スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長々とラノベの魅力について語ってみる件

少し前までの自分は
本なんて読まなかった

というのも
一度読み始めると先が気になって最後まで一気に読んでしまうのですが
その読み始めるまでのところで行き詰ってしまうことが多かったわけです
活字を避けていたというのもあると思います
どうもあの小さい字が所狭しと並んでいる本というのが苦手です

まぁそれは言い変えると
その活字を避ける自分の気持ち以上に
読み終わった後興奮するだけの内容を持った本に
今まで出会ってこなかった ということなんですが


そもそも自分がラノベを読み始めたきっかけは絵だったわけです
今までエロゲを買うかどうか悩んだ挙句
最終的にそれを決めるのも絵

好きな絵師
特に
和泉つばすさん
涼香さん
有河サトルさん
は自分の中でも別格である気がします
まぁ見てわかるとおりfengのエロゲの影響が大きいのですがww


その結果涼香さんに釣られて
『101番目の百物語』というラノベを読み始めたというわけです
読んでみてわかったのですが
このラノベは『あかね色に染まる坂』というゲームと
非常に文体が似ており
また 登場人物も非常に似ているところがあるということ

あか坂(PC版)のキャラクターたちの声が
読んでいるだけで勝手に脳内で再生され
この独特の文体や表現も自分に合っていたし
なによりもとても面白い!!

気になってネットで調べてみたら
サイトウケンジさん という作家さんで
その人は今まで自分の中で最高のゲームである
『青空の見える丘』、『あかね色に染まる坂』の
シナリオライターさんだったわけです


それ以来作家さんにも目を向けるようになった自分は
サイトウさんがこれから出すゲームはなにかあるのか? ということを気にするように

ラノベとは若干話が逸れますが
エロゲは絵も重要だがそのシナリオも非常に重要で
その事実は何本もプレイしたことがあるから分かっているわけです

しかし何故か自分はそのシナリオの裏にいるライターさんの存在を気にしてこなかった
むしろそのシナリオを作っているブランドに結びつけ
その先に居る絵師さんとも結びつけることが非常に多い
ブランドには多少なりとも結びつけられたとしても
絵師さんはある意味全く関係ないにもかかわらずです(全く関係ないというわけではないが・・・w)


だがしかしこの1件から自分の世界は大きく変わりました
勿論大好きな絵師さんは大好きであることに変わりはないですが
それだけでなく大好きなシナリオライターさんが出来た というわけです
サイトウさんは自分の中で一番好きなシナリオライターさんとなりましたww

そのうち『101番目の百物語』についての記事も書こうと思いますが
まだ2巻しか出ていないのもあるので
3巻目が出たくらいには書こうかなぁ と
あか坂が好きな人には非常にオススメの作品ですね
自分をラノベの世界に引きずり込んだ作品ですので
ものすっごいオススメですw


よし 話が逸れたw
まぁそもそもラノベにしろ小説にしろエロゲにしろマンガにしろ
その手の創作系の物に自分が何故引き込まれてしまうかというと
どの話も現実にはあり得ないような事柄であるにもかかわらず
しかしそれを絶対にない と否定することが出来ない
そしてその先に待つのは自分の脳みその中での想像やら妄想に行きつくわけでw

なんかどこかに名言があったような気がするんですが
「人間の想像出来ることは達成できる」的な名言
あるならあるでないならないでどちらでもいいんですが
人間の想像したことを否定することって絶対できないと思うんですよね

例えば101番目の帯に書いてある「神隠し(本の内容に関係なくざっくりとした感じの)」についてですが
少なくとも自分はそんなものあり得ないと思っていますが
かと言ってそのあり得ないことを証明する術なんて誰もどこにも持たないわけです

例えば魔法とかそういうものでも
あり得ないと思いつつも実際にそれを否定することは出来ないわけです
そしてその先には「もしかしたら誰か隠れてそういう能力を持っている人がいるかもしれない」とか
そういう想像に結びついたりするわけで

「ないないww 絶対ないwww」と思いつつも
そのすべての可能性を否定しきれない要素が創作の中にあるからこそ
非常に面白いと思うんですよね


で それだけではマンガやエロゲは置いておいて
小説とラノベの差がどこにもないわけですが
少なくとも今まで見てきたごく少数の小説とラノベを比べて
何が一番違うかというと
小説は第三者の視点でラノベは主人公視点であることだと思うんですよね

別に文章の書き方とかそういうのではなくて
主人公に自分を投影して読めるのがラノベだと思うのですよ

まぁ内容的にもラノベと言われるものはエロ寄りの物が多いですし
文体も軽めの物が多いので
そういうのも当然含まれることはあるわけですが

エロゲとラノベってそういうところが非常に近い気がするんですよね
確実に自分じゃない主人公がその物語の中にあり
その主人公は自分とは全く違う性格であり
当然自分とは全く違う人生を送っている
にもかかわらずその主人公に自分を投影し
まさに今自分がその物語の主人公になったような気分で読み進める

どういう要素が自分をそうさせているのかなんて全くわからない
現実逃避と言われればそうなのかもしれませんが
少なくともその物語に浸っている間は
確かにその現実とは隔絶された世界に自分が入り込んでいて
確かにその物語のなかに自分がいるわけですよ

一度この世界を体感してしまった自分は
最早もう抜けられませんね
この世界に何度でも旅に出かけます
ラノベの世界にある現実もとても面白いですねw


というわけでだらだらと書き連ねましたが
何故書いたかって言われてもそんなことわかりませんw
多分今度からラノベの感想も書いていこう と思った前置きだと思いますw

とりあえず101番目はオススメですw
そのうち感想書きますw
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

孟起

Author:孟起
ポケモンとは初代からの付き合いです
Wiiを購入したので「@もうき」「@feng」でランダムバトル潜っています
Webラジオには「ぴろりん」で投稿しています
交流してくださる方がいましたらどうぞよろしくお願いします
何かわからないことがあればカテゴリの「はじめに・ブログの説明」をどうぞ

【Skype】
ID:moukisky

【ニコニコミュニティ】世界を護るために
co349825

【友達コード】
ポケモン バトレボ:3567-3422-5203
ポケモン ハートゴールド:3223-4836-9249
ポケモン プラチナ:5112-9054-1063

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。