなければ話にならないので
つまり絶対買いますw

アニメを見て「ゲームがやりたくなる」程度には
面白かった ということですw


まぁ~
アニメとしての面白さを問われれば
そりゃまぁ面白いのではあるけれども
超面白い!! まではいかないかなぁ~ とは思いますけどねw

ただ個人的には
シリアスっぽい展開を醸し出しつつも
ふざけた展開であったり
笑いの要素が絶えない話の進み方が
かなり好みだったんですよねw

その中でもやっぱり松風はたまらなく好きですね~
どんなにいいことを言っていても
松風が言うとなんかちょっと口元が緩むというかw

ただ物語を進めるだけならば必要のない部分である
笑いだったり仲間とのアツい展開だったり
そういった部分が
とても好きになれるアニメだったと思います

そしてこのアニメが誕生する元となったゲームなら
やるしかないな! と
そう思わされました

アツさとシリアスとコメディが程良く混ざり合い
とてもよいアニメに仕上がっていたと思います

テーマ : 真剣で私に恋しなさい!!
ジャンル : アニメ・コミック

シーキューブ 第12話(最終回)感想

随分とブログ更新がおざなりになってしまっていましたが
最終回が続々と押し寄せてくるこの季節は
サボっているわけにもいきませんねw

というわけでシーキューブ第12話(最終回)の感想を
それとシーキューブというアニメを見てきた全体的な感想を

ネタバレ注意



とりあえずまず言いたいのは
あれ?
アビス出てきたけど・・・
完全に綺礼じゃね?wwww

自分は土曜日深夜に
Fate/Zero(TOKYO MX)→C3(tvk)
の順に見ているわけですが
いや 完全に一致しましたねwwwww

ラストの声優さんの名前を確認し忘れてしまったのですが
多分中田譲治さんだと・・・思う(自信はない)
まぁとにかく完全に一致していたんだ!!

ちょっと面白かったw
そんな話ww


さて
そんなことはどうでもいいとして
最終話の感想・・・というよりも
C3というアニメ全体としての感想を

すべての話を見てみた結果
ちょっと残念かな・・・というのが
正直な感想です

個人的に特に気になった部分は

①キャラクター正面の顔どアップ絵が多すぎる
②工夫した演出をしてはいるがその演出が正直いらない

この二点が特に大きいですかね・・・
あくまで個人の感想なので
聞き流す程度にしていただけるとありがたいですがw


まず①について

とにかくアニメなのに静止画とほぼ変わらない絵が多い
正面からのキャラクターのどアップ絵で
動いているのが口元だけだったり
瞬きだけだったりと
もう本当にそれが多い

アニメなのに
動きが本当に少ない

戦闘シーンなんかは
結構いい感じに思えただけに非常に残念・・・
といってもその戦闘シーンも
最終話はかなりおざなりになっていた気が・・・orz
背景とかもそうですし
キャラ絵も・・・


②について

最終話で言えば
アリスが分身するシーンでの
時計とかよくわからん物が出てくる演出

個人的に一番気に入らなかったのは
第8話のサヴェレンティと白穂のラストのシーン
ベルサイユの薔薇(読んだこと無いがw)っぽい絵のタッチで
謎の演出
あれはものすごく嫌だった
なぜ・・・あんなことに・・・
感動のエンディングに向かうと言うところで
思いっきり白けましたぶっちゃけ


最終話で更に気になったのは
作画が設定に準拠していないこと

春亮は手錠を抜ける際に大けがをして
その手は「全体が血でまみれていた」はずなのに
その後フィアの手を取った際には
「全く血がついていなかった」りと
もうなんというか・・・
ほんのちょっと前の設定くらいちゃんと見てくれよ・・・ と
そう思わざるを得ない・・・


一度白けた目で見るようになってしまってから
まぁちょっとそういう目で見つつあったとは思うのですが
それでもこれは明らかなミスですよね

個人的に好きな物語であり
好きな作品(ライトノベル)であるだけに
本当に残念でならないです


どのキャラクターも持つ
正寄りの一面と負寄りの一面の落差
個人的にこの一点に関しては
いい演出をしていたとは思うんですけどね・・・
うぅむ・・・


まぁ・・・
C3に関してはそんなもの・・・かな?

アビスが出てきたり(しかも声付き)と
2期に関する布石もあったので
もしかしたら2期はあるのかも・・・?

あるのだとしたら
次は残念だったととても言えないような
素晴らしいアニメになるといいなぁ と

そう思います

テーマ : C3-シーキューブ-
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

孟起

Author:孟起
ポケモンとは初代からの付き合いです
Wiiを購入したので「@もうき」「@feng」でランダムバトル潜っています
Webラジオには「ぴろりん」で投稿しています
交流してくださる方がいましたらどうぞよろしくお願いします
何かわからないことがあればカテゴリの「はじめに・ブログの説明」をどうぞ

【Skype】
ID:moukisky

【ニコニコミュニティ】世界を護るために
co349825

【友達コード】
ポケモン バトレボ:3567-3422-5203
ポケモン ハートゴールド:3223-4836-9249
ポケモン プラチナ:5112-9054-1063

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
Twitter
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。