スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steins;Gate 第2話感想

シュタインズゲート第2話の感想を
ネタバレは多分出来るほど理解していない



今期見ているアニメは
かなり多いと思いますが
その中でも一番続きが気になって仕方ないのが
このSteins;Gateというアニメな気がします

勿論まだ1話が放送されていないアニメもあるので
何とも言えないのですが


世界線という言葉があるんですね
もっともこのSteins;Gateという作品において作られた
造語だとは思いますが

未来から来た人物が
その人にとっての過去を変えた時
世界線が分断すると

まぁ中々口で説明しても
いくらでも矛盾なんて見つかるような話ではありますが
こういう想像するのは楽しいですよね

1年前、1か月前、1週間前、1日前、1時間前、1分前、1秒前、・・・・・・
どこまでも小さく区切ることのできる過去において
わずかでも違った行動をしていたとしたら?
今の自分は恐らくいない
今のあなたも恐らくいない

過去にあったことは変えられないから
矛盾なくこうして現在と未来を生きていけるわけで

未来からの干渉
明らかにアブノーマルなその事象があった時
この世界はどうなってしまうんでしょうかね?

或いはもしかしたら
我々の生きるこの現在は
すでに未来からの干渉を受けているのかもしれない
それすら我々には知ることなど出来はしない


ストーリーのほうは謎だらけですね
1話のメールに関しては
過去にメールが送られていた というのが事実なのでしょうが
それがゲルバナナにどう繋がってくるのか
正直わけがわからないよw

登場人物もずいぶん増えてきましたし
それがどう関わってくるのかというものも見物

特に一番注目なのは
タイムマシンというものを理論で否定した紅莉栖が
やっぱり気になりますよね

それとやはり
今タイムマシンの存在を理解(正しくは違うかもしれないが)できているのは
岡部だけであり
その衝撃の事実を他人に伝えても
信じてもらえない

どう信じさせるのか?
或いは信じさせたりはしないのか?
そういうことも気になる


原作をやっていないので
このSteins;Gateという世界に触れるのは
プレイした人に比べると遥かに遅くなってはしまいましたが
今さらながらこの世界に触れることが出来て
非常によかったと思います

これは面白い
スポンサーサイト

テーマ : Steins;Gate
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

世界線という単語は本来は物理用語であり、4次元空間の粒子経路をあらわしています。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E7%B7%9A

現実世界のアメリカの掲示板に現れたジョン・タイターも世界線をパラレルワールド的解釈で用いていました。
そんなジョン・タイターの出現に関して岡部と周囲では認識に齟齬がある…一体。

No title

コメントありがとうございます

実在する人だったのですね・・・
それは知らなかった・・・:;

理論的に証明しても
それはあくまで机上の理論であり
実際にそれを証明することは出来ないので
なかなか難しいですよね
だがしかし面白いですw
プロフィール

孟起

Author:孟起
ポケモンとは初代からの付き合いです
Wiiを購入したので「@もうき」「@feng」でランダムバトル潜っています
Webラジオには「ぴろりん」で投稿しています
交流してくださる方がいましたらどうぞよろしくお願いします
何かわからないことがあればカテゴリの「はじめに・ブログの説明」をどうぞ

【Skype】
ID:moukisky

【ニコニコミュニティ】世界を護るために
co349825

【友達コード】
ポケモン バトレボ:3567-3422-5203
ポケモン ハートゴールド:3223-4836-9249
ポケモン プラチナ:5112-9054-1063

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。