スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そらのおとしもの 飛翔たけ、ヤング・フェスティバル 感想

2011年5月29日に
ディファ有明で行われた

そらのおとしもの ~時計じかけの哀女神(エンジェロイド)~
歌だ! 映画だ! 飛翔たけ、ヤング・フェスティバル

に行ってまいりました!!


とりあえずまず言っておきたいのは
これに行っていたので花咲くいろはは見ておりません
なので感想は今週はお休みということでw

さて
ではぐだぐだと感想を書く感じで行きますが
もしよろしければお付き合いいただければ と
セトリとかは覚えていないので書けませんけどもw
(イカロスツイッターでセットリストは公表されたので そこから引用する形で追記にてセットリストを)



まず本当にすごい雨でしたね
台風が直接来ているわけではありませんでしたが
梅雨前線を刺激した影響か
暴風雨という表現が正しすぎるほど

個人的にスタンディングのライブでは
荷物はすべてロッカーに預け(必要なものは除き)
手ぶらで突入するのですが
まぁ無理っすねw
傘必須でした

なので仕方なくカバンごと突入しましたね
ロッカー代300円は無駄になりましたorz


正直アニメや声優系のライブで
スタンディングで参加するのは初めてだったんですよね

ロックのライブなんかだと
荷物なんて持ち込むなんてぶっちゃけ論外なわけです
モッシュとか凄いですからね

ただ今回参加してみて思ったのは
こういう系のライブに関しては
スタンディングと言っても
案外スペースあるものなんだなぁ ということ
勉強になりました

ただまぁここまでの荒天でない限りは
荷物は基本的に預ける形で行きますけどねw


いくらライブが楽しみで楽しみで仕方なくても
流石にこの荒天だとテンションは下がり気味になるわけですよね

屋根のないところで入場も遅れる中待たされつつ
足元どころか全身びちょびちょですからね

正直言って
ライブ開始前に
万全のテンションで会場に乗り込んだ人は
ほぼ0に等しいんじゃないかなぁ という印象
出演者の方々には申し訳ないですけど・・・:;


が まぁぶっちゃけ突入前のテンションとか
ライブ始まる前のテンションとか
そんなもん始まってしまえばぶっ飛ぶわけですよw

勿論ライブの内容にもよってくるわけですが
ライブ前のことなんかぶっ飛ばして
あまりあるどころかシナプス飛び越すくらいぶっ飛ばした始まり方でしたよねw

blue dropsが登場!!
「Ring My Bell」からスタート
ひゃっほう!!
テンション上がるぜ!!!

・・・
・・・おやぁ?
保志さん登場しましたけど?
blue drops退場しましたけど?

俺のベルがなるううううううううううううううううううううううううううううううう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
はい
こういう始まり方でしたねw

小細工入れやがって・・・
でも最高過ぎるというかw

なんというか「俺のベルが鳴る」の部分は
会場全体が叫ぶ感じで
最早オープニングから喉をからすような状態でしたw

ライブ前のことなんかどっか行ってしまいましたし
会場の盛り上がりの凄いこと凄いこと
俺の盛り上がりの凄いこと凄いこと
正直そこから先の記憶はあいまいですわw


セットリストは覚えてはいませんが
基本は「そらのおとしものf (フォルテ) "今年も" エンディング・テーマ・コレクション」の方から
順序は多少前後しましたが
多分その中の曲はすべてやったんじゃないかな?

それに加えてそらTAI♪が数曲と
blue dropsが数曲
そんな感じでしたね

大体3曲ごとに休憩を兼ねつつトークが入る感じで
司会は英四郎役の鈴木達央さんでした

間に保志さんと早見さんの誕生日を祝う
パッピーバースデー(笑)の歌を大合唱したり

なんというかやっぱり
こういう分類わけって良くないのかもしれないですけど
声優さんのライブとかって
いわゆる音楽だけで売ってる人のライブよりも
圧倒的に観客に対してフレンドリーというか
そういうのもあってすごく近く感じられるというか
個人的にはそういうのがすごくいいなぁ と思いましたね


アンコール前のラストの曲は
「帰るから」

「ハートの確率」が好きすぎるという話は
Twitterなりブログなりで多分しましたが
正直「帰るから」も好きで好きでしょうがないんですよね

そらおと楽曲の中では2番目に好きですかね?

正直言って
アンコール前が「帰るから」なのは
勿体ないと思ったんです

だって正直この曲聴いたら目が潤むくらいですよ 俺w
アンコールの最後とかにこれやられて
またね~ノシ ってなったら
号泣間違いなしですからww

アンコール前に
ゲストとして名前が出ていた日笠さんは出てきていませんでしたし
そもそもライブでアンコールがあるのはお約束
そういう意味では
ちょっともったいない そう思ったんです

だってまだ帰らないんですから

勿論その歌声は素晴らしくて
ぶっちゃけラストじゃなくてもうるっときました
ええw
生で聴く「帰るから」が素晴らしくないわけないじゃないですかw
(ちなみに「ハートの確率」を生で聴いた時も涙腺がやばかったw)

ですけどね
やっぱセットリスト組む人って
そういう単純な自分みたいな人間のことは
よくわかってるんでしょうねw

結局最後やられちゃいましたよw


アンコール1曲目は
ライブ前に「この曲やってくれたらいいな~」と言っていたあの新曲

blue dropsで「SECOND」
これは・・・正直やばいw

ぶっちゃけますけど
多分「ハートの確率」を超えるほど
自分の心に刺さる曲はもう現れないんじゃないかなw とか
そう思ってます
一応それは大前提

ですけど多分これはそこまでは行かずとも
それに匹敵するくらいやばい・・・気がしますw

時計じかけの哀女神の主題歌ということもあって
PVを何度もリピートしている自分にとっては
サビ部分は結構おなじみなんですよね

ただそれ以外の部分は違う

ライブという環境もあって
音の流れは6割7割くらいしか聴き取れなかったと思う
歌詞も同様にそんなものだったと思う

正直中途半端だったんですよ
新曲を突然ライブという環境で聴いて
その1回でその曲のことなんてほとんどわからないに等しい

けどなんだ?
なんだこの高揚感は?
なんだこの素晴らしさは?

