スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steins;Gate 第24話(最終回)感想

シュタインズゲート最終話の感想を
ネタバレ注意



ふぅ・・・
いい最終回でしたね・・・

現実にはあり得ない現象を重ねに重ね
そして最後は奇跡ともいえる現象が起きる

まぁ都合のいい設定と言ってしまえば
たったそれだけで終わってしまうわけなんですが
そんな一言で終わらせるにはあまりにもったいなさすぎる
素晴らしい出来のアニメだった気がします


色々な面からまどマギと比較されてきたこのアニメですが
決定的に違うのは
誰かの犠牲を基に世界が成り立っていたまどマギ に対し
誰も犠牲となることなく世界が成り立ったシュタインズゲート

その過程はどちらも置き換えることが出来るような現象が存在したし
実際物語が似ていたのも事実だと思う
でもまぁそのあたりに関してはどちらも非常に面白いアニメだったので置いておくとして
救いのあるシュタインズゲートのこのエンディングに
やはり笑みを浮かべずにはいられなかったのです
面白かった というのはありますが
すごく嬉しい


自分を犠牲にしてまで
過去の自分を騙し紅莉栖を救うことを決断した岡部

自分の血液で紅莉栖が刺されたように見せ
まぁあくまでアニメの世界の話ですし
そんなことわかりませんが
岡部が死ぬことだってありえたわけで

都合のいい話ですよ?
ナイフで刺されて更に自分で自分を傷つけて
それでも生きていた岡部
本当に都合のいい話ですよ
でもそこにあった救いが
やはり心をほっこりさせるというか

何度も何度もまゆりの死を見てきて
そして紅莉栖を一度は犠牲にして
みんなの想いも犠牲にして
それで最後救われなかったらそんなの可哀想じゃないですか

まぁホントたかがアニメの世界の話なんですよ
現実じゃないんです
でもホント嬉しかったです
本当によかった


紅莉栖が別の世界線の記憶・・・なのか記憶の断片なのか
そこは少しわかりませんが
彼女にもそういう記憶が残っていたことも
とても喜ばしいことですよね

もう岡部や紅莉栖がタイムマシンを作ることはないでしょうけど
作ることになった世界線で紡がれた絆がそこに残っていて
それはまぁ紅莉栖だけじゃなくて
そして多分萌郁やミスターブラウンの人生も救われたと思う
萌郁やミスターブラウンに別の世界線の記憶はなくても
なんだかんだでみんなこれから関わっていくことになるみたいですし
本当にいいことですよね


アニメの構成もすごくよかったですよね

意味のわからなかった第1話が
その後の展開に大きい意味を持っていましたし
特に23話と1話の繋がりというのは大きかったですよね

OPのHacking to the Gateの歌詞も
1番、2番共に
まゆりを救うための世界線と
紅莉栖を救うための世界線と
それぞれにリンクしていて
なんかそういう細かい設定とかにもこだわっていて
すごく良いと思った


最後に簡単にまとめると
非常に面白いアニメでした

劇場版も必ず見に行きますw
楽しみだなぁ~
スポンサーサイト

テーマ : Steins;Gate
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

孟起

Author:孟起
ポケモンとは初代からの付き合いです
Wiiを購入したので「@もうき」「@feng」でランダムバトル潜っています
Webラジオには「ぴろりん」で投稿しています
交流してくださる方がいましたらどうぞよろしくお願いします
何かわからないことがあればカテゴリの「はじめに・ブログの説明」をどうぞ

【Skype】
ID:moukisky

【ニコニコミュニティ】世界を護るために
co349825

【友達コード】
ポケモン バトレボ:3567-3422-5203
ポケモン ハートゴールド:3223-4836-9249
ポケモン プラチナ:5112-9054-1063

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。