やばいです
これは間違いない
2011年最高の楽曲候補で間違いないですw

現時点ではカッコいい とか
すげえ!! とか
そんなもんしか感想なんて言えないんですけどねw

はやくCDを手にとって
歌詞カード眺めつつ聴きたいなぁ と

そしてその後またライブで聴きたいなぁ と

そんな感じですw


アンコール2曲目
ラストということで
「帰らざる日のために」を
キャストのみなさんが大合唱

これは迫力がすごかった
キャスト全員が奏でるハーモニーが
やばすぎる

・・・んですけど
やっぱりほら ね
個人的には真のED楽曲は「帰るから」だったわけですよ

やっぱりそっちのほうがよかったんじゃ・・・とか
そういう思いも駆けめぐったりもしちゃったわけです
ほんの一瞬ですけどね?

ライブを楽しんでるので
そんなこと考えるなんてほんのほんの一瞬だけなんですけど
やっぱり考えたりしたわけなんですよね

あぁ・・・でも・・・
やっぱりスタッフさんにはこんな浅い考えの人間のことなんて
お見通しなんですよねw


達央さんのトークから
これでは終われないだろ? という流れで・・・
「Ring My Bell」!!!!!

blue dropsのお二人を中心に
キャストのみなさん
そして観客の自分達

この流れは正直うるっときた
多分ブログで書いてる以上にうるっと来てるから
5回目くらいw

でもそんなのぶっとんじゃいましたよw
「ringin' ringin'」
「with your wings」
「I can hear my heart bell」
「Can you hear my heart bell?」
そんな歌詞をみんなで叫んでたら
もうそんな涙とかいらないじゃないっすかw

ラストの楽曲ですよ?
それでこのテンションなんですよ?
おかしいでしょwww
楽しくて仕方ないんですよ 本当にw

俺のベルverもものすごく聴きたかったですけど
こっちも同じくらい聴きたかったわけですよ
それをOPとEDに持ってくるか?
そりゃ最高だわ!
盛り上がらないわけないわ!!


そんな感じでテンション最高潮なまま
終演・・・ という感じでした
うーむ 最高だったw


なんというか
やっぱり「そらのおとしもの」は
自分の中でかなりの割合を占めてるな と思ったわけです

おまえの人生軽いよなwww とか言われそうですけど
なんというかホント
生涯出会う中で最高のアニメな気がします
「そらのおとしもの」は

それくらい自分の中に占める割合が多くて
そしてそのイベントにこうして参加できて
最初から最後まで最高に盛り上がって
ブログには書かなかったけどキャストのみなさんの素晴らしいお言葉とかもあって
他にもたくさん楽しいエピソードもあって

そういった時間、空間に自分が存在出来て
その一部であったということが
本当に素晴らしいことで
最高に最高なことなんだなぁ と思いつつ
よし ブログはここで終わりにしよう と思いつつ
ライブ後の余韻に浸ろうと思います

【セットリスト】

Ring My Bell(智樹ver.)

MC

ミラクルガイ
COSMOS
かけめぐる青春
ソルジャー・イン・ザ・スペース

MC

時代遅れの恋人たち
鬼遊戯狂詩曲
望郷の旅
ハートの確率(吉田仁美メインver.)

MC

ff(フォルテッシモ)
夏のお嬢さん
踊り子

MC

前略、道の上より(そらの少女TAI♪)
不思議Tokyoシンデレラ
目を閉じておいでよ(鈴木達央、高垣彩陽、藤田咲(そらの大人TAI♪))

MC

notモテ男冬景色
帰るから(早見沙織メインver.)

~アンコール~

MC

SECOND(blue drops 吉田仁美メインver.)

MC

帰らざる日のために(出演者全員)
Ring My Bell(吉田仁美メインver. 出演者全員)


(敬称略)



カッコ内で注意が気がしてあるものは

CD収録版が複数あるもの
収録されていないもの
限定収録されているもの
歌唱アーティストが違うもの

と言った感じです
スポンサーサイト

テーマ : そらのおとしもの
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

孟起

Author:孟起
ポケモンとは初代からの付き合いです
Wiiを購入したので「@もうき」「@feng」でランダムバトル潜っています
Webラジオには「ぴろりん」で投稿しています
交流してくださる方がいましたらどうぞよろしくお願いします
何かわからないことがあればカテゴリの「はじめに・ブログの説明」をどうぞ

【Skype】
ID:moukisky

【ニコニコミュニティ】世界を護るために
co349825

【友達コード】
ポケモン バトレボ:3567-3422-5203
ポケモン ハートゴールド:3223-4836-9249
ポケモン プラチナ:5112-9054-1063

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
Twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